オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー

結婚式や企業の節目など、人生に光をあてたお祝い機会のプロデュース | 過去の棚卸しと感情の可視化をするライフデザインメソッド #ライフログスクール 代表 | オンラインサロンONDO 主宰 | 初著書 #人生肯定 を出版 ▶︎https://lit.link/akinaorr

オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー

結婚式や企業の節目など、人生に光をあてたお祝い機会のプロデュース | 過去の棚卸しと感情の可視化をするライフデザインメソッド #ライフログスクール 代表 | オンラインサロンONDO 主宰 | 初著書 #人生肯定 を出版 ▶︎https://lit.link/akinaorr

    マガジン

    • 「ライフログ講座」 参加者の声レポート

      このマガジンは、オア明奈が実施した「ライフログ講座」を受講した方がアウトプットくださった方の記事をまとめさせて頂きました!このマガジンを読めば、「ライフログとはなに?」をいろんな角度から知っていただけると思います^^

    • ライフログスクール修了生の最終日note

      これまでの人生を棚卸して、自身の価値観を言語化するライフログスクール。 2ヶ月のプロセスでスクール生たちが何を感じ、どのような意志を仲間に表明して、人生の舵を切る一歩を踏み出したのか。スクール生が書いた最終日のnoteだけを集めました。その人のストーリーが気になった方はぜひそのスクール生のnoteを遡ってストーリーを読んでみてください。

    • 初著者「人生肯定」全文公開

      【初著者 「人生肯定」全文公開】 この本は、世の中にまだ言語化、浸透していない「人生肯定」 という考え方を、まずは自分たちの手が届く範囲の必要としている人たちへ届けたい。そしてその輪が人から人へ広がることで一つの温かいムーブメントになってほしいという願いを込めて、あえて出版社を通してではなく、クラウドファンディングでの自費出版 / 数量限定の予約販売の形を取らせて頂きました。 すでに本は完売。でもきっとそれぞれのタイミングでこれからも「人生肯定」という考え方に出会う人がいて、その人たちが人生を肯定し一歩踏み出すきっかけはどこかに置いておきたいと思い、noteにて全文公開することにしました。 2022年2月14日「目次・はじめに」の公開を皮切りに、2022年12月までに月1で1章ずつ全文公開します。12月にはこの全文公開に合わせた新章を書き下ろしたいと妄想してます。どうぞ、お楽しみに。

    • オア明奈のキャリア論

      • 「ライフログ講座」 参加者の声レポート

        このマガジンは、オア明奈が実施した「ライフログ講座」を受講した方がアウトプットくださった方の記事をまとめさせて頂きました!このマガジンを読めば、「ライフログとはなに?」をいろんな角度から知っていただけると思います^^

      • ライフログスクール修了生の最終日note

        これまでの人生を棚卸して、自身の価値観を言語化するライフログスクール。 2ヶ月のプロセスでスクール生たちが何を感じ、どのような意志を仲間に表明して、人生の舵を切る一歩を踏み出したのか。スクール生が書いた最終日のnoteだけを集めました。その人のストーリーが気になった方はぜひそのスクール生のnoteを遡ってストーリーを読んでみてください。

      • 初著者「人生肯定」全文公開

        【初著者 「人生肯定」全文公開】 この本は、世の中にまだ言語化、浸透していない「人生肯定」 という考え方を、まずは自分たちの手が届く範囲の必要としている人たちへ届けたい。そしてその輪が人から人へ広がることで一つの温かいムーブメントになってほしいという願いを込めて、あえて出版社を通してではなく、クラウドファンディングでの自費出版 / 数量限定の予約販売の形を取らせて頂きました。 すでに本は完売。でもきっとそれぞれのタイミングでこれからも「人生肯定」という考え方に出会う人がいて、その人たちが人生を肯定し一歩踏み出すきっかけはどこかに置いておきたいと思い、noteにて全文公開することにしました。 2022年2月14日「目次・はじめに」の公開を皮切りに、2022年12月までに月1で1章ずつ全文公開します。12月にはこの全文公開に合わせた新章を書き下ろしたいと妄想してます。どうぞ、お楽しみに。

      • オア明奈のキャリア論

      • すべてのマガジンを表示

    最近の記事

    固定された記事

    はじめまして、"オア明奈"とはこういう者です。【過去noteで自己紹介】

    こんにちは。オア明奈です。 仕事において、社名とか所属、役職といった肩書きは、いよいよほんとに重要じゃないのでは?と感じる今日この頃。とはいえ最近メディア出演やイベント登壇のご依頼が増える中、「はじめまして」の際に見て頂く個人HPのようなものは作っていないので、「オア明奈ってどんな人?」ということを知っていただけるように、私を表す6つのキーワードに沿って、過去のnoteをまとめる形で自己紹介とさせてください。 モリモリのボリュームなので、目次をみて気になるキーワードをピッ

    スキ
    61
      • 「人生肯定」全文公開【第4章 固定概念を手放して、人生をデザインしよう 】

        初の著書「人生肯定」出版から1年。毎月14日に1章ずつ全文公開しています。--------------- はじめに 第1章 人生にはおやすみも必要 第2章 足りないものを埋める為に人生を使っていないか カウンセリングコラム①② 第3章 一生懸命に駆り立てられる人生の根っこにあるもの 第4章 固定概念を手放して、人生をデザインしよう 第5章 パートナーシップと人生の深い関係 カウンセリングコラム③ 第6章 「人生肯定」を、今ここからはじめるエッセンス 特別対談 あとがき 巻末付

        スキ
        11
        • 人と、空気と、温度を、編んでいく人でありたい。

          2022年、大きな変化の渦中にいる。 それは「自分自身の変化」の渦中という意味でもある。 ここのところあまりに変化の多い日々の中で、「書く」ということが完全におざなりになっていた。なので、今日は15分だけ自分に書く時間をあげてみようと思う。(よーい、スタート!) 最近ふと、自分は場に、人と空気と温度を編んでいく人でありたい、と思うようになった。 今年に入って新しいプロジェクトがどんどん動き出していて、目まぐるしくも幸せで、慌ただしくも地に足つけて未来をつくってる感覚。

          スキ
          19
          • 「人生肯定」全文公開【第3章 一生懸命に駆り立てられる人生の根っこにあるもの】

            初の著書「人生肯定」出版から1年。毎月14日に1章ずつ全文公開しています。--------------- はじめに 第1章 人生にはおやすみも必要 第2章 足りないものを埋める為に人生を使っていないか カウンセリングコラム①② 第3章 一生懸命に駆り立てられる人生の根っこにあるもの 第4章 固定概念を手放して、人生をデザインしよう 第5章 パートナーシップと人生の深い関係 カウンセリングコラム③ 第6章 「人生肯定」を、今ここからはじめるエッセンス 特別対談 あとがき 巻末付

            スキ
            25

          マガジン

          すべて見る
          • 「ライフログ講座」 参加者の声レポート

            • 55本

            このマガジンは、オア明奈が実施した「ライフログ講座」を受講した方がアウトプットくださった方の記事をまとめさせて頂きました!このマガジンを読めば、「ライフログとはなに?」をいろんな角度から知っていただけると思います^^

          • ライフログスクール修了生の最終日note

            • 18本

            これまでの人生を棚卸して、自身の価値観を言語化するライフログスクール。 2ヶ月のプロセスでスクール生たちが何を感じ、どのような意志を仲間に表明して、人生の舵を切る一歩を踏み出したのか。スクール生が書いた最終日のnoteだけを集めました。その人のストーリーが気になった方はぜひそのスクール生のnoteを遡ってストーリーを読んでみてください。

          • 初著者「人生肯定」全文公開

            • 6本

            【初著者 「人生肯定」全文公開】 この本は、世の中にまだ言語化、浸透していない「人生肯定」 という考え方を、まずは自分たちの手が届く範囲の必要としている人たちへ届けたい。そしてその輪が人から人へ広がることで一つの温かいムーブメントになってほしいという願いを込めて、あえて出版社を通してではなく、クラウドファンディングでの自費出版 / 数量限定の予約販売の形を取らせて頂きました。 すでに本は完売。でもきっとそれぞれのタイミングでこれからも「人生肯定」という考え方に出会う人がいて、その人たちが人生を肯定し一歩踏み出すきっかけはどこかに置いておきたいと思い、noteにて全文公開することにしました。 2022年2月14日「目次・はじめに」の公開を皮切りに、2022年12月までに月1で1章ずつ全文公開します。12月にはこの全文公開に合わせた新章を書き下ろしたいと妄想してます。どうぞ、お楽しみに。

          • オア明奈のキャリア論

            • 6本
          • オア明奈のホンネ

            • 23本
          • イベントレポート

            • 3本
          • ライフログスクールの中の人

            • 3本

            ライフログスクールを運営するメンバーのnote。 私たちは、ライフログを通して一人一人の人生を灯し、伴走する「純度」と「温度」がコアコンピタンスのチームです。

          • 暮らしづくり。移住とリノベーション

            • 0本
          • 振返りのコツ(ライフログ)解剖マガジン

            • 19本
          • 2021出版プロジェクト| 人生肯定本ができるまで

            • 7本
          • 「ライフログ講座」 参加者の声レポート

            • 55本

            このマガジンは、オア明奈が実施した「ライフログ講座」を受講した方がアウトプットくださった方の記事をまとめさせて頂きました!このマガジンを読めば、「ライフログとはなに?」をいろんな角度から知っていただけると思います^^

          • ライフログスクール修了生の最終日note

            • 18本

            これまでの人生を棚卸して、自身の価値観を言語化するライフログスクール。 2ヶ月のプロセスでスクール生たちが何を感じ、どのような意志を仲間に表明して、人生の舵を切る一歩を踏み出したのか。スクール生が書いた最終日のnoteだけを集めました。その人のストーリーが気になった方はぜひそのスクール生のnoteを遡ってストーリーを読んでみてください。

          • 初著者「人生肯定」全文公開

            • 6本

            【初著者 「人生肯定」全文公開】 この本は、世の中にまだ言語化、浸透していない「人生肯定」 という考え方を、まずは自分たちの手が届く範囲の必要としている人たちへ届けたい。そしてその輪が人から人へ広がることで一つの温かいムーブメントになってほしいという願いを込めて、あえて出版社を通してではなく、クラウドファンディングでの自費出版 / 数量限定の予約販売の形を取らせて頂きました。 すでに本は完売。でもきっとそれぞれのタイミングでこれからも「人生肯定」という考え方に出会う人がいて、その人たちが人生を肯定し一歩踏み出すきっかけはどこかに置いておきたいと思い、noteにて全文公開することにしました。 2022年2月14日「目次・はじめに」の公開を皮切りに、2022年12月までに月1で1章ずつ全文公開します。12月にはこの全文公開に合わせた新章を書き下ろしたいと妄想してます。どうぞ、お楽しみに。

          • オア明奈のキャリア論

            • 6本
          • オア明奈のホンネ

            • 23本
          • イベントレポート

            • 3本
          • ライフログスクールの中の人

            • 3本

            ライフログスクールを運営するメンバーのnote。 私たちは、ライフログを通して一人一人の人生を灯し、伴走する「純度」と「温度」がコアコンピタンスのチームです。

          • 暮らしづくり。移住とリノベーション

            • 0本
          • 振返りのコツ(ライフログ)解剖マガジン

            • 19本
          • 2021出版プロジェクト| 人生肯定本ができるまで

            • 7本

          記事

          すべて見る
            • 「人生肯定」全文公開【カウンセリングコラム①② 】

              初の著書「人生肯定」出版から1年。毎月14日に1章ずつ全文公開しています。--------------- はじめに 第1章 人生にはおやすみも必要 第2章 足りないものを埋める為に人生を使っていないか カウンセリングコラム①② 第3章 一生懸命に駆り立てられる人生の根っこにあるもの 第4章 固定概念を手放して、人生をデザインしよう 第5章 パートナーシップと人生の深い関係 カウンセリングコラム③ 第6章 「人生肯定」を、今ここからはじめるエッセンス 特別対談 あとがき 巻末付

              スキ
              13
              • 初の個展「365日後のあなたへ」を終えた直後の感情をそのまま置いておく。

                個展の撤収を終え、逗子に戻ったのは深夜1時。 疲れ切ってるはずなのに余韻でなかなか眠れないのか、眠りたくないのか、ソファに座ってみんなからの感想コメントを読んでいた。 気づいたらそのまま眠ってしまっていて、 まだ薄暗い朝にぼんやり目が覚める。あついお風呂に入って、静かな海を散歩した。やっと少しずつ感情が解けていく感じがした。 2022年4月23日。 初の個展 365日後のあなたへ が無事終わった。 感情や感想はまだ整理できていない。 たくさんの「おめでとう」と「ありがと

                スキ
                33
                • 「人生肯定」全文公開 【 第2章 足りないものを埋める為に人生を使っていないか 】

                  初の著書「人生肯定」出版から1年。毎月14日に1章ずつ全文公開しています。 はじめに 第1章 人生にはおやすみも必要 第2章 足りないものを埋める為に人生を使っていないか 第3章 一生懸命に駆り立てられる人生の根っこにあるもの 第4章 固定概念を手放して、人生をデザインしよう 第5章 パートナーシップと人生の深い関係 第6章 「人生肯定」を、今ここからはじめるエッセンス 特別対談 あとがき 巻末付録(本プロジェクトについて) -----------------------

                  スキ
                  26
                  • 「人生肯定」全文公開 【 第1章 人生にはおやすみも必要 】

                    初の著書「人生肯定」出版から1年が経ちます。 2022年2月14日「目次・はじめに」の公開を皮切りに、3月から2022年12月まで、毎月14日に1章ずつ全文公開していきます。 はじめに 第1章 人生にはおやすみも必要 第2章 足りないものを埋める為に人生を使っていないか 第3章 一生懸命に駆り立てられる人生の根っこにあるもの 第4章 固定概念を手放して、人生をデザインしよう 第5章 パートナーシップと人生の深い関係 第6章 「人生肯定」を、今ここからはじめるエッセンス 特

                    スキ
                    59
                    • 「人生肯定」全文公開 【 目次 / はじめに】

                      この本は、世の中にまだ言語化、浸透していない「人生肯定」 という考え方を、まずは自分たちの手が届く範囲の必要としている人たちへ届けたい。そしてその輪が人から人へ広がることで一つの温かいムーブメントになってほしいという願いを込めて、あえて出版社を通してではなく、プロジェクトメンバーを募り、クラウドファンディングでの自費出版 / 数量限定の予約販売の形を取らせて頂きました。 あれから1年。クラファンリターンで約800冊をお届けし、その後は個別でご希望を頂いた方にのみ直接販売を行

                      スキ
                      57
                      • キャリアは大事。でも、人生の全てじゃない。

                        と、常々思っている。 「とにかく、力をつけたい。」それが私の就職活動の軸だった。そして新卒から7年間勤めた会社で、やりがいのある仕事に日々没頭するうちに、いつの間にか「仕事は仕事」と割り切って生きることが当たり前になっていたことに気づく。 「仕事も人生も分けずに、"オア明奈という生き方"で仕事がしたい。」と29歳で全く未経験のウェディング業界へ。創業2年目のベンチャー企業に30歳を目前に転職。年収は半分ほどになったけど、それでも、そこには夢があった。そして理想を共に目指し

                        スキ
                        72
                        • 人間関係は、切り捨てるのではなく、引き出しに入れるつもりで。

                          昨日は、SHElilkesで新年最初の特別講座を実施。 トークテーマは、「軽やかにライフチェンジするための3つのヒント」 その中で、一番反響、反応が多かった「人間関係」の変え方について、東京への移動中の電車内10分でnoteを書いてみようと思う。 「 #2022年ライフチェンジ宣言 」で、たくさんの人が呟いてくれてるので、是非チェックしてみてください^^ 「人間が変わる方法は、三つしかない。」 これは、大前研一さんの言葉。 その中で、「付き合う人」を変える、という

                          スキ
                          47
                          • 【トーク内容特別公開!-後編-】はじめての自己肯定感 〜コピーライターとプロデューサーが考える、愛おしい人生の解釈〜 <イベントレポート vol.3>

                            この記事は、本企画・運営メンバーよるイベントレポートvol.3です。 大変お待たせしました!2021年9月28日に行われた阿部広太郎さんとオア明奈さんの初のトークイベント。レポートの後編がいよいよ公開です。 後編は、聞きたいというお声が多かったパートナーシップのお話やQ&Aコーナーもあり、「それ気になってた!」が詰まった内容です。 最後まで読んで頂いた方には、スペシャルなお知らせが待っているかも!? そして、レポートを読んで実際におふたりのお話を聞きたくなった方は、今

                            スキ
                            20
                            • 2021年、届け続けた先に私が見た景色。ここから、人生の第三章へ。

                              2021年もあと1日。やっと、やっと私も1年を振り返ることができた。(自分へのご褒美タイム!) 今年のテーマは「あなたに届ける」 全部手放して、「自分を真ん中に置く」ことを実践した2020年を経て、もう十分SELFISH(自分本位)な人生を生きてるなと思えたから、2021年は自分がやってきたことを「届ける」ことで、誰かの背中を押す一年にしたいと純粋に思った。 そして届け続けた先に辿り着いたのは、想像もしていない今だった。 まさに人生の第二章を総決算したような1年。盛り

                              スキ
                              52
                              • 【トーク内容特別公開!-前編-】はじめての自己肯定感 〜コピーライターとプロデューサーが考える、愛おしい人生の解釈〜 <イベントレポート vol.2>

                                この記事は、本企画・運営メンバーよるイベントレポートvol.2です。 阿部広太郎さんとオア明奈さんの初のトークイベントが、2021年9月28日に行われました。 開催後、登壇者のお二人から「もっと多くの方に自己肯定感の新しい解釈に出会ってほしい」という思いをうかがいました。そこで、イベントレポートvol.2とvol.3では特別に、イベントのトーク内容をお見せしちゃいます! もっとお二人のお話を聞きたい方は今からでもアーカイブ動画の購入が可能です。個人的には、お二人のお話が

                                スキ
                                37
                                • 【アーカイブ動画有料公開】はじめての自己肯定感 〜コピーライターとプロデューサーが考える、愛おしい人生の解釈〜 <イベントレポート vol.1>

                                  この記事は、本企画・運営メンバーよるイベントレポート vol.1です。(最後には、イベントアーカイブ動画の購入リンクがございます。) 2021年9月28日。 コピーライター&作詞家の阿部広太郎さんと、人生を祝うプロデューサーオア明奈、初のトークイベントを行いました。 「阿部広太郎『それ、勝手な決めつけかもよ? だれかの正解にしばられない「解釈」の練習』× オア明奈「人生肯定」書籍刊行記念 」 はじめての自己肯定感 〜コピーライターとプロデューサーが考える、愛おしい人生

                                  スキ
                                  14
                                  有料
                                  2,000
                                  • 東京のど真ん中で一生賃貸&多拠点生活派だった私が、10日で郊外に家を買い、移住を決めたわけ。 #1

                                    2021年9月30日。 いつの間にか夏が過ぎ、秋が訪れ、気づけば1年の終わりがすぐそこに。 先日36歳の誕生日を迎えて、今日は必ずnoteを書こうと決めていたので、最近の「わたし」について改めて書いていきたいと思う。 この夏、私たち夫婦は家を買った。(想定外)人生の節目は勝手に訪れるんじゃなく、「自分で節目にするもの」だと思っている。 34歳になった日、父の余命宣告を受けて生き方を変えた。 35歳になった日、CRAZYから独立して働き方と在り方を変えた。 36歳になっ

                                    スキ
                                    131