Complete Jazzmaster Settings

26

ジャズマスター概観

フェンダー社のエレクトリックギター「ジャズマスター」は、フェンダー社の最上級モデルとして1958年のNAMMショウで発表されました。

多くのジャズ&ブルースギタリストのスタイルにあわせ、座って演奏する場合でも体にしっかりフィットするようデザインされた「オフセット・ウェスト」型のボディ、独立したボリューム&トーンコントロールが可能な2系統のコントロールサーキット、弦が切れた際にチューニングの狂いを

もっとみる

プロトタイプ〜仕様の変遷

プロトタイプ
フローティング・トレモロのアイディアはストラトキャスター開発時のシンクロナイズド・トレモロの対案として存在したといいます。ストラトキャスターは販売直前まで別のトレモロが搭載されることになっていましたが、サスティンが無くなってしまうという課題を克服できず、直前で全く違うトレモロをゼロから設計し直したということです。ストラトキャスターに採用されたのはシンクロナイズド・トレモロでしたが、こ

もっとみる

ジャズマスターピックアップ

ジャズマスターにはフェンダーギターの最上位機種にふさわしいサウンドを提供するために新たにデザインされた薄型のピックアップが搭載されています。プレベで採用されたハムキャンセル機構をフロント・リアピックアップ間で実現していたり、プロトタイプでは7本のポールピースを持つピックアップ等が試されたりするなど、数々の試みの結果誕生したピックアップです。

メインコントロールに大きなザクリを設けながら剛性を確保

もっとみる

50年代から60年代初期に発表されたギターの多くは.012-.052ゲージの弦を使用することを想定して設計されています。

意外と知らない人も多いのですが、ギター弦の表記はインチです。.012は0.012Inches=0.3048mm。.052は0.052Inches=1.320799mmです。

現在主流となっている.009や.010ゲージの弦を使用してバズやビビリなどの問題が発生した場合、最も

もっとみる

トラスロッドの調整

レギュラーチューニング時の弦の張力は、010-046のゲージで約47kg。開発当時の標準だったと言われる012-053のゲージで約75kgです。常時こういった弦の張力にさらされるネックは湿度の変化等をきっかけとして曲がってしまうことがあります。弦を張っている方向にネックが反ることを「順反り」、逆方向に反ることを「逆反り」と呼んで区別します。

ネックが反らないよう強制するため、ネックにはトラスロッ

もっとみる

フローティングトレモロの調整

ジャズマスターから採用されたフローティングトレモロ。正しいセッティングは、トレモロに起因したバズの発生やチューニングの狂いを抑止します。

①トレモロロック・ボタンをアンロックポジションにセットします。(丸いボタンをネック方向にスライドさせます。)

②弦をチューニングします。

③トレモロ調節ネジ(ボタンの真下にあるネジ)を少しずつ締め込みます。

④トレモロロック・ボタンをロックポジションに

もっとみる

ジャズマスターとネック角

ジャズマスターを始めとした60年代のフェンダーギターのほとんどのモデルで、ネックはボディー面と並行ではなく若干の角度が付くように調整されています。

これは何か特殊な加工を施すということではなく、ネックポケットにシムをセットするという方法で簡易に実現されています。

ジャズマスターの登場時は厚紙を切ったシムがネックポケットの真ん中にセットされ、60年代初期にはボディー側に移動、60年代後期にはバル

もっとみる