マガジンのカバー画像

FUJIFILM X notes

578
富士フイルムXをもっと好きになる。カメラに関する情報をピックアップ。unofficial Fan page / FUJIFILM X users group管理人(参加者 約21… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

使ってて楽しいカメラ

X-E1を購入してから3週間ほど経つ。 撮る頻度はそんなに高くないけれど、毎日持ち出すくらいには気に入っているカメラ。 FUJIFILMのカメラに興味を持ったのは、前職の時。 ブライダルカメラマンをしていてその時に参考にさせてもらっていた仲道雄大さんというカメラマンが使っていたのが当時X-T3というカメラだった。 その人が使っているという事と、FUJIFILMのカメラのクラシカルで今っぽくない見た目に惚れてしまった。 あれからFUJIFILMのカメラを欲しいとは思っていた

スキ
11

常に上位にランキングしていたフィルムシミュレーションがついに第1位。

やっぱりPROVIAは落ち着くなぁ〜。そう思っていたのもつかの間。もう7月が近づいています。 Twitterコミュニティ FUJIFILM X フィルムシミュレーション Photo では、これまで、クラシックネガ、クラシッククローム、ASTIA、PROVIAの写真をひと月ごとにみてきました。 4月からアンケートでフィルムシミュレーションを投票していただいています。アンケートは今回で4回目。7月に選ばれたのフィルムシミュレーションはどれでしょうか。 これまで 4月:4位

スキ
31

新しいカメラを手に入れた話

どうも。みなさんお久しぶりです。 または、初めまして。かんずんでございます。 久しぶりにnoteを書こうと思い立ったので書いている次第です。 早速本題に入りたいと思います。 新しいカメラを購入 新しいカメラといってもカメラ自体は10年も前のもの。 レンズはMFレンズをチョイス。 なんでこんな古いカメラを買うことにしたのか、それは、、 FUJIFILMのカメラが使いたかったからだけです。 一度FUJIFILMのカメラをレンタルしたときに写りが自分の好みすぎてドンピシャだ

スキ
15

日常スナップ2022.6.21 X-E4

最近の日常スナップ色々まとめです・:*三( o'ω')o ゆるりとどうぞ

スキ
21

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2

春に半ば衝動買いのような形で手に入れたNOKTONだが、今ではXF35mmF2を隅に追いやりX-Pro3の常用レンズとなっている。これの何が素晴らしいかはスナップの撮りやすさに尽きる。 普段はあまり強い勧め方をすることはないが、このレンズについてはスナップ好きなら絶対に買うべきだと言い切れる。 もっとも俺が知っているスナップは人の入った、瞬間を切り取った写真なので最近のスナップの定義からすると狭義だ。 イメージするなら古典的スナップというか、フィルム時代のスナップ写真という

スキ
17

雲は簡単なモチーフなのに飽きない

6月になり、天気の良い日は気温がぐんと上がって暑い日が増えてきた。 同時に広島は梅雨入りもしたらしいので雨の日も増えるだろうが、それが明ければいよいよ夏がやってくるという時。 同じ晴れた日でも四季によって表情は違う。 寒い季節はすっきりと澄んだ空、雲もキラキラしている。 暑い季節は視界のコントラストが高く、雲は生きものような迫力を持つ。 まだまだ本格的に暑い訳ではないので夏本番の空模様には遠いが、それに近いものを感じるようになってきた。 雨が降った翌日、散歩に出かけると空

スキ
11

x100vという選択肢 vol.1

数ヶ月前にFUJIFILMのコンデジ、x100vを購入しました。メインのカメラはSONYのα7rⅢを使用しています。申し分のないスペックであるのは周知の事実で、個人としても大三元レンズを揃えており、撮影する上でも万全に近い状況です。 ではなぜx100vを購入したのか、今回は購入した経緯と実写レビューについて紹介していきます。 1.使用する機材で撮影回数と被写体が変わる  あくまでも私個人の話になってしまいますが、α7rⅢで撮影していると、しっかりカッチリ撮ろうとする意識

スキ
25

X-T5の登場時期を予想する

前回、Xシリーズの年表を作ってみたが、その中からX-T一桁シリーズとX-Hシリーズだけを抜き出してみた。 2014/02  X-T1 2016/09  X-T2 2018/03  X-H1 2018/09  X-T3 2020/04  X-T4 2022/07  X-H2S するとこのようになる。 X-T一桁シリーズについて言えば、X-T1からX-T2までが2年7ヶ月、次のX-T3までが2年、最新のX-T4までが1年7ヶ月の間隔で出ている。 一方、X-H1とX-H2Sは

スキ
7

Xをもっと楽しむためのX

新しいプロモーション動画がアップされました。レンズだと三本目の動画でしょうか。 FUJIFILMオフィシャルだと視聴者は海外の方が多いので、「フジの50mmF1.0や23mmF1.4の動画に出てたよね」と覚えてもらえて、思わぬところから反応があって刺激にもなります。 今回のミッションは、次世代レンズの魅力と役割について、最初期からXシリーズを使い続けている立場から、それぞれのレンズの個性を引き出すような写真を撮って、それについて語っていくこと。 写真家は、素材の魅力を深いと

スキ
35

手の馴染み加減を知りたくてX-H2Sを触ってきました

2022年6月12日、富士フイルムイメージングプラザ東京を訪れました。 一つの目的は、田中雅美写真展「野生の灯(あかし)- 静寂と鼓動Ⅱ-」 もう一つの目的は、X-H2Sを触ってくることです。 お昼前に訪れたのですが、先客が一人くらいしかおらず空いておりました。 こういう感じになっている場所は結構苦手です笑。 人がもうちょっといてほしかった。 田中雅美写真展についてカナダの自然や野鳥そしてオーロラを撮影している写真家さんです。 今回、X-H2S+ XF150-6

スキ
10

FUJIFILM X100VかX-E4か どっちにする?

家族を撮ってるNOBUです。 趣味としてカメラを触り、写真を撮っています。 最近、やっと、カメラよりも写真を撮ることが楽しいなと感じるようになってます。恐らく機材をひと通り集め終わったんだと思います。 休日ならフルサイズのカメラを肩から下げて、公園に行ったりするのですが、平日の通勤の時、子供のお迎えの時に持っていくには大きすぎるので、X100VやGRあたりがコンパクトでちょうど良いです。 X100Vを購入する時、X-E4にするか迷ったのですが、色々悩んでX100Vにしま

スキ
28

XFレンズ最長、新150−600mmは買いなのか?

富士フイルムの公式YouTubeにて5月31日に発表された、新レンズの1本。 超望遠ズームとなる「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」 何もかもが新しいだけに、従来の超望遠とどう違うのか。 新「X-H2s」と同時に、FUJIFILM Imaging Plaza大阪にて軽く試してきました。 (おことわり) 今回試したのは試作機で、最新カメラ「X-H2s」装着時にフリーズするなどの不具合が発生していました。 このため、既存のX-T4に装着しての試用となり

スキ
8

舞う星を撮れ。存在を証明せよ。

とりあえずこの写真見て!見て下さい!! はい、どうも眼鏡屋です。 またですね、ササユリの場所に出かけてきました。 先週の日曜に行ったばかりなのですが、今週がピークだろうという話を聞いたので、これは行かなきゃと思いお昼ちょっと過ぎ位に行ってきました。 ちなみに今回はX−S10に、 ・XF70−300㎜ ・XF35㎜F1.4 ・XF14㎜ の3本です。 前回は見なかったツバメのヒナ達を今回見ることが出来ました。 で、今回の開花状況はというと、 後ろで白くボケているのは

スキ
20

APS-C最強機となるか?新「X-H2s」をお試ししました

5月31日にYouTubeプレミアム配信された、FUJIFILM「X Summit OMIYA 2022」。 一番の注目と言われていた(予想していた)次期フラッグシップ機。 その一つとして発表されたのが「X-H2s」でした。 今回、大阪・難波にあるFUJIFILM Imaging Plaza大阪にて、軽くお試ししてきました。 なお、今回は同時発表されたズームレンズ1本 「XF18-120mmF4 LM PZ WR」 を装着してのお試しの感想を紹介します。 詳しい機能紹介は

スキ
14