下沢杏奈

北海道函館市にある「わらじ荘」系列の代表をしています。デザインの仕事やアニメを制作する仕事をしています。だからなんだよ!と思います。私のことは私さえわからないのです。

■なにをするサークルか しもざわあんなと言う人間や考え方が好きだって言ってくださる方が、しもざわあんなのいろんな葛藤などに触れるためのサークルです〜! (わらじ荘のこと、立ち上げたばかりの一般社団法人のこと、アート活動のこと、プライベートなこと、ほんとうにたくさん、たくさん。自分から出るホンモノだけを書きます。) ■活動方針や頻度 例:わたしが掲示板でもやもやをめっちゃ呟くので、それに対してもやをぶつけていただいてもいいですし、無視していただいても大丈夫です〜 ■どんな人に来てほしいか うーん。世の中の不透明で曖昧なもの。扱います。 答えがないです。一緒に考えていきたい人におすすめです。あと、私の思想が嫌じゃない人。むしろ好きな人におすすめ。 ■どのように参加してほしいか なんでも大丈夫です。わたしはありのままにここに書くので、あなたもありのままで読んでください。

下沢杏奈

北海道函館市にある「わらじ荘」系列の代表をしています。デザインの仕事やアニメを制作する仕事をしています。だからなんだよ!と思います。私のことは私さえわからないのです。

メンバーシップに加入する

■なにをするサークルか しもざわあんなと言う人間や考え方が好きだって言ってくださる方が、しもざわあんなのいろんな葛藤などに触れるためのサークルです〜! (わらじ荘のこと、立ち上げたばかりの一般社団法人のこと、アート活動のこと、プライベートなこと、ほんとうにたくさん、たくさん。自分から出るホンモノだけを書きます。) ■活動方針や頻度 例:わたしが掲示板でもやもやをめっちゃ呟くので、それに対してもやをぶつけていただいてもいいですし、無視していただいても大丈夫です〜 ■どんな人に来てほしいか うーん。世の中の不透明で曖昧なもの。扱います。 答えがないです。一緒に考えていきたい人におすすめです。あと、私の思想が嫌じゃない人。むしろ好きな人におすすめ。 ■どのように参加してほしいか なんでも大丈夫です。わたしはありのままにここに書くので、あなたもありのままで読んでください。

  • モヤトリアムプラン(U22)

    ¥300 / 月

    とにかく、もやもやしてしまうモラトリアムならぬ「モヤトリアム」期間にいる方!どうぞ!呼んでください🙇‍♀️

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • もやもやをぶつけられます
  • あんなのつぶやきを読み、あんなを推せるプラン

    ¥2,000 / 月

    わたしのことを推してくださっている方へのプランです。ご存知の通り、わたし1人じゃ生きるの苦手で大変で。毎日いろいろあることを、逐一報告したい!でも、SNSじゃ言い切れない。そんなちょっとディープな報告やお悩みを読まされます!いいこいいこしてくれる人しか入れません!笑

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 下沢杏奈を応援できます〜
    • 下沢杏奈の日記を読めます

マガジン

  • 「荘」日誌

    • 62本

    函館市弁天町「旧野口梅吉商店ーわらじ荘ー」と「旧西浜旅館-みなも荘-」「旧中国茶屋−きらく荘−」に住んでいる荘民が発信する日々の日誌です。 毎日の生活を10年後も笑えるような、そんな手紙をここに書き連ねます。

  • 描くを書く

    「描く」ことを学びに落とし込むために「書く」ことをしてみる。

  • ヒトカナLabマガジン

    • 15本

    このマガジンは、ヒトカナLabが主催したイベントでの学びの共有や、メンバーが考えていること、持っている知見などを共有する場です。 多種多様なメンバーが集まり、アウトプットの性質も様々なので、このマガジンの読むことで、あなたの知識や視点の越境に、少しでも役に立てれば嬉しいです。 -------- 【ヒトカナLabとは?】 ヒトカナLabとは、「人を繋いで、ひとつなぎ。人のやりたいを、かなえあい。」をコンセプトに集まっているコミュニティです。 *「ヒトカナLao」 は「ヒトツナギ・カナエアイLab」略称。 イベント企画や運営、その後の振り返り、コミュニティ内メンバーが開催する勉強会、「好き」の共有などを主に行っています ヒトカナLabで<大事にしていることは> は以下の4つです。 1, Shared Leadership 2, 支え合い、叶え合う 3, 少しでも利益を生む 4, 越境

  • モヤトリアムプラン(U22)

    ¥300 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • もやもやをぶつけられます

    あんなのつぶやきを読み、あんなを推せるプラン

    ¥2,000 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 下沢杏奈を応援できます〜
    • 下沢杏奈の日記を読めます
    • 「荘」日誌

      • 62本
    • 描くを書く

    • ヒトカナLabマガジン

      • 15本

最近の記事

固定された記事

めんどくさい「過程主義」を愛する

函館の古民家に男女13人で住んでいる下沢杏奈です。先日私は23歳にしてぎっくり腰を患い、さらに風邪をひき、熱をだし、そして精神的に病んでいたため、顔がやつれ、さらに食べ物も受け付けてくれず、人間とは言えない状態になっていました。 約2週間、体調を崩しまくった結果、めんどくさい「過程主義」を提案するまでの過程をここに記しておこうと思います。めんどくさいけれど、最後まで読んでくださると何かに気づくかもしれないし、気づかないかもしれません!! 見えるものを求めた私私の体調不良の

スキ
93
    • 私たちは、それぞれだ。今も昔も、これからも。〜道南ユースマガジンeachへの思い〜

      どうも、しもざわあんなです。 東京に来て1ヶ月くらい経ちました。 東京でほぼ毎日感じていること、それは「ありすぎる〜!」です。 「ありすぎる」それは、東京に来た田舎もんがよくいう「ありきたり」な感想かもしれないですが、それ以外の言葉ではなんとなく違って….まさに、ありすぎる。がピンポイント。 古着屋さんも、ご飯屋さんも、電車の本数も、人も、体験できることも、学べることも…! だから、私は欲しいものや大切なものがなんなのか、わからなくなることがあります。 欲しいもの

      スキ
      21
      • ちょっと東京にいってきます

        窓を覗くときれいな空と山が見える。 本日は北海道の翼 AIRDOからお届け。 つい先ほど私の大切な3人が空港まで見送りしてくれた。zoomでも会えるし6月も函館に来るからって何にも寂しくなくて、涙さえ流さなかった。あんまり実感がないな〜、本当に自分今から東京に行くのかな〜なんてボーッとしている。 もうすぐCAさんがワゴンと一緒に「飲み物いかがですか?」と聞きにきてくれる。私は決まってリンゴジュースと答えると決めている。 私は、さっきもらったみんなからのお手紙を おもむろに

        スキ
        54
        • 僕たちはまっさらだった

          僕たちはまっさらだった。 なんにも持っていなかった。 地位も名誉も学歴もお金も、未来の希望さえも。 僕たちは未熟だった。 互いに依存して、互いをダメにしていた。 ただ、そこにあったのは、風呂・ストーブなしの築108年の古民家だ。  なんとなく掃除をしたり、パーっと飲んだり、なんでもないことを話したり。そうやって僕たちは、この古民家とともに育っていった。 僕たちは、何にも考えずにここまでやってきた。 苦しいこともあった。悲しいこともあった。 でも「うまくいく」の正解がなか

          スキ
          45
          • 私たちは、それぞれだ。今も昔も、これからも。〜道南ユースマガジンeachへの思い〜

            スキ
            21
            2か月前
            • ちょっと東京にいってきます

              スキ
              54
              3か月前
              • 僕たちはまっさらだった

                スキ
                45
                4か月前

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • 「荘」日誌

                • 62本

                函館市弁天町「旧野口梅吉商店ーわらじ荘ー」と「旧西浜旅館-みなも荘-」「旧中国茶屋−きらく荘−」に住んでいる荘民が発信する日々の日誌です。 毎日の生活を10年後も笑えるような、そんな手紙をここに書き連ねます。

              • 描くを書く

                • 1本

                「描く」ことを学びに落とし込むために「書く」ことをしてみる。

              • ヒトカナLabマガジン

                • 15本

                このマガジンは、ヒトカナLabが主催したイベントでの学びの共有や、メンバーが考えていること、持っている知見などを共有する場です。 多種多様なメンバーが集まり、アウトプットの性質も様々なので、このマガジンの読むことで、あなたの知識や視点の越境に、少しでも役に立てれば嬉しいです。 -------- 【ヒトカナLabとは?】 ヒトカナLabとは、「人を繋いで、ひとつなぎ。人のやりたいを、かなえあい。」をコンセプトに集まっているコミュニティです。 *「ヒトカナLao」 は「ヒトツナギ・カナエアイLab」略称。 イベント企画や運営、その後の振り返り、コミュニティ内メンバーが開催する勉強会、「好き」の共有などを主に行っています ヒトカナLabで<大事にしていることは> は以下の4つです。 1, Shared Leadership 2, 支え合い、叶え合う 3, 少しでも利益を生む 4, 越境

              • 「荘」日誌

                • 62本

                函館市弁天町「旧野口梅吉商店ーわらじ荘ー」と「旧西浜旅館-みなも荘-」「旧中国茶屋−きらく荘−」に住んでいる荘民が発信する日々の日誌です。 毎日の生活を10年後も笑えるような、そんな手紙をここに書き連ねます。

              • 描くを書く

                • 1本

                「描く」ことを学びに落とし込むために「書く」ことをしてみる。

              • ヒトカナLabマガジン

                • 15本

                このマガジンは、ヒトカナLabが主催したイベントでの学びの共有や、メンバーが考えていること、持っている知見などを共有する場です。 多種多様なメンバーが集まり、アウトプットの性質も様々なので、このマガジンの読むことで、あなたの知識や視点の越境に、少しでも役に立てれば嬉しいです。 -------- 【ヒトカナLabとは?】 ヒトカナLabとは、「人を繋いで、ひとつなぎ。人のやりたいを、かなえあい。」をコンセプトに集まっているコミュニティです。 *「ヒトカナLao」 は「ヒトツナギ・カナエアイLab」略称。 イベント企画や運営、その後の振り返り、コミュニティ内メンバーが開催する勉強会、「好き」の共有などを主に行っています ヒトカナLabで<大事にしていることは> は以下の4つです。 1, Shared Leadership 2, 支え合い、叶え合う 3, 少しでも利益を生む 4, 越境

              メンバーシップ

              メンバーシップをすべて見る
              • コロナになったことでわかったこと

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • あげた分しか返ってこない

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 勝ちたいきもち

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 幸せを取りこぼさないように。

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 言葉の力

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • コロナになったことでわかったこと

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • あげた分しか返ってこない

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 勝ちたいきもち

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 幸せを取りこぼさないように。

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 言葉の力

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります

              記事

              記事をすべて見る
                • 忘れないでいよう。私たちは、人を愛するために生きているのだ。

                  皆さん、お久しぶりです。 わたしはついに大学を卒業できました。わーい! 多くの人に支えられて今があります。ありがとうございます。 6年間も函館にいました。長い、テキトーに選んだ大学なのに、こんなことになるとは。高校の先生もびっくりです。笑 わらじ荘も3年目に突入し、ついに4月からわたしも函館を離れることとなりました。 今日は集大成のような言葉を連ねたいと思い執筆しています。 テーマはズバリ「わたしたちはなんのために生きているのか」です。前回のnoteの続編です。生きる意味

                  スキ
                  41
                  • 他人には他人のパレット、自分には自分のパレット

                    私には、世界が赤にも青にも、複雑な色にも見えることもあります。それは、私のパレットにいろんな色があるからです。はっきりした色もあれば、名前がついてないような変な色もあります。皆さんのパレットにはどんな色がありますか?たぶん、人間はみんなそれぞれパレットを持っているのではないかと考えました。そしてその色を使って、人生という絵を、描くんだと仮説してみましょう。(私の論であり、一般論ではありませんのでご了承ください) そして、そのパレットに色がたくさんあると、色んな良いことがあり

                    スキ
                    42
                    • こうして私は、なんで生きてるのかわからなくなった

                      ついに私はわらじ荘に住まないことになりました。今は車中泊をしたり、キャンプをしたりします。でもメインはもーりーさんというおばさんの家に居候させてもらっています。猫がとてもかわいいです。あとご飯が本当に美味しい。心も体も暖かくなります。 「わらじ荘」と言う場所を出るにあたって、今までのことをここに残しておこうと思った。だけどわらじ荘は要素がありすぎて、綺麗な言葉にできないのだ。暮らすということ・働くと言うこと・活動する・地域と関わる・人を知る・・・・もっとあるもっと、もっと沢

                      スキ
                      120
                      • 人生の学び舎「荘」という言葉を公の前で使うことを、今週のNHKをもって、やめます。

                        さて、下沢杏奈です。皆様、いつもお世話になっております。今日は、少し大きな報告をします。少しだけびっくりされる方もいるかもしれません。でも、本質は変わりませんので、誤解なさらないように。では、はじまりはじまり〜( ※NHKというのが前面に出ていますが、宣伝ではなく、ある意味の報告です。) 私は、函館の西部地区にあるわらじ荘というところで暮らしています。他にも、みなも荘・きらく荘というところを運営しています。5月ごろから今まで約6ヶ月〜1年くらい??の荘の様子をNHK北海道オ

                        スキ
                        90
                        • あ、やっと泣けたね

                          今日、私は、わらじ荘ではなく、函館駅前のホテルに泊まることにした。 帰りたくないわけじゃない。荘メンバーのことは大好きだ。特別何かあったわけじゃないけど、ホテルに泊まることにした。自分の何かが、そうしろと言った。 先日から、実は荘、卒業ラッシュを迎えている。この春から、何名か飛び立っていく。昨日は荘民の日で、みんなにそのことを伝えた人がいる。知らなかった人、少し聞いていた人、様々だったと思う。私は、みんなの卒業を聞いてから、とにかくとにかく、沢山、考えた。そう、感情じゃな

                          スキ
                          27
                          • わらじ荘、誰かコロナになったら全員濃厚接触者(⁉︎)問題について

                            こんにちは。わらじ荘の下沢杏奈です。みなさん、この世界のコロナ問題はとてつもなく大変な状況ですね。私たちが教科書で聞いたリーマンショックとかバブル崩壊とかの状況のように世界が大変なことになっている真っ只中にいることはわかるのです。もちろん命の危機があるというのが少し違うけれど。 私たちがここにすみ始めたのは2019年の10月です。そのころはコロナのコの字の一つもなくて。当時のバイト先のパートの方に「ねえ。コロナって知ってる?」って言われて、「そんなのあるんだーたいへーーん」

                            スキ
                            18
                            • 「生きる」ことと、「生きながらえる」ということ

                              この文章は、好きなことだけで生きられる!って行動せずに思っているだけの人、「好きなことして生きていきたい!」と子どもに急に言われた親御さんと、自分のやっていることで生きられない!どうしようと思っている人に、愛を持って捧げます。 私は北海道教育大学に通う大学5年生である。私は石川県から進学を機に函館にきた。しかし、ひょんなことから古民家でシェアハウスを始めた。シェアハウスという名前が嫌で人生の学び舎「荘」に途中で改訂した。あの頃はやりたいことだけで、生きていけると信じていた.

                              スキ
                              51
                              • 描くことを書く プロローグ編

                                私には実は4年間続けている癖があるんです。 それは「描く」ということ。この「描く」行為を今回、「書こう」と決意した。 ご存知の通り、恋人も住まいもたくさん変わっている私が4年間、唯一続けられたことは、ノートを広げ、ペンを走らせるという行為だけ。 飽き性な自分はなんで描くことだけ続けられたのか。私はこの謎が解けたとき、私が気づいていない潜在的な自分に気付けるかもしれないと思ったのでnote.に書いてみることにした。 今回の章はプロローグとして目次を書いておく。 ノートと

                                スキ
                                9
                                • 日本全国スミビラキ倶楽部発足。

                                  〜まちのおんどをちょっとあげる〜          機能的・効率的な街並み、どこも同じに見える町並みのなかで一体私たちは次世代に何を残していきたいのだろうか。 昔は当たり前に街に溢れていた人と人のつながりや、まじわりから生まれるまちの賑わいを取り戻したい。だから私たちは街に置き去りにされた建物を再生させ解放し、地域に根付き、そしてまちと「想い」を分かち合える交差点をつくりたい。 その交差点はヒトとヒトが交わる"接触点“を生み、そして「まちのおんどをあげる」だろう。まちのおんど

                                  スキ
                                  31
                                  • 代表なんて、向いてないと思い込んでいたわたしを変えた最強の2人

                                    私は従来からリーダーというものを任されることが多い。 だけど、私はリーダーになっても、なんだか向いていないと感じていた。 人生の学び舎「荘」も、みなさんご存じの通り、私が代表としてやってきた。しかし、代表なんて向いていないと思っていたし、代表という役割に限界を感じていたのは最近ではない。かなり前から私はリーダーというような役に向いていないのではないかと、感じていた。 悩みの種と解決策そんな私の悩みを引き出してくれたのは、函館近郊に住むある素敵な夫婦である。 二人はわらじ荘

                                    スキ
                                    26
                                    • もやもやから逃げるなよ、自分。

                                      ーーーーー拝啓 自分探しの旅にでた過去の自分へ。旅にでて、自分を見つけられましたか?自分とは「なにか」分かりましたか?たぶん、答えは見つからなかったでしょう。だって今の私も自分が「なにか」だなんて分かっていないのですから。ひとつだけ言いたいことがあります。それは、自分を探しても、探しても、結局はあなたの心の中にしか自分なんてないんだよ。ということーーーーー もし、過去の自分に手紙を送ることができるのなら、私はこんな手紙を送ります。自分をさがしていたあの頃、先進的なあの国に行

                                      スキ
                                      25
                                      • 足並みなんて、揃えなくていいじゃん。もうそろそろ「みんな一緒」から脱却しませんか。

                                         現在、私は函館市弁天町の古民家を「わらじ荘」と名付け、大学生で共同生活をしています。住みながら飲食店をやったり、イベントを企画しています。わらじ荘に入居者希望者が後を絶たないので、二軒目をオープンすることになりました。このまだ名も無い〇〇荘を開くに当たって、わらじ荘での失敗と、これから「荘」という場で大事にしたいことを記しておきます。 いいかんじのバラバラ感わらじ荘に住む人は、各々で、自分のやりたいことをやりたいだけ行なっています。だからアクティブにみえる子も居れば、あえ

                                        スキ
                                        44
                                        有料
                                        500