見出し画像

最近の妹子俳句

天海 悠


たまにはUPしないとnoteのことを忘れそう!
しかし、妹子の俳句がここまで続くとは思ってなかった。

UPしていないものも合わせて、300句ぐらいになっている。
句の数が365になったら、一年分といって見せてやろうと思います。




この最後の、「うずまきの」~は、自由律だと妹子が自分で言っていたのだけど(概念を覚えた)、あとで考えて、もしかするとこれは詩ではないかな?と思った。


【去年6月】

さえずりよ みみにききいり あじさい路

わたゆきか あじさい色の くもの上

つつじ咲く 雲をすいとり そだつ花

くらやみに ひかるほしぼし 月のかげ

くらやみの 月のひかりに かすむほし

たんぽぽの 花待つかざり ふゆざむさ

ありを追い みちびくかなた とおざかる

すずむしに なかれなかれて よるの秋

おわり見え はしりとどめる みずべみち


去年の6月ごろにまとめて詠んでいたものを、そのままにしていた。
(雲をすいとり そだつ花、が好きかな...)

ご覧のとおり、6月に「秋」なんて詠んでいるあたり、妹子の季節感はめちゃくちゃ。ただ、イメージが浮かぶままに言葉をつなげている感じ。でもそれで形になっているので、いいか、と思う。


ゆうがおや まつりまつりにおくれつつ
かすかなひかりに みをよせりけり

妹子「お花の盛りに見向きもせずに、お祭りはさっさと進んで行くでしょ。花のさかりをはずしてるでしょ。お祭りが過ぎた後に、花はひっそり咲くんだよ」




【妹子俳句 亜種】

保存ミス きえてなくなる かなしみに

(わ、わ、わかる...!!!)

すぎさりし むかしのはなし まだつづく

(は、は、腹立つ…!!!)

親として こどものなみだをたずねては おもちゃかわない ままのいじわる

(これはスーパーで泣いてる小さなお子さんを見て作っていたものです。私ではない。私では。)


【妹子 詩】

はすの庭
藤のかたわら
石だたみ
じゃりの音

蜘蛛の窓
鯉のたわむれ
はとのまばたき
まだ秋のはじまり




>>細々やってるHP
>>レビューブログ
>>児童書ブログ
>>なろうのマイページ
>>Twitter(@mwagtail30)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
天海 悠

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

天海 悠
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #オリジナル小説 #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP「オニグルミの森」 https://cappella.mitsu-hide.com/