見出し画像

日常カメラとして気軽にオールドレンズを楽しむ。

もっと気軽にはじめたい。

なんだか最近のカメラ豪勢すぎませんか? まぁ必要な人には必要なのでしょうけどね。もっと気軽にはじめたい人の方が多いんじゃないかと。

5〜6年前のカメラでも十分使えますよ。最新機種を買わなきゃ写らないってこともありません。そういうわたしも6年前のカメラを日常カメラとして使っています。問題なしです。

今回は、メーカー違いの一眼カメラとレンズをくっつける部品「マウントアダプター」で、もっと気軽に一眼カメラの世界に入っていけますよというお話です。

これからミラーレス一眼カメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方のためのヒントを書いています。カメラ購入の前後約6ヶ月程度の方を対象にしています。ミッションは、持続的写真生活の応援です。

マウントアダプター

ミラーレス一眼カメラ。レンズを交換することができます。撮りたいモノや用途でレンズを使い分けることができます。とても便利です。

ところがカメラ本体と接続部分が合わないレンズがあります。メーカーが違ったり、同じメーカーでも世代がズレてたりすると接合部分の形状が違うのです。

せっかく持っているレンズが使えない。そんな事があっては困ります。

カメラ以外でも同じようなケースはあります。

USBケーブルとかイヤホンジャックも接続部分の種類がいろいろあって困ることがあります。そんな場合、アダプターというパーツを間に付けることで使える場合があります。

ミラーレス一眼カメラにもそんなアダプターのようなパーツがあれば便利ですよね。それがあるのです。マウントアダプターというパーツです。

カメラの接続部分のことをマウントといいます。自分のカメラがどの種類のマウントか知っているとレンズを選ぶ時に助かります。

例えばわたしが使っているカメラ、富士フイルムX-E2のマウントは「Xマウント」です。Xマウントに対応したレンズを選びます。他のマウントのレンズは付けることができません。

他のメーカーでも同じです。ソニーの一眼カメラの本体に、キヤノンのレンズを無理矢理付けようとしても無理なのです。

それぞれのメーカー毎に接続部分の形が違うのですね。なぜ統一規格にしてくれないのでしょうか。一般ユーザーからすると理解に苦しみます。

が、実は接続部分の形が同じだったら済む話ではありません。光の進む道を計算するのは複雑すぎてちょっとでも距離や方向がズレると写るものが違ってしまいます。カメラとレンズの情報のやりとりへの考慮も必要です。

キヤノンの場合、同じメーカー内でもマウントが異なる(FD、EF-S、EF、EF-M、RF)カメラがあります。レンズ選びで間違えないように気をつけましょう。

外の景色がレンズを通ってちゃんとカメラのイメージセンサーに写ってるのって奇跡のようなことなのです。

形状が違うカメラとレンズをつないでくれる便利なパーツ。それがマウントアダプターです。

マウントアダプター

こんな場合に大活躍

昔から一眼カメラを楽しんでいてレンズを数本持っている。そのカメラはフィルムの一眼カメラ。メーカーはキヤノン、マウントがFDマウント。数本所有しているレンズがあるけど全部FDマウントのもの。

数年前にデジタルミラーレス一眼カメラを購入した。メーカーは富士フイルム。マウントはXマウント。このXマウントのカメラに昔のFDマウントレンズをつけたい。

このマウントアダプターがあれば、もう使うことがないと思っていたレンズを復活させることができます。とても便利ですね。

マウントアダプターは、マウント毎に様々な種類がそろっています。自分のカメラと使いたいレンズのマウントに合わせて選びます。
マウントアダプター

マウントアダプターについてはまた別の記事でも書いていきたいと思っています。ここまでがマウントアダプターの説明。さて、ここから本題です。

:::

日常カメラとしてオールドレンズを楽しむ

フィルム一眼カメラの時代に使われていたレンズをオールドレンズといったりします。最近は、あえてミラーレス一眼カメラにオールドレンズを付けて撮影することを楽しむ人も増えています。

個性的なオールドレンズがたくさんあり写真も個性的な写りになります。オートフォーカス機能はありません、手ブレ補正機能もありません。逆にそんな不便さがよいとも言えます。

ゆっくりじっくり撮影体験できます。はじめての一眼カメラはオールドレンズというのもありではないかと思います。

なにより現代の洗練された精巧で高額なカメラとは違い、手の届きやすい価格になっています。

中古カメラオールドレンズマウントアダプター5万円以内でミラーレス一眼カメラを日常カメラとして趣味にすることもできてしまいます。「安くて古いから写らない」なんてことはありませんから。

カメラはいろんな楽しみ方ができます。一眼カメラを価格だけで躊躇しているのであれば検討してみてはいかがでしょうか

今日も元気に楽しく

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

with SIGMA

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。皆様から受けたサポートの一部は、他のnoterへのサポート原資として還元。その他、何げない日常を素敵に残すための応援活動に使わせて頂きます。

嬉しい!
246
カメラ、音楽、料理、日常のお話をのんびり配信しています。オリジナル曲はApple Music、Spotifyなどで配信中。歌詞募集してコラボ楽曲も制作。ミラーレス+オールドレンズで草花ポートレート写真を撮ってる人です。

こちらでもピックアップされています

日常カメラの覚え書き
日常カメラの覚え書き
  • 79本

何気ない日常をカメラで撮り残すための私的な覚え書きです。これからミラーレス一眼カメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方のお役に立てたら嬉しいです。日常を撮るためのカメラのお話です。わたしのこれまでの経験を書いています。この方法だけが正解ということではありません。 こんな写真が撮りたいという方のためのお話を書いています。 草花ポートレート写真 https://note.com/aoneko/m/m128522eff86a 散歩日和 https://note.com/aoneko/m/m0e25028380f8 日常をキリトル https://note.com/aoneko/m/md95d87fa77b2

コメント (5)
こんにちは...
そうなんですね~
カメラをやらない
私にも理解できました。
>ケントさん
お役に立てたなら嬉しいです。コメントありがとうございます。
>Ji.Jiさん
ちょっと難しいような難しいような話でしたが理解いただけたなら嬉しいです。😊
ハタモトさま、
初めましてハレタケシと申します❗フォローの方ありがとうございます❗
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。