清原 ありさ

大阪、音楽好き

清原 ありさ

大阪、音楽好き

    最近の記事

    ここからニューワールド

    2022年9月28日(水) 参加させていただいた、 Ajust To You Project 「ADJUST TO YOU #1」 がついに全国リリースとなります! 明日です。 早い人は今日フラゲしてもらえたかな? 12組で1曲ずつ持ち寄って今回オムニバスCDを制作するということで、その1組に選んでもらったこと、誘ってもらったこと、大感謝しております。 りさボルト&Hys、本当にありがとう! 私は「ここからニューワールド」という楽曲で参加をしたのですが、 今回はその曲に

    スキ
    6
      • ADJUST TO YOU #1

        りさボルト&Hysという私の尊敬する先輩が企画した、 オムニバスアルバム「ADJUST TO YOU #1」に参加しています。 1組1曲ずつ、12組の12曲。 9/28に全国リリースです。もうすぐ!! 先輩から「オムニバスやります!参加してもらえませんか?」という、もうほとんどプロポーズ(主観です)みたいなセリフをもらったのは、もうずいぶん前のことなのですが、私は嬉しくて即刻「参加します!」と返事をした記憶があります。 ただただ、そんなん、誘ってもらったことがハッピーすぎる

        スキ
        7
        • 親知らずを抜いて気づいたこと

          私の好きな作家さんは大変な痔を患っているらしい。 その人がある時に言っていた。 「健康でいましょう、というのはなにも、命に関わる病に気をつけましょう、ということだけではない。私のように体の1%にも満たないわずかな部分が不健康なだけでこんなにも日常が侵食されるのだから、健康でいるということは本当に小さい小さいことから全てが大事なのだ!繋がっているのだ!(めっちゃ意訳)」と。 へえ〜、そっかあ。まあ、たしかにな〜。 かつての私はそのくらいの心持ちでその話を聞いた。 でも、今は

          スキ
          3
          • 2nd EP「PARTY」ライナーノーツ

            2022.5.14(土)にリリースしたEP「PARTY」について ライナーノーツ、残してみたいと思う。 試聴コチラ まずは先にこちらの記事を読むことをおすすめします。 なぜならメンバーがわかるから。 こちらにも記しておく。 サポートメンバー(登場人物) Keyboard:あすりーな Guitar:はじめちゃん Bass:さほっち Drums:チモト エンジニア:ジュンさん 以上です。 いってみよう! M1.Petrichor内容面 タイトルの読み

            スキ
            8

            ワンマンライブ

            2022年5月14日 心斎橋 真心場でのワンマンライブを無事終えました。 とにかく楽しみにしていたのですが、その想像を超えて楽しかった! 来てくれた皆様、本当の本当にありがとうございました。 5/14という日に真心場でワンマンをすることは私にとっては非常に特別だったので、そんな日にみんなが一緒にいてくれたという、それだけでもう本当に嬉しいのに、さらにはCD発売までできてしまって「私は幸せすぎて今日ここで命尽きるのでは??」と思ったくらいに嬉しかった!!! サポートをして

            スキ
            19

            ジャケット制作日記

            2022/5/14(土)のワンマンから発売するCDのジャケットを先日公開しました。 こちら! 今日はこのジャケットが出来るまでをなんとなく記事にしようと思います。 まず、このジャケットの構想をぼんやりと練り始めたのが前回のCD「HELLOS」をリリース(2021/2/9)した後すぐくらいでした。入れる曲とかより先にジャケットをぼんやり考えていたのです。 ただ次も4曲入りEPを作るというのだけは決まっていました。 ちなみに前回のジャケットも自分でデザインしたのですが、

            スキ
            5

            バースデーライブin真心場

            今年もバースデーライブが延期日程で行われた。 2年連続、コロナの影響を受けてのことである。 別にそれはぜんぜんいいのだけど、2年ともバースデーライブ以外のライブへの影響が一切なく、なんとなく不思議な気持ちになる。おもろいし、おいしい。 今年のバースデーはしなだゆかりとツーマンしよう!ということで2/11に組んでいたイベントだったのだけど、そのツーマンというのが元をたどれば酔夏男という場所でしなだと一緒にやろうと計画していて、でも結局、酔夏男がなくなってしまうことになって叶

            スキ
            7

            レコーディング日記

            2nd EPをリリースするためのレコーディングをしました。 3月15日(サイコーの日) バンド隊REC その前からリモートやスタジオでバンドメンバーと内容を詰める作業などもしていたので不安があったわけじゃなかったけど、やはり前日は緊張というか、ソワソワして寝れなくなっちゃった。バンドのレコーディングは私のやることは楽屋盛り上げだけやのに。 ありさ母からの大量の差し入れ。 みんながワーイ!って喜んでくれたからうれしかった。 今回収録する楽曲は4曲。 バンドメンバーに与え

            スキ
            5

            あんドーナツの思い出

            高校生のころ、豆腐屋で1年ほどアルバイトをしていた。 従業員は雇われ店長(たぶん50代)とわたし(高1)、2人だけの小さい店。 店内で豆腐を手作りしているわけでもなく、毎朝工場から運ばれてくる豆腐を店頭に並べて売るという仕事だった。 わたしは高校が遠いうえに終わるのも遅かったので、土日だけ、その豆腐屋で働いていた。 ある日の日曜日。 いつもどおり出勤して朝の作業を終えたころ店長が 「じゃあ休憩してくるから」 と言って店を出て行った。 一人になったわたしはレジ番

            スキ
            10

            接すること、察すること、

            2022年になってなんとなく2021年を振り返ってみた。 内面的に。 2021年はそれ以前よりかはもうちょっとだけ楽に息がしたくて、自分の中でいろいろ試してみたことなどがあった。 その中のひとつ、察すること。 私は「接することとは察することである」などと長年思ってきた。 思ってきたというか、たぶん今でもまだそういう風に考えているふしがある。 去年のある時にふと思った。 他人の心の内を顔色や言動から察することは本当は、めちゃくちゃ(×5億)体力&気力を消耗すること

            スキ
            5

            ただいるだけで

            小学生の時、相田みつをの「ただいるだけで」という詩を担任の先生から教えてもらった。 あなたがそこに ただいるだけで その場の空気が あかるくなる あなたがそこに ただいるだけで みんなのこころが やすらぐ そんなあなたに わたしもなりたい という詩である。 私はこの詩を大変気に入り、同時に心に決めた。 この詩の人みたいになりたい!と。 みつをもこの人みたいになりたいかもしらんけど、私もなりたいよ!と。 それから時は経ち、中学生になった。 友達に強引に誘われる形で

            スキ
            11

            テメェの誕生日祝ってやるよ

            7月の個人的ビッグイベントが終わりました。 4日 大阪 歌う魚 5日 大阪 歌う魚 7日 東京 豪徳寺Leaf room 8日 埼玉 熊谷モルタルレコード 2月に延期になっていた私の誕生日イベントをガッチャンコしてもらい4日間。 りさボルト&Hysとしなだゆかりと一緒に誕生日ツアーをまわりました。 下記リンク、このnoteの過去記事を見ればわかるんですが、2年前の同じ7月、同じ誕生日ツアーに、当時ユニットが解散したての私が、先輩に引っ張り出してもろうて、ギターも持たずに

            スキ
            7

            スキマのこと

            すきまが好きだなー、とおもう。 別に韻を踏みたいわけでもなんでもない。 最近のわたしはもっぱら電子マネーを使う。PayPayである。 ペイペイはいい。細かい小銭がでない。財布も小さくて済む。 コロナ禍的な目線でいうと、店員さんとの直接のお金の受け渡しがなくて、感染予防にもちょっとよさそうに感じる。 けれども、そこには隙間がない。なさすぎる。 小銭とは隙間やったのか?とすら思う。 他にもたくさん便利になっていくうえで、われわれが失ったものが確実にあるように感じてしまう。

            スキ
            7

            CDを作った話

            どうも、清原ありさです。 今日は2/10なのですが、昨日の2/9は私の誕生日でした。 本来は、心斎橋にある歌う魚という場所で誕生日イベントとかやるという最高な感じだったのですが、緊急事態宣言の延長に伴い、延期になりました。 ほんとはね、、そのスリーマンでCDを発売する予定だったけど、イベント自体延びちゃって。 さーどーしよ!ってやっぱさ、悩んだけど。 その音源が本当に「いいのができた!」いう自負があるから1秒でも早くみんなに聴いてもらいたくて、通販という形ではありますが

            スキ
            6

            ライブのこと

            今年のライブがすべて終わった。 振り返ってみると、非常に数が少なかった。 ユニットのころには年間5,60本とかライブしてたことを考えると、本当の本当に少なかった。少ないからとか多いからとかに関係なく、ライブに対して私はいつでもマジゴチの気合いの入りようなので、まあ本数はいいのやけど。 その今年最後のライブ会場は心斎橋の歌う魚だった。 酔夏男の元店長の和樹さんの企画。 呼んでもらえて大変ありがたかった。うれしかった。 思えば去年の5月に長らくやっていたユニット、ぱん

            スキ
            7

            10月そろそろおわる

            季節のスピードがもうわけわからん。 スピード感おかしい。 これはやっぱコロナの影響かな。 やとしたらみんな同じやから安心かな。 コロナの影響で、3月末に最後にライブをして、その後に予定していたものは、ぜんぶ中止になりました。 さあ、もうどのタイミングでライブしたらいいのかわからんな…。 と思っていたところ、大好きな先輩が声をかけてくれました。 日曜日、久しぶりにライブします。 埼玉の熊谷モルタルレコード。 よく考えるんです。 音楽してなかったら、人はもちろん

            スキ
            11