【2-2(1)】 循環器系 - 心臓 解説
見出し画像

【2-2(1)】 循環器系 - 心臓 解説

↑ 解剖学マガジン記事一覧(目次)

【2-2循環器系 - 心臓】
 ■【2-1(0)】プリントダウンロードページ
 ■【2-1(1)】心臓 解説(このページ)
 ■【2-2(2)】心臓 一問一答
 ■【2-2(3)】心臓 国試過去問演習

 → 【2-3 動脈系】

💡かずひろ先生の解剖生理メルマガ💡
毎日届く国試過去問解説や勉強法、オンラインセミナー情報などお届け

− 学習のポイント −

1. 心臓の位置と縦隔について
心尖部の位置(左第5肋間 鎖骨中線付近)、縦隔

2. 心膜
線維性心膜、漿膜性心膜(壁側板、臓側板)、心膜腔(漿液で満たされる)、心タンポナーデ

3. 心臓の壁 
心内膜 (単層扁平上皮)、心筋層 (心筋)、心外膜、介在板、機能的合胞体、左心室が最も厚い

4. 心房と心室
大静脈→右心房→三尖弁→右心室→肺動脈弁→肺動脈/肺静脈→左心房→僧帽弁→左心室→大動脈弁→大動脈
前室間溝、後室間溝、冠状溝

5. 心臓の弁膜
房室弁(右:三尖弁 左:僧帽弁(二尖弁) )、動脈弁(右:肺動脈弁 左:大動脈弁)
※房室弁は左二右三・腱索と乳頭筋、動脈弁は半月弁

6. 刺激伝導系
洞房結節、房室結節、房室束(ヒス束)、左脚・右脚、プルキンエ線維

7. 心臓の血管
左冠状動脈(前室間枝、回旋枝)右冠状動脈 (後室間枝)、冠状静脈洞

■ YouTube 心臓 解説

■1. 心臓の位置と縦隔について

▶ 心臓は血液循環の中心

循環器系-21-01-体循環と肺循環-図

心臓は血液を送り出すポンプとして働く血液循環の中心臓器です。まず全体をとおして見て、右心が静脈血、左心が動脈血だということを抑えると理解しやすいです。そして心房は血液を受け取る場所、心室が血液を送り出す場所となります。

 心臓は血液を送り出すポンプとして働く血液循環の中心臓器。心臓はイチゴのような形で、下部の尖っているところ心尖、上部の太い血管が出入りしている部分が心底といいます。

肺と心臓-HL1

こちらは肺と心臓の全体像です。まず前面よりみてみます。左右の肺に挟まれた領域を縦隔といいます。心臓は縦隔の中部に位置します。

心臓は心嚢という内外2層の膜に被われています。心嚢の外側は線維性心膜、内側は漿膜性心膜と言われます。この図は外側の線維性心膜を薄く切開し、心膜に分布する血管を剖出したものです。この奥に漿膜性心膜があります。

縦隔は心臓を基準(中部)として、上か前か後ろかで区分します。心臓の上部にある左右の腕頭静脈や上大静脈、大動脈弓、腕頭動脈、左総頚動脈、左鎖骨下動脈などは縦隔上部です。

ちなみに肺は左肺が上葉・下葉の2つに分かれるのに対し、右肺は上葉・中葉・下葉の3つに分かれます。心臓の房室弁も左房室弁が二尖弁、右房室弁が三尖弁です。二尖弁は僧侶の帽子ににているので、僧帽弁と言われます。肺も房室弁も左二右三(サニウゾウ)と覚えると、まとめて覚えられておトクです。

後面からの図をみてみます。左右の肺の間に気管・気管支が走行しています。食道を除いているので気管後壁である膜性壁が見えています。気管支は心臓の裏に位置するので、縦隔後部で、気管は心臓の上なので縦隔上部に位置します。

後面から心臓を見ると、左右から2本ずつの肺静脈が左心房へと流入している部位が見えます。

肺と心臓・肺動脈・肺静脈-HL2

こちらは心臓に出入りする肺動脈・肺静脈とその枝を丁寧に剖出した図です。

まず位置関係で大切なのは、心臓に出入りする血管で一番手前に位置するものは肺動脈幹です。心臓は上が心房、下が心室で、さらに左右に分かれていますが、肺動脈が一番手前なので、右心のほうがやや手前に来ていることになります。

心耳は心房の一部ですが、正面からみた場合、右心耳のほうがより前面にせり出してきていることがわかります。左右の心室を隔てる前室間溝はやや左に寄っています。そして後面から見ると、左心房が正中面にきていることがわかります。

上からみて、少し捻りを加えるように右が前にくると、左が後ろにきます。心臓全体としてそのような位置関係となっています。心臓全体としては右前なのですが、冠状動脈は左前(左冠状動脈が前室間枝となる)であることに注意が必要です。

まずは心臓と肺を俯瞰して、少し細かい位置関係もみていきましたが、心臓自体について、基本的なことから再度みていきます。

▶ 胸郭と心臓の位置関係
 (心尖部は左第5肋間 鎖骨中線付近)

循環器系-221-03-心尖部は左第5肋間-図

この続きをみるには

この続き: 11,500文字 / 画像31枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
この大変な時代に医療従事者を目指す方々へ。時代は変化していますが、いつの時代でも大切なことは不変です。それは勉強を続けること。今日という日、今という時間を大切にすること。解剖学は医学の最も基礎となる学問です。

あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師をはじめ、柔道整復師、理学療法士・作業療法士や看護師、医師を目指す方々の解剖学国家試験対策のマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
黒澤一弘

私の知識やスキルなどが、どこかの誰かのお役に立てることはとても嬉しいことです。ありがとうございます。

ありがとうございます。励みになります!
【なるほど解剖学】主宰。製薬会社医薬学術部→バックパッカー→解剖学講師・あん摩マッサージ指圧師・同教員資格・解剖学非常勤講師・相模大野 つむぐ指圧治療室 代表。こころをこめた指圧で地域に、解剖学で全国に貢献していきます https://www.anatomy.tokyo/