見出し画像

熊千代の奇妙な願い(鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語 2)

天海 悠



※(画像で、縦書き・加筆つき全文を公開しています)


目次 鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語

前回のお話 第一話「庭師の嫌な予感」



熊千代の奇妙な願い



 織田家の小姓、細川家の熊千代くまちよは岐阜城で行われた茶器判別の勝負に勝ち、信長にたいそうめられた。

 元亀四年(1573)、十一月の冬の日のことだ。
 横に控える信長の嫡男、信忠のぶただもにこやかに言う。

「父上もさぞ、鼻を高くされるであろうな」

 熊千代は頭が床につくほど、勢いよく一礼した。些か元気が良すぎるきらいはあるが、作法にすぐれ、十歳の若輩とは思えないほど堂々としている。

「褒美を取らそう。何が良いか?」

 信長はぱらりと広げた扇子で顔を隠し、熊千代の頭の上にからかうようにささやいた。

「どうだ熊千代、おなごでも良いのだぞ」

 扇子がゆっくり差し向かいの部屋向こうに見える、きらびやかな侍女たちを指す。

「好きな者を申さば、暮れてやらぬでもない」

 庭と廊下を隔てた扇子の向こうの内緒話は聞こえずとも、何かしら気配を察したものと見え、かすかなざわめきが起きて、侍女たちは笑った。ふと吹き付けた風に花びらが舞い散るような華やかさだった。

たわむれでも面白うございます」

 信忠も、父の余興に笑った。
 十六歳の清々しさ、勇猛でありながら父信長よりも穏やかで優しさの残る雅《みやび》な青年だ。

「さて、熊千代は誰を第一の美女と思し召すのかな」
「どうだ、目当てはいるか?遠慮のう言うてみよ」
「はい!」

 顔を真っ赤にして、熊千代は頭を深く下げた。

「明智の珠子たまこ殿を頂きとうございます!」

 信長の顔から笑顔が消え、困惑というよりは虚を突かれてぽかんとする。
 それから嫡男と顔を見合わせた。

「ここに左様な者はいたか?」
「おりませぬ」

 明智の娘とな。珠子だと?
 信長は首をひねる。突然この少年が何を言い出したのか、よく合点がいかなかった。

「それは明智十兵衛殿の娘御であろう。確か三女と存じます」

 後に控えていた信長づき小姓の万見まんみ仙千代が口を添えた。

「年も十で熊千代と同じ、たいそう利発な娘御と評判でございます。細川と明智の間柄、日頃から仲良うしているのではありませぬか?」

 それで合点がてんがいった。
 おのれが想いを寄せる娘を嫁にもらいたいと、そう言っているのか。

 この戦乱の世にあって、婚姻は特別な意味を持ち、意思や恋愛の入る要素はない。子供としても奇異な頼みだ。

 だが仙千代の言うとおり、明智と細川は特別に近しい。

 互いに館を行き来して親しく見知り、想い合っているのではないかと信長は推測した。悪い縁談ではない。支障があろうとは思われなかった。

「その娘と何ぞ、約束でもあるのか?」

 感情が激しやすい熊千代の顔が真っ赤にふくれ上がり、気色ばんで怒ったように言う。

「父上は、だめじゃと仰せられました」
「藤孝は反対か。十兵衛が断りでもしたか?」
「明智様は何も知りませぬ。父曰く、そもそも縁談とは親が決めるもの。子供から言い出すなど言語道断の振る舞いにて、また珠子殿は明智様にとっては特別な娘御むすめご、お前なぞより余程よい先を探しているであろうとの、仰せでした!」

 頬がぴくぴく動くのを隠しもせず、熊千代は真正面を向いてはっきりと大声で言う。この直情的な少年が信長は可愛いと思った。

 眺めていると、顔が歪んで不安いっぱいの顔をしている。十ともなれば、そろそろ縁談の話が入り始める頃だ。
 若年なりの精一杯の恋をしているのであろう。

「わかった。心配するな。わしに任せておけ」

 付け加えて言った。

「藤孝には熊千代が頼みと漏らさぬゆえ、お前も黙っておれよ。やはりこいつはな、ちと外聞が悪い」

 ◇

「それはな、親父どのが怒るも無理はない。はしたなき真似ぞ」

 主君である信忠にさとされて、熊千代は膝頭に拳をつき、首は落ちそうなほどうなだれていた。

 当時は立派な大人と見做されてはいても、信忠と言えどまだ十六歳、数えで十七の若い少年だ。

 信忠の許婚は、武田信玄公の娘である松姫だ。
 ちょうど一年前の今、三方ヶ原の戦があってから輿入れの話は途絶え、破談になったと見なされている。

 信忠は若干、皮肉な調子でからかった。

「それで、ふみでもやりとりしておるのか?一人前に」
「文などしたこと、まったくありませぬ!」

 そこは威張る所なのだろうか。

「十兵衛殿の所で会うたのか。坂本の城でのことか」
「いいえ」
「その娘はおまえのことを知っておるのか」
「まったく、知りませぬ!」

 これはどうも、おかしなことになってきた。

 ◇

 信忠からこの話を聞いた信長もまた、狐につままれたような顔をした。

「何?会ったこともない。話したこともない。その娘は熊千代を知らぬ。どういうことなのだ」
「さあ…」

 信忠も仙千代も首をひねっている。

「熊千代にはこのこと、誰にも言うまいぞと釘をさしまいた。……したが、如何致しましょう?」

 信長は息子に聞いた。

「熊千代は信忠が小姓。おまえはどう思うのだ」

 信忠は父がやはり、同じことを考えているのを悟った。
 主の祝言が棚上げであるのに構わぬか、と問われているのを感じた。父にはこのように、思いもかけず心遣いが細やかな所がある。

 信忠はもう一度松姫のことを考えた。
 自分も、文は交わしているとはいえ、一度も顔を見たことのない娘をこのように恋うている。もし、苦しい想いをしている者がいるのなら、叶えてやりたいと思った。

「よい縁かと存じまする」

 熊千代は運が良い。

 信長はことのほか機嫌がよかった。
 去年の今頃はどうなるかと思ったが、その後、信玄の身に何らかの異変が起きた。死んだという噂もある。結果、信長は義昭を追放することが出来た。
 続いてついに浅倉、浅井を討ち取った。
 長島の一向一揆もねじ伏せた。

 何もかもよい風が拭いている。
 信長は幸せだった。誰にも、何でも言うことをきいてやりたい気分だった。
 藤孝には山城国長岡一万石を加増したし、明智には近江五万石を与え、家臣団の筆頭に置いた。

 この正月に公表しようとしている、いくつかの話と一緒に進めてやろう。
 あの勇猛な坊主は、深く恩を感じて、よい若駒に育つかもしれぬ。そうだ、そろそろおいの津田坊にも嫁を決めてやらねば……。

 このとき、肝心の明智珠子の意思などどこにもなく、命じられれば当たり前のように従うと、この場の誰もが疑いもしない。

 ◇

 翌年、正月の年頭挨拶に、信長は筆頭家老の林佐渡守(林秀貞)を通して率直に切り出させた。

「細川殿、上様はそなたの嫡男を明智殿の三女と目合めあわせよとのご意向なれば、万事よしなに整えらるるよう」

 細川藤孝は居住いずまいを正すと、思わず眉を寄せた。
 寝耳に水と驚いている顔を見て、林は奇妙に思う。事情など何も知らなかったが、敵同士でもなくば知らぬ仲でもない両家なのに、このような反応はいささか心外だった。
 相手は静かに礼を返して重々しく言う。

「熊千代は、手のつけられぬ生来の乱暴者にて候えば」
「はて、御辞退したいとでも申せらるるか?」
「まことに恥ずかしき限りながら、並の剛勇(乱暴)ではありませぬ」
「辞退とは……上様の仰せであるのに」

 林は困って左右を見、扇子を出して仰いで、さらに尻を動かした。
 藤孝は背筋を伸ばして、真正面から家老に向かい合った。

「ご家老様は、十兵衛殿のご息女をご覧になったことはおありか?」
「いや」
「噂は届いておりませぬか」
「噂とは?」
「天性の麗質にて、無上のたおやなれば、熊千代ごときにはまことにもったいなきことと存ずる。もし何かあれば十兵衛殿に申し訳が立たぬ」

 何かとは何であろうかと思うが、熊千代のことならば林も多少は見聞きしている。
 もしその明智の三女が無上のたおやであるというならば、細川の嫡男、熊千代は無類の短気な癇癪かんしゃくもちで有名だった。細川の家中では持て余されていると聞く。

 かといって、殿上ではそれなりに弁えて勤めているように見えるし、そこらに暴れ牛がごろごろしているような織田家中のこと、熊千代など影に隠れてさほど目立たない。
 しかし、そこまで言うならよほど心配なのであろうと、林は一度この話を引き上げた。

 ◇

「与一郎(藤孝)が断るとな?」

 信長が不愉快そうに扇子で床を叩いたので、鋭い音が部屋に響き渡った。
 近習も思わず首をすくめる。

「何をばかな、熊千代はそんな慮外者りょがいものではない。情もあれば性根もある。短気や乱暴など欠点のうちに入らぬわ!それをしつけるのが親の勤めであろうが、再三行って重ねて命じよ。主命と心得るよう説得すべし」

 どうにもせぬ顔の林が首を捻りながら退出するのを見ながら、信長は藤孝の顔を思い浮かべた。

 明智十兵衛はともかく、細川藤孝について信長も思う所がある。信長を京へ招いたのも、義昭の企みをいち早く知らせて来たのもほかならぬ藤孝なのだ。
 有難いと思いもすれば、真っ向から楯突いて裏切るというよりも、形勢を見た挙句にいち早く優位の方に向かうと言った類い、機を見るに敏と言いえば聞こえはいいが、どこかで油断のならぬ奴という心もある。

 その点、実直さ、誠実さ、綿密な計算に基づく確実な実行力といった点では、信長ははるかに明智十兵衛光秀の方を買っていた。

 明智は命じれば従う。必ず、やってのける。
 あの男は物静かに見えて何処か、いざとなった時、爆発的に発揮される秘めた容易ならぬ底力がある。

 藤孝には血筋、産まれのしがらみがあった。本家の兄とたもとを分かって覚悟を示したのは確かだが、本人も一歩引いて慎重に徹しており、何が何でも頭ひとつ抜けたいとは思っている様子はない。

 信長にはどうでもいいことだ。
 使える者を使う。だが何でも良いというわけではない。

 ◇

 藤孝は居城である勝竜寺城に戻り、奧屋敷に足を踏み入れた。

「熊千代は戻っておるか?」

 休みをもらい、宿下がりしているはずの熊千代だが、若い家老の松井康之やすゆきの困った顔を見、いつも熊千代についている有吉ありよし四郎右衛門がいないのを見ればすぐにわかる。

 親の顔を見れば説教されるのがいやで、城内にもさして寄り付かず、すぐに姿を眩ませてしまうのだ。

 勝龍寺城は平城でさほど広くない。
 藤孝の百芸を好む性分もあって、限られた部屋にはありとあらゆる書物と芸事の品が至る所に積み上げられていて、いつまでたっても片付く気配がない。
 妻の麝香じゃこうを呼びにやろうかと思ったが、思いとどまる。

 自分から奧へ向かった。

 廊下を渡る前からもう聞こえていたが、号泣する七歳の頓五郎とんごろう(後の興元おきもと)が現れた。さらに奥に進むと、怒って真っ赤な顔をした娘の伊也いやがおり、これは五歳だ。

「兄上が、兄上が!破って!投げた!」

 と、父の裾に取り付き、手習いの紙を指差して父にしきりと訴える。

 騒動の際に突き飛ばされたらしき二歳の赤ん坊は庭に落っこちており、頭にはこぶが出来ている。乳母が必死にあやしているがこれも上体を弓なりにのけぞって、胸が張り裂けるほど号泣していた。

 この凄まじい騒ぎの真ん中で、藤孝の妻の麝香じゃこうが、鬼のような形相で仁王立ちしている。

「なぜ左様に乱暴をするかと雷をくれたら、飛び出して行きおりました」
「また、これらを泣かしたのか」

 がっくりしたように藤孝は肩を落とした。
 信長家の家老に応対した水際だった礼儀正しさなど、完全に消えている。

 熊千代が小姓勤めをするようになってからここの所、城内が静かであったのが嘘のようだ。
 藤孝はその場に座り込み、深いため息をついた。

「あれが信忠さまのもとで、上手くやれているというのがわしにはどうしても信じられぬ」

 今度はまた、一段と厄介な話が舞い込んで来た。
 藤孝は困り果てた顔でつぶやいた。

「嫁取りだと?あやつがか?天地がひっくり返ってもありえぬわ。わしには想像もできぬ!」




第二話終わり


次回のお話 第三話「藤孝、困る」

目次 鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語


有料部分特徴(今回は無料公開しております)

購入して下さった方には、基本まったくおなじ内容ではありますが、以下の部分から、縦書き・ルビつきバージョンを画像ファイルでお読みいただけます。


▽画像ファイル

・縦書き文庫風表示(画像)
・ルビつき
・流血表現などに多少加筆あり
・風景表現などに多少加筆あり(基本、内容に変わりありません)
・マニア向け。細川→長岡・羽柴、光秀→日向守、など、出来る限り再現。(限度あり)


>>細々やってるHP
>>レビューブログ
>>児童書ブログ
>>なろうのマイページ
>>Twitter(@mwagtail30)


画像(無料公開。縦書き・ルビつき・加筆有り)


画像は、最初のひとつをクリックすると、スライド式に読むことができます。


画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像26

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

画像24

画像25

画像26



次回のお話 第三話「藤孝、困る」

目次 鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
天海 悠

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

天海 悠
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #オリジナル小説 #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP「オニグルミの森」 https://cappella.mitsu-hide.com/