Après-midi (アプレミディ)|出版レーベル

2021年設立の出版レーベル「Après-midi」です。 『魂の声をあげる 現代史としてのラップ・フランセ』が好評発売中。2022年10月に3冊目の書籍が発売予定。

Après-midi (アプレミディ)|出版レーベル

2021年設立の出版レーベル「Après-midi」です。 『魂の声をあげる 現代史としてのラップ・フランセ』が好評発売中。2022年10月に3冊目の書籍が発売予定。

    マガジン

    最近の記事

    今日で設立1周年

    昨年2021年7月1日は、アプレミディの存在を世に向けて正式に公表した、いわば実質の設立日です。 あれからもう1年。本当にあっという間です。 出版社の運営なんて当たり前だけど生まれて初めてのことだし、ひとりだから責任はすべてわたしにかかってくるし、それはそれとしてやりたいことがたくさんあって、でも本当にわたしなんかにできるのかな。そんな不安と期待でぐちゃぐちゃの感情のまま、それでも日々の忙しさに追われて立ち止まることもできない状態でここまできてしまったようにも思います。 頻

    スキ
    2
      • 今後のアプレミディSNSについて考えた

        ひとり出版社アプレミディのWEBやSNSを立ち上げて3か月ほどたちました。 8月には初の書籍『拝み屋奇 譚災い百物語』(郷内心瞳 著)も発売しました。おかげさまで好調です。お買い上げいただいた皆様におかれましては大変ありがとうございます。 立ち上げや本の発売前後は、告知することもたくさんあってバタバタと時間が過ぎていったのですが、それがひと段落して今に至るまでに気づいたことがあります。 告知以外何を書けばいいのか!! 公式サイト、ツイッター、Facebook、Instag

        スキ
        4
        • 出版社アプレミディの社名の由来

          こんにちは。独立系出版社アプレミディの代表富永です。 何かに名前を付けるというのは、本当に難しい。 今わたしが飼っている猫のレイくんは、保護猫カフェ時代から「レイくん」という名前だったのでそのまま呼んでいる感じだし、昔実家で飼っていた猫も、黒猫だから「クロちゃん」、三毛猫だから「みーたん」と、ものすごく安直な名づけでした。大学時代に友達と組んでいたバンド「土地と暮らし」も頭に浮かんだ言葉をつけました。なので今回自分が立ち上げる出版社の名前を決めるとなって初めて、これまでわ

          スキ
          4
          • 出版社はじめました

            はじめまして。2021年設立の出版レーベル・Après-midi(アプレミディ)と申します。 8月に第1弾の書籍の発売に向けて以前から水面下で動いていましたが、この度WEBサイトが完成したので、正式に公表させていただきます。 ☆公式サイトはこちら 「出版レーベル」と自称していますが、機能としては出版社です。 法人登録をせず個人事業主としてやっているのでいまいち会社と呼んでいいのかもわからないので「出版レーベル」と名乗っているだけです。(が、面倒なので以下からは「出版社」と

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 出版社アプレミディの版元日記
            Après-midi (アプレミディ)|出版レーベル