内藤 晃

ピアニスト。おんがくしつトリオ主宰。月刊音楽現代にコラム「名曲の向こう側」を連載。楽譜やCDの解説多数。新しいこと、面白いことを追い求めて音楽活動をしています。http://akira-naito.com/
    • ディレクターのひとりごと
      ディレクターのひとりごと
      • 2本

      新しく立ち上げたsonoritéレーベルのプロデューサー&ディレクターとして、CD制作の裏側をつぶやきます

    • 読書案内
      読書案内
      • 3本

      作曲家の一次資料(手紙、弟子の証言など)を読み解き、その音楽へのアプローチの橋渡しをします。

    • 名曲よもやま話
      名曲よもやま話
      • 8本

      名曲にまつわる知られざるエピソードをご紹介します。あの名曲が違う意味をもって聴こえてくるかもしれません。

    • ピアニスト解剖
      ピアニスト解剖
      • 2本

      ピアニストだから書けるディープなピアニスト評をめざしています。

    • 知られざるベートーヴェン
      知られざるベートーヴェン
      • 12本

      ベートーヴェン生誕250年にちなんで、知られざるベートーヴェンの素顔を気ままにご紹介していきます

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

シューマンとショパン

「諸君、帽子をとりたまえ、天才だ」といってオイゼビウスが楽譜を一つ見せた。表題は見えなかったけれども、僕はなにげなくばらばらとめくってみた。この音のない音楽の、…

CDのPVをつくってみた

わたしのプロデュースで、大内暢仁氏のCD制作を進めています。2月発売予定ですが、それに先立ち、PVを制作し公開しました! 曲はブクステフーデのアリア・ラ・カプリチョ…

クララ・シューマンの弟子たち

音楽之友社から、ブラームス演奏にかんする論文集「ブラームスを演奏する」の邦訳が出た。 ​自分は曽我大介先生に勧められ、ベーレンライター社の原書で読んでいたが、初…

レコーディングの裏側

突然ですが、新レーベルsonoritéを立ち上げ、CDのプロデュースを始めます。 記念すべき第一号は、ピアニスト大内暢仁氏のバロック・アルバム。バッハ以前の北ドイツのバ…

レッスンでのZOOM活用法

この災禍のなかで、やむを得ずビデオ通話アプリを利用したリモートレッスン…細かいニュアンスが伝わらず、ストレスを溜めていらっしゃる先生方も多くいらっしゃると思いま…

亭主関白になれなかったシューマン

 ピアニストとしてすでに名声を得ていたクララと、新進の音楽評論家として雑誌《音楽新報》を創刊したローベルトは、いわゆる「格差婚」カップルだった。恋人時代から、手…