AMS自動車整備補助金助成金振興社

★年間100件以上の資金調達を支援!   主に補助金の情報を提供いたします!! h…

AMS自動車整備補助金助成金振興社

★年間100件以上の資金調達を支援!   主に補助金の情報を提供いたします!! https://www.subsidyassociation.com/ 【注目ワード】 🚙#自動車整備#指定工場#認証工場 🚀#DX#AI 💰#ビジネスリーダー#補助金

マガジン

  • 補助金

    補助金に関する情報をまとめていきます! 主に経産省 (メイン制度:ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、事業再構築補助金、中小企業省力化投資補助事業、IT導入補助金、事業承継引継ぎ補助金

最近の記事

【2024年】券売機に使用できる補助金で券売機導入のチャンス到来!補助金活用でコスト削減と市場拡大を実現

コロナ禍による非接触需要の高まり、ICカード普及、人手不足、そして政府の後押し。 これらの外部環境が重なり、今まさに券売機導入の絶好の機会が訪れています。 この記事では、券売機導入に役立つ補助金制度と、最新市場分析に基づいた未来展望をご紹介します。 導入を迷っている方、さらなる収益拡大を目指すメーカー、販売店の方、ぜひこの機会をお見逃しなく! 2024年、券売機導入のチャンス到来!コロナ禍で高まる非接触ニーズ、ICカード普及による利便性向上、そして政府による補助金制度の

    • 【東京都限定】最大100万円!財務会計や人事労務、給与計算ソフトに活用できるデジタルツール導入促進支援事業

      令和5年度中小企業デジタルツール導入促進支援事業とは 都内の中小企業等に対し 、デジタルツールの新たな導入に係る経費の一部を助成することにより、事業活動のデジタル化の促進を図り、継続的 な成長・発展を支援することを目的としています。 財務会計や人事労務、給与計算などのソフトウェア導入に活用することができ、デジタル化に有効な制度です。これまでコスト面等で導入をためらっていた事業者も、ぜひ注目したい制度です。 デジタルツールはなぜ今、中小企業に必要なのか デジタルツールの導入

      • 【倉庫・物流・製造必見】検品・仕分システムの市場分析と補助金活用

        検品・仕分システムは、製造業や物流業界における品質管理と効率化の核心を成す技術です。このシステムは、製品や物品を自動的に検査し、品質基準に基づいて適切なカテゴリーに仕分けるために設計されています。 検品・仕分システム人手不足の解消やコストカットにも繋がり、働き方を根本から改善する可能性を秘めています。 2024年初めにこの検品・仕分システムが対象となる新たな補助金制度が制定されました。 この記事では、そんな検品・仕分けシステムの特徴や市場動向を踏まえ、活用できる補助金制

        • 【2024年4月】能登半島地震地域が使える補助金9選※期限あり

          この記事は2024年能登半島地震の被害を直接受けられた、または間接的に被害を行けられた事業者様向けの内容となっています。 現在、地方自治体、国政ともに能登半島地震地域の特別支援策を打ち出しているのでこの記事を確認していただき、情報をキャッチしていただき、早期に事業を立て直していただければと思い作成しています。 当社支援 2024年能登半島地震の被害を受けられた事業者限定で補助金を申請する着手金を無料で対応しています。 ご支援可能な事業者数に限りがありますのでお早めにお問

        【2024年】券売機に使用できる補助金で券売機導入のチャンス到来!補助金活用でコスト削減と市場拡大を実現

        マガジン

        • 補助金
          11本

        記事

          【2024年最新】清掃・配膳ロボットで大幅コスト削減!人手不足に有効なロボットに活用できる補助金とは?

          ~清掃ロボット、配膳ロボットが切り開く、新たな未来~ここ数年間で大手飲食店、オフィスビル等で清掃ロボット、配膳ロボットがせっせと働く姿を見る機会が増えました。清掃ロボット、配膳ロボットの普及はここ数年で急激に拡大傾向にあり、今後は大手企業以外にも普及することが想定できます。 2024年、日本の経済界は深刻化する人手不足問題に直面し、その解決策としてロボット導入が注目されています。特に、清掃ロボットや配膳ロボットは、人件費削減、業務効率化、顧客満足度向上など、様々なメリット

          【2024年最新】清掃・配膳ロボットで大幅コスト削減!人手不足に有効なロボットに活用できる補助金とは?

          【徹底解説】中小企業省力化投資補助金の公募要領を解説

          この補助金は小企業等の売上拡大や生産性向上を後押しするため、人手不足に悩む中小企業等に対して、IoT、ロボット等の人手不足解消に効果がある汎用製品を導入するための事業費等の経費の一部を補助することにより、簡易で即効性がある省力化投資を促進し、中小企業等の付加価値額や生産性向上を図るとともに、賃上げにつなげることを目的としています。 公募要領の対象は補助事業者(申請をしたい事業者)と販売事業者(製品を販売したい事業者)になります。 ➢関連記事 カタログ登録されている製品カ

          【徹底解説】中小企業省力化投資補助金の公募要領を解説

          【2024年最新】無人搬送車で人手不足に対応!設備導入に活用できる省力化投資補助金

          ~物流・製造業界に革新をもたらす技術 無人搬送車~ 倉庫業、製造業、小売業等での人手不足・作業効率の向上・在庫管理の最適化・安全性の確保などの課題は、経済の変化、特にグローバル化、消費者の需要の多様化、迅速な配送の要求などにより、今後さらに効率的なオペレーションが求められるようになってきます。無人搬送車は、これらの課題に対応し、生産性を高める一方で、労働コストを削減し、人材不足を補う重要な役割を果たします。 現在は技術革新により、より高度な自律性、柔軟性、コスト効率の良い

          【2024年最新】無人搬送車で人手不足に対応!設備導入に活用できる省力化投資補助金

          ものづくり補助金の新たな口頭審査について

          1. はじめに令和5年度の補正予算案により、ものづくり補助金への予算が割り当てられています。第17次と18次のものづくり補助金が現在公募中であり、ここでは特に第17次から新たに追加された「口頭審査」に焦点を当て、その概要と重要性についてご案内いたします。 これから申請される事業者、支援者ともに関係することなのでぜひご覧になられてください。 2. ものづくり補助金の口頭審査の概要と背景口頭審査の導入 第17次公募から導入された口頭審査は、補助金申請プロセスにおける重要な部分

          ものづくり補助金の新たな口頭審査について

          【解説】17次ものづくり補助金(オーダーメイド枠)

          1. はじめに2024年度「ものづくり補助金」第17次公募要領の紹介 皆様、こんにちは。今回は2024年度の「ものづくり補助金」に関する重要な更新情報をお届けします。経済産業省が発表した第17次の公募要領には、中小企業および小規模事業者が注目すべき新たな内容が含まれています。 公募要領の概要と対象枠の説明 この年度の「ものづくり補助金」では、省力化(オーダーメイド)枠、製品サービス交付化価値化枠、グローバル枠といった複数の枠が設定されています。しかし、特筆すべきは、今

          【解説】17次ものづくり補助金(オーダーメイド枠)

          小規模事業者持続化補助金 災害支援枠(令和6年能登半島地震)について

          令和6年能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族・関係者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 令和6年1月25日に被災地域の小規模事業者等の皆様を支援するための、小規模事業者持続化補助金「災害支援枠」の公募要領が公開されました。 申請受付開始は2月1日からとなりますが、これまでの同補助金の公募内容とは大きく異なりますので確認してみましょう。 内容・目的小規模事業者持続化補助金災害支援枠は、被災小規模事業

          小規模事業者持続化補助金 災害支援枠(令和6年能登半島地震)について

          【速報】ものづくり補助金16次 採択結果発表

          1月19日、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金の16次締切に関する採択結果が発表されました。 採択結果 16次締切における申請者数、採択者数 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金の16次締切につきましては、令和5年7月28日から令和5年11月7日までの期間において公募を行ったところ、全国で5,608者からの申請がありました。  全国採択審査委員会において厳正な審査を行った結果、このうち、2,738者を採択することといたしましたので、お知らせいたし

          【速報】ものづくり補助金16次 採択結果発表

          【最新】小規模事業者持続化補助金<一般型>第15回の公募要領が公開!ご相談受付中

          1月16日に、小規模事業者持続化補助金<一般型>第15回の公募要領が公開されました。今回の締め切りは2024年 3月 14日(木)となっていますので、補助金申請を検討されている事業者様はぜひご相談ください。 小規模事業者持続化補助金<一般型>第15回 について●公募要領公開:2024年 1 月 16日(火) ●申請受付開始:未定 ●申請受付締切: 2024年 3月 14日(木)  事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2024年3月7日(木)   ●補助事業終了

          【最新】小規模事業者持続化補助金<一般型>第15回の公募要領が公開!ご相談受付中

          新巨大補助金2024年度版:事務局に民間企業の博報堂とTOPPAN株式会社が決定!

          はじめに 2024年、経済産業省が発表した新たな巨大補助金の募集において、重要な進展がありました。この補助金は正式名称「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」といって中堅・中小企業の持続的な賃上げ、人手不足への対応、労働生産性の向上、そして事業規模の拡大を目指す取り組みに対する補助制度です。 この補助金の事務局として、民間企業の博報堂とTOPPAN株式会社が選ばれました。事務局は募集数1なので1/1で採択された形なります。 審査は弁護士、 一般財団

          新巨大補助金2024年度版:事務局に民間企業の博報堂とTOPPAN株式会社が決定!

          【補助金情報】事業承継・引継ぎ補助金(8次公募)の公募要領が公開

          事業承継・引継ぎ補助金(8次公募)の公募要領が公開され、交付申請受付が開始されました。 事業承継・引継ぎ補助金(8次公募)のスケジュール公表されている今後のスケジュールは以下の通りです。 公募要領公開:2024年 1 月 9 日 申請受付期間:2024年1月9日~2月16日 17:00 交付決定:4月上旬(予定) 補助事業期間:交付決定日~9月16日 実績報告期日:9月26日 事業承継・引継ぎ補助金とは?事業承継・引継ぎ補助金は、事業再編、事業統合を含む事業承継を契機と

          【補助金情報】事業承継・引継ぎ補助金(8次公募)の公募要領が公開

          【速報】17次公募「ものづくり補助金」を解説

          2023年12月27日、第17次「ものづくり補助金」の募集要項が発表されましたのでお知らせいたします。 第17回ものづくり補助金の公募が開始2023年12月27日、「ものづくり補助金総合サイト」は、第17次ものづくり補助金募集情報を正式に発表した。 公募の開始、締切及び補助事業の実施期間は以下のとおりです。 【注意】補助事業の実施期間は非常にタイトですので、事業のスケジュール管理、期限管理には十分ご注意ください。(第18次公募も同じ期間となります)。 ものづくり補助金の

          【速報】17次公募「ものづくり補助金」を解説

          IT導入補助金2024 パンフレットが更新されました

          IT導入補助金2024パンフレットが令和5年12月22日に更新されました。 公開されていたパンフレットから大きな変更はありません。 IT導入補助金についてはこちらの記事でも解説しております。 【令和6年度IT導入補助金】2024年のIT導入補助金のパンフレットが公開されました|AMS自動車整備補助金助成金振興社 (note.com) 制度変更に伴い、インボイス枠(インボイス対応類型)では、インボイス制度に対応した「会計」「受発注」「決済」機能を有するソフトウェアが対象にな

          IT導入補助金2024 パンフレットが更新されました