あやなる
樋口塾発足からの1年間をふりかえる(前編)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

樋口塾発足からの1年間をふりかえる(前編)

あやなる

こんばんわ、真夜中のあやなるです。

まよなるによるオフィシャル感ゼロのプライベートトーク☆を始めてから、本日12/9から12/10にかけての真夜中で、丸1年となりました。めちゃくちゃ感慨深い~。
12/9に初めて樋口さんにワークショップをしてもらったその流れで、恥ずかしながらも初回の収録をしたのをよく覚えております。

今日はあやなるのヒトリアドカレ9日目の記事として、ポッドキャスターコミュニティ樋口塾でのこの1年間の活動を振り返っていきたいと思います。

樋口塾とは?については過去の記事を御覧下さい。

12/9 初めてのワークショップ

まだこのころ塾生は30名くらいだったかな。
コテンラジオリスナーコミュニティーの中から爆誕!日本一のポッドキャスター樋口さんの元で、iPhoneでも簡単に収録できる方法を学びました。
思えばあの頃から、樋口さんの影響を受けて、自分の思いを電波に乗せ始める人がどんどん増えていったんですよね。

詳しい初回のワークショップの内容は、樋口塾生の記事を御覧下さい。

1/13 樋口さんの神ワザに驚愕

1月には少しメンバーも増えてきて、早速ワークショップ2回目。
樋口さんが実際に編集しているところを見せてくださったのですが、そのスピード感やこだわりに圧倒され、全員が「日本一のポッドキャスターは、やっぱり我らが樋口塾長だ」と確信しました。

4/6 交流会で大盛り上がり

ある程度技術を覚えた塾生たちは、どんどん発信をしていきました。その過程で新番組や新企画が色々と立ち上がっていき、物凄く活発なポッドキャスターコミュニティになっていきました。ヒトリじゃない、みんなで一緒に学び活動する楽しみを、体感しているんだと思います。みんなどんどん積極的に発信、そして交流をするようになっていきました。

その頃、ワークショップなしの交流会を開催し、それぞれの番組紹介や自己紹介を経て、さらに仲が深まりました。(みんなお互いのポッドキャスト番組を聞いているので、自己紹介はしなくても、すでにお互いをよく知ってしまってる感じもあったくらいでした!)

5/20 外部からも塾生受入

コテンラジオリスナーコミュニティ内で小さく始めた樋口塾でしたが、気付けばこの盛り上がりが、外部へと届くようになりました。「私も入りたい」という声を多くいただくようになり、それに答えたく、コテンコミュニティから独立。少しずつ間口を広げ始めました。

あくまでも塾生の紹介ベースで、知り合いから少しずつ塾生を増やしていっていますが、現在なんと約100名が入塾。1人で複数番組をやっている方もいるので、総番組数は150近くに及びます。

5/27 コテンラジオに樋口塾登場!

活動がどんどんと盛り上がっていく中、樋口さんがコテンラジオ内でも樋口塾について、話して下さりました。
塾生はみんな、めちゃくちゃ嬉しかったですよね!

長くなってきたので、前編はここまで。
音声にもまとめたので、よかったら聴いてください。

6月以降の動きについては、次の記事にしようと思います。


よかったらマガジンもフォローしてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あやなる
某IT企業人事 / エンジニア向けに研修やイベントを企画運営 / エンジニアが成長しながら楽しく働けるサポートをしたい / #AgileTechEXPO オーガナイザー / #AgileJapan 実行委員 / 趣味は音楽 / 好きな場所は沖縄 / #コテンラジオ に偏愛中