見出し画像

玉ボケと絞り値のお話|日常カメラの覚え書き

猛暑が峠を越えて少し元気になってきたミニトマト。ですが、根元のほうは弱っていてこのままでは心配。

画像3

ということで、いくつか別の方法で復活を試してみることにしました。

画像1

トマトは水に浸けておくと茎から根が出てきます。

画像2

うまく復活できるといいけれど。
応援よろしく!

:::

日常カメラの覚え書き

玉ボケと絞り値のお話

写真の玉ボケが見えますか。左下のあたりとか。六角形になっていますね。よくみると手裏剣型になっています。

絞り値は F2.8 です。

絞り値というのは レンズの穴の大きさです。数字か小さいほどレンズの穴の大きさは大きくなります。

一番大きく開いた状態を「開放絞り」といいます。レンズ毎に開放絞りの絞り値(F値)は違います。

このレンズは、コンタックス プラナー 50mm F1.4 AEJ というオールドレンズです。

開放絞りの絞り値が F1.4 です。

開放 F1.4 から 2つ絞ると F2.8 になります。

F1.4 の絞り開放にすると

画像4

こんな感じで玉ボケがまん丸になります。
ちなみに、F1.4 で撮ると

画像5

こんな感じ。さっきのと違ってピントが合ってる部分が少ないですよね。もう少し、ピントが合う部分を前後に広げたい。

ということで絞り値を F2.8 に設定して撮影するわけです。

画像6

そのほうが、植物の状態を説明したい場合に良さそうでしょ。

朝のキラキラを表現するのにも六角形の玉ボケがほどよい感じ。

但し F2.8では若干、手裏剣型が出てしまうんですね。もう1段絞って F4 にしても良かったかもしれない。

日常カメラの覚え書き|玉ボケと絞り値のお話でした。

今日も元気に楽しく


この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。皆様から受けたサポートの一部は、他のnoterへのサポート原資として還元。その他、何げない日常を素敵に残すための応援活動に使わせて頂きます。

サークルにも参加してね!
37
カメラ、料理、日常のお話をのんびり配信しています。ミラーレス+オールドレンズで草花ポートレート写真を撮ってる人です。Apple Music、Spotifyなどで楽曲配信。note月間10万PV達成。

こちらでもピックアップされています

日常カメラの覚え書き
日常カメラの覚え書き
  • 105本

何気ない日常をカメラで撮り残すための私的な覚え書きです。これからミラーレス一眼カメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方のお役に立てたら嬉しいです。日常を撮るためのカメラのお話です。わたしのこれまでの経験を書いています。この方法だけが正解ということではありません。 こんな写真が撮りたいという方のためのお話を書いています。 草花ポートレート写真 https://note.com/aoneko/m/m128522eff86a 散歩日和 https://note.com/aoneko/m/m0e25028380f8 日常をキリトル https://note.com/aoneko/m/md95d87fa77b2

コメント (4)
ハタモトさーん…((( ꒦ິД꒦ິ)੭ु⁾⁾
めちゃくちゃ分かりやすいーー!!!

ありがとうございます!
なんと素敵なボケ具合……!
光をたたえてきれいですね(^-^)/
>Amiさん
わかっていただけますか。嬉しいです。なかなか説明難しいのですよね。ありがとうございます。
>三宅 弘晃さん
朝のキラキラお届けしました。😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。