アトリエ染花

1981年設立。色にこだわり時とともに色褪せ朽ちてもますます愛される花飾りをテーマに、オリジナリティ溢れるコスチュームアクセサリーを制作し続けるアトリエ。2021年に設立40周年を迎えた私たちのモノづくりへの思いを綴っていけたらと思います。

アトリエ染花

1981年設立。色にこだわり時とともに色褪せ朽ちてもますます愛される花飾りをテーマに、オリジナリティ溢れるコスチュームアクセサリーを制作し続けるアトリエ。2021年に設立40周年を迎えた私たちのモノづくりへの思いを綴っていけたらと思います。

    ストア

    • 商品の画像

      限定カラー ルナンキュラス

      アトリエ染花の定番商品に、10月に開催したアトリエ染花マルシェのロゴをイメージした新色が加わりました。キナリと優しいブラウンの掛け合わせで、落ち着いたあたたかみのある大人っぽいデザインに仕上がりました。シーンを選ばずに取り入れられる人気のルナンキュラスです。※こちらのカラーは数量限定のため追加生産はございません。素材:キュプラ、レーヨン金具:コサージュピンサイズ:約7×8㎝
      ¥5,280
      atelier senka online store Planche
    • 商品の画像

      限定カラー マーガレット

      アトリエ染花の定番商品に、10月に開催したアトリエ染花マルシェのロゴをイメージした新色が加わりました。キナリと優しいブラウンの掛け合わせで、落ち着いたあたたかみのある大人っぽいデザインに仕上がりました。1年中着けていたくなる大人かわいいマーガレットです。※こちらのカラーは数量限定のため追加生産はございません。素材:キュプラ、レーヨン金具:コサージュピンサイズ:約7×8㎝
      ¥4,950
      atelier senka online store Planche
    • 商品の画像

      秋の七草ミニブーケ ナデシコとフジバカマ 22-23AW

      2022-23AW collection「Blanc et...」ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ。風情漂う秋の七草にデザイン性をプラスして、色・素材・様々な要素を取り入れたミニブーケシリーズ。夏の終わり、秋を感じながら眺めて楽しむ7種のお花を、より装いに合わせやすいブーケに。小さいながらにも沢山の要素が詰まった、他にない秋の花飾りを楽しんで。シャツやニット、アウターなど暖かみのある装いにぴったりです。素材:綿、キュプラ、レーヨン金具:コサージュピンサイズ:約5×8㎝『Blanc et...』“白、そして…” ありのままの白の姿と、色づいて表情を見せる2種類の花飾り。40thを経たアトリエ染花の新たなスタートとその先の歩みへと続く、可能性に満ちたコレクションです。※商品写真は出来るだけ実物の色に近づけるよう努めておりますが、お使いの環境、撮影環境により見え方が若干異なる場合がございます。予めご了承ください。
      ¥8,360
      atelier senka online store Planche
    • 商品の画像

      限定カラー ルナンキュラス

      アトリエ染花の定番商品に、10月に開催したアトリエ染花マルシェのロゴをイメージした新色が加わりました。キナリと優しいブラウンの掛け合わせで、落ち着いたあたたかみのある大人っぽいデザインに仕上がりました。シーンを選ばずに取り入れられる人気のルナンキュラスです。※こちらのカラーは数量限定のため追加生産はございません。素材:キュプラ、レーヨン金具:コサージュピンサイズ:約7×8㎝
      ¥5,280
      atelier senka online store Planche
    • 商品の画像

      限定カラー マーガレット

      アトリエ染花の定番商品に、10月に開催したアトリエ染花マルシェのロゴをイメージした新色が加わりました。キナリと優しいブラウンの掛け合わせで、落ち着いたあたたかみのある大人っぽいデザインに仕上がりました。1年中着けていたくなる大人かわいいマーガレットです。※こちらのカラーは数量限定のため追加生産はございません。素材:キュプラ、レーヨン金具:コサージュピンサイズ:約7×8㎝
      ¥4,950
      atelier senka online store Planche
    • 商品の画像

      秋の七草ミニブーケ ナデシコとフジバカマ 22-23AW

      2022-23AW collection「Blanc et...」ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ。風情漂う秋の七草にデザイン性をプラスして、色・素材・様々な要素を取り入れたミニブーケシリーズ。夏の終わり、秋を感じながら眺めて楽しむ7種のお花を、より装いに合わせやすいブーケに。小さいながらにも沢山の要素が詰まった、他にない秋の花飾りを楽しんで。シャツやニット、アウターなど暖かみのある装いにぴったりです。素材:綿、キュプラ、レーヨン金具:コサージュピンサイズ:約5×8㎝『Blanc et...』“白、そして…” ありのままの白の姿と、色づいて表情を見せる2種類の花飾り。40thを経たアトリエ染花の新たなスタートとその先の歩みへと続く、可能性に満ちたコレクションです。※商品写真は出来るだけ実物の色に近づけるよう努めておりますが、お使いの環境、撮影環境により見え方が若干異なる場合がございます。予めご了承ください。
      ¥8,360
      atelier senka online store Planche
    • もっとみる

    最近の記事

    贈ること、伝えること

    母の日におすすめのコサージュ特集をしようと考えた時、 人それぞれに家族がいるのなら贈りたいものもそれぞれ違うはず。日々コサージュに触れているアトリエスタッフは何を選ぶだろう? と思い、この機会に聞いてみよう!ということで今回の母の日企画「アトリエスタッフが選ぶ母の日に贈りたいコサージュ」が決まりました。 読書好きのお母さんに、本に関連したコサージュを本と一緒に贈りたい、ちょっと先の季節のものを贈って今から楽しみに過ごしてほしい…など、選んだ理由の中に毎日一緒にいるスタッフの

      • Blanc et...のあれこれ

        ただ今ご予約受付中の22-23AW collection ”Blanc et…” 3つに分かれたそれぞれのシーンについて少しお話します! ●秋の七草ミニブーケ● ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ。秋を感じながら眺めて楽しむ7種の草花に、色や素材など様々な要素を取り入れて装いに合わせやすくしたミニブーケシリーズです。 無病息災を祈る春の七草とは違い、”見る”ことを楽しむとされている七種のお花からなる秋の七草。風情漂う秋の花にデザイン性をプラス

        • 白、そして…

          本日よりオンラインストアで22-23AW collectionの先行予約が始まりました!40thにちなんだコレクション「gift」に続く、新たなコレクションを3/31(木)まで公開しています! 今回のタイトルは「Blanc et…」 40thの作品展のメインビジュアルの一つでもあった「Blanc」から発展したコレクションです。 Blanc(白)には私たちのこれからの可能性・リスタートという意味を、染まりのない白い花に重ねて表現しました。今回はそのコンセプトはそのままに、さ

          • giftのあれこれ

            ただ今オンラインストアで販売しているアトリエ染花のオリジナルコレクション「gift」シリーズは、2シーズンに渡りアトリエ染花40th記念を企画に練り込んだとても思い入れのあるコレクションです。 どのあたりが40thと関係しているのか…既に色んなところでお話している部分もありますが…まず、40種類のお花でできているということ! まるで摘んできたままのような可愛いお花から、アンティークジュエリーのようなデザインのお花、シルエットやモチーフにこだわったお花…様々な要素を40種類

            2021年のこと

            とても久しぶりの更新となってしまいました…! 昨年4月に40thを迎え、あっという間にもうすぐ一年が経ちます。バタバタと走り続けた一年間は今まで以上に花飾りに向き合った日々でした。 そして昨年末には40th記念作品展『WA』をBunkamura Galleryにて無事開催することができました!私たちの40年間の歩みやこの先への可能性、何より「どんな時でもつくることをやめない」というものづくりへの強い想いを一つの空間に詰め込んだ9日間。連日沢山の方にお越しいただき、スタッフ全

            40th

            4月8日、アトリエ染花は設立40周年を迎えました。 たくさんの方々のあたたかいご支援があったからこそ、ここまで花飾りを作り続けることができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。 前回、「空間を飾る花」として5年周期で行っている設立記念作品展について少し触れましたが、今年度がまさにその作品展の年。40周年記念作品展の開催が正式に決まり、ただ今スタッフ全員で制作に励んでいます。 設立当初から5年、10年…当時花飾りの地位というものはまだ低く、「お花でもここまで出来る」という底

            ”装いの花”

            アトリエ染花が作り続けている花飾りについて説明する時、私たちはいつも『”装いの花”から空間を飾る花まで』という言葉を使います。 私たちの言う”装いの花”とは、コサージュやブローチ、イヤリング、ネックレス、ヘッドドレスなどのコスチュームアクセサリーのことを言います。飾りものという意味のお花ではなく、服を着て、そこからさらにコーディネートを楽しむために必要なアクセサリーであることを意味しています。それが、モードを意識したファッションに寄り添う”装いの花”ということなのです。

            アトリエ染花って?アトリエ染花のはじまり

            アトリエ染花は1981年に設立した、オリジナリティ溢れる花飾りでコスチュームアクセサリーを制作するアトリエです。そのはじまりは、フランスのアンティークショップで出会った一つのコサージュがきっかけでした。 当時文化服装学院でイラストの講師をしていた坂本千尋は、色褪せても品位を失わない日本の友禅の色に魅せられ、”色”に深い思いを寄せていました。そんな中出かけたヨーロッパの蚤の市でディスプレイされているアンティークのコサージュに出会い、年月を経て色褪せ朽ちたその美しさに魅了され、

            こんにちは!アトリエ染花です。

            こんにちは!アトリエ染花です。私たちは、オリジナリティ溢れる花飾りでコサージュを中心にブローチやイヤリングなど様々なコスチュームアクセサリーを制作しているアトリエです。1981年設立以来、色にこだわり染色から全て手仕事で制作を続け、今年の4月に設立40年目を迎えます。 なかなかお客様とお会いできない日が続き、私たちの花飾りについてみなさまにどこまでお届けできているか、ふと不安になることがありました。そんな時でも、各SNSを見てくださっているみなさまからあたたかなコメントや反