見出し画像

香りには十のすばらしいことがある。「香十徳」

一休さんが、書かれたとされる
「香十徳」
香には、十の素晴らしいことがある。
ということをまとめたものだそうだ。

1.感覚が研ぎ澄まされ
2.身も心も清らかにし
3.よく汚れを取り除き
4.よくねむりを覚まし、
5.静けさの中にやすらぎを得
6.多忙時にも心を和ます
7.多くとも邪魔にならず
8.少なくても十分に足りる
9.年月を経ても朽ちず
10.常用しても障りはない

これは、室町時代に書かれたものなので、
お香に関する書き方だが、
先人たちも、香りで癒されていたのだと思うと
少し、感慨深い。

いつの時代も、
日々の暮らしの中で、
心のやすらぎを実感できることが、
豊かな人生だといえるように思います。


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
10
はじめまして。アロマ対話セラピストRINです。 人生って何やねん、自分らしくって何やねん。体のこと、心のこと学び続けて20余年。自然療法や心理学に魅せられて、バランスの大切さをお伝えしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。