見出し画像

【N/S高×アサヒ飲料「100 YEARS GIFT」】高校生と一緒につくる Web CMプロジェクト!

100年以上の歴史があるブランドを3つ持つアサヒ飲料。長い時をかけて、人に、社会に、価値あるものをつないでいくことを改めて使命だと考え、本アカウント「100 YEARS GIFT」では “これまでとこれからをつなぐアサヒ飲料の取り組み”を発信してきました。

そして、このたび「100 YEARS GIFT」ではコラボ企画がスタートすることになりました!その名も、「N/S高×アサヒ飲料100 YEARS GIFT 高校生と一緒につくるWeb CMプロジェクト!」です!

ひとりひとりの個性や得意分野を伸ばし、ワクワクする人生を送るための教育を目指されているN高等学校・S高等学校(以下N/S高)。その教育方針は、アサヒ飲料のビジョン「100年のワクワクと笑顔を。」に通じるものだと、共感しました!

N/S高のHPはこちら↓

本当にワクワクできる未来は、大人も子供も関係なく、みんなで考えることからつくられると考えます。本プロジェクトではそれぞれの得意分野を活かし、10代の高校生たちと共に100年先の未来を考えていきたいと思っています。プロジェクトの概要は次の通りです。

【N/S高×アサヒ飲料「100 YEARS GIFT」 高校生と一緒につくるWeb CMプロジェクト!】

■内容
N/S高生が「100 YEARS GIFT」の公式キャラクターのワックー&ニコを使ったWeb CM(コンセプトビデオ)を制作。全20チーム作品からグランプリ作品を決定します。

■グランプリ作品について
24年12月のアサヒ飲料YouTube「100 YEARS GIFT」で取り上げ、当社HPに掲載予定。

全20チーム・総勢86名が参加する本プロジェクトは12月に公開予定のグランプリ作品の発表まで約半年かけて行われます。今後noteでは企画から制作に取り組む様子を随時ご紹介していきますので、読者の皆さんにもぜひ見守っていただけるとうれしいです。

今回は先日実施された初回授業の様子と、参加されるN/S高の生徒さん、本プロジェクトを企画運営する角川ドワンコ学園と当社の担当者のインタビューをお届けします!


いざ初回オリエンテーション!


初回授業ではオリエンテーションが行われました!
各チーム代表の生徒さんは浅草にある当社に来社し、その他チームメンバーの皆さんはオンラインで参加してくれました。

初回授業の様子

まずは、当社から本プロジェクトの主旨や流れなど詳細の説明をさせていただき、質疑応答を実施!

真剣に話を聞くN/S高の皆さん
生徒の皆さんからは多くの質問をいただきました!

その後、当社からも生徒の皆さんに「どんな動画だったら見るのか」「動画をどんなメディアで見つけたらみるのか」などを投げかけ、動画制作のヒントを共有し合う時間としました!制作に対する熱意を感じると同時に、高校生ならではの視点に触れて、私たちも新しい気づきを得ました!

そして授業の後半では、Web CM制作を進める上でのポイントや意識すべきことをプロのクリエイターの方からご説明いただき、具体的な制作イメージを膨らませる時間にしました。
最後に授業の振り返りを行い、この日は終了になりました!

これから生徒の皆さんには、Web CMの企画を構想し、絵コンテの制作、動画の作成とステップを踏んでいただく予定です。途中で相談会なども挟みながら生徒の皆さんのチャレンジを応援していきます!まずは10月の中間審査を目指して進行してもらい、中間審査で選ばれた3チームが12月の発表会に臨みます。どのようなWeb CMが出来上がるのか楽しみです!

 参加生徒の方に質問させていただきました!


約半年かけて動画制作にチャレンジしてくれる生徒さんに意気込みをうかがいました。

左から牛澤穂香さん、武田憲醐さん、後田百歌さん、堀内駿治さん

―――ご自身の得意分野を活かしてどんな動画をつくりたいですか。

牛澤 テレビっ子だったのでたくさんのアイデアを出し、現在を軸として100年前と100年後を映した動画をつくりたいです!

武田 飲料のWeb CMなので、そのWeb CMを見て視覚から味や清涼感を味わってもらえるようなWeb CMで、かつ、見ている人が楽しめるような、宇宙や海底、過去、未来などファンタジー要素を盛り込んだCMにしたいです!

後田 職業体験ワークショップに参加する中でN/S高生の知り合いがたくさんできて、人脈が広くなったため活用したいと思っています。撮影だったり編集だったりと様々なスキルを持っている友人に協力してもらってチームメンバーと考えた企画をより良い動画にしたいです。

堀内 私は動画編集などの経験はあまりありません。ただ、興味があってやりたいと強く思っていたので、プロジェクトを通して積極的に学んでいきたいです。今回のプロジェクトでは自分の好きを最大限に発散して、たくさんの人に幸せを与えられる動画をつくりたいです。

初回授業で当社に来てくれた各チーム代表の生徒の皆さん

―――100年後がどんな未来になっていてほしいですか。

牛澤 
どんなに小さなことにも多幸感を感じられるような人が増える未来になってほしいです!

武田 映像やイラスト、ゲームなど何かを作って発信する人が今よりももっと増えて様々な作品に触れることができるようになってほしいです。

後田 私は行き詰った時や上手くいかなかった時に友達や大人の方に助けてもらって救われたことが多々あり、人とつながること、助け合うことの大切さを中学時代に身を持って実感しました。その経験から人との繋がりを作りやすい環境が、国や性別、年齢を超えて広範囲に広がる未来になってほしいです。そうなることでたくさんの人が協力しやすく、過ごしやすくなりより良い社会が築けると思っています。

堀内 1年生の時に、100年後の未来を生徒が創造するプロジェクトに携わっており、その際に未来創造カードゲームを作成しました。その時にも感じていたのですが、それぞれが想い・願い続けることで形になっていくのが未来だと思ったので、誰もが幸せで生きたいと思える世界になってほしいです。

―――ありがとうございました!

プロジェクト担当者インタビュー

左)出雲路 敬行(いずもじ よしゆき)
学校法人角川ドワンゴ学園 経験学習部 事業開発課所属。
N/S高の学習プログラムの企画を担当。特技はスペイン語を少々!
右)松丸 りか(まつまる りか)
アサヒ飲料株式会社 未来創造本部 コーポレートコミュニケーション部所属。
アサヒ飲料の活動を発信するYouTube「100 YEARS GIFT」などの企画運営を担当。
趣味は「切手取集」(記念切手、旅行先で見つけたご当地切手、浮世絵切手、
キャラクター切手など1,000枚以上集めました!)

―――共に取り組みをすることになった経緯を教えてください。

出雲路 私たちには生徒それぞれの個性が光るようになってほしいという想いがあります。今回のプロジェクトを通じてまさにその個性が発揮できるのではと思い、実施を決めました。生徒には社会に出た時に、自分の自信につながるようなWeb CM制作を実現してほしいです。

松丸 アサヒ飲料の活動を紹介する「100 YEARS GIFT」を未来を担う将来世代の皆さん(10代~20代の生徒・学生さんなど)にもっとお届けできないかと思っていました。その中で、ひとりひとりの個性や得意分野を伸ばし、ワクワクする人生を送るための教育をされているN/S高さんの考え方は、アサヒ飲料が目指す「100年のワクワクと笑顔を。」と通ずると思い、一緒に取り組みができないかご相談させていただきました。

―――プロジェクトを通して期待することは何ですか。

出雲路 このプロジェクトを通じて、“やりたいことを実現する”ことの楽しさと“実現の前に立ちはだかる障壁”という現実感を知ってもらい、社会に出ることの意味を感じ取ってほしいです。技術だけでなく、心持ちの面でも、社会に役立つスキルを身につけていってほしいと思っています。

松丸 それぞれの生徒さんの得意分野を活かし、個性が混じりあったWeb CMを通して、N/S高の皆さんと100年先の未来を考えたいです。個性豊かな生徒さんがワクワクと笑顔を持ちながらWeb CMを制作していただきたいですし、このプロジェクトに参加いただいた方の良い経験、記憶に残る授業になるとうれしいです。

―――この活動を通じて、100年後がどんな未来になっていてほしいですか。

松丸 このプロジェクトが、ワクワクする未来を作るにはどうしたら良いかを考えるきっかけとなったらうれしいです。そして大人も子どもも関係なくみんなで考えることができる未来になることを願っています。

―――ありがとうございました!

本プロジェクトはまだ始まったばかり!途中経過はこちらのnoteでもお伝えしてまいりますので、N/S高生の皆さんが奮闘する様子にぜひ注目してください!

YouTubeでも情報を公開していますので、こちらもぜひご覧ください!
(YouTubeは6月27日10時公開予定です)
https://youtu.be/8l3QswkIhW8


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!