オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー
はじめまして、"オア明奈"とはこういう者です。【過去noteで自己紹介】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

はじめまして、"オア明奈"とはこういう者です。【過去noteで自己紹介】

オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー

こんにちは。オア明奈です。

仕事において、社名とか所属、役職といった肩書きは、いよいよほんとに重要じゃないのでは?と感じる今日この頃。とはいえ最近メディア出演やイベント登壇のご依頼が増える中、「はじめまして」の際に見て頂く個人HPのようなものは作っていないので、「オア明奈ってどんな人?」ということを知っていただけるように、私を表す6つのキーワードに沿って、過去のnoteをまとめる形で自己紹介とさせてください。

モリモリのボリュームなので、目次をみて気になるキーワードをピックして読んでいただくのがオススメです。笑

画像1

オア明奈(人生を祝うプロデューサー) /  結婚式や企業の節目など、個人・法人の人生に光をあてたお祝い機会のプロデュースを手がける。新卒から7年間コンサル会社に勤め、オーダーメイドウェディングブランドCRAZY WEDDINGエグゼクティブプロデューサー、法人向けお祝い事業立ち上げを経て、2020年に独立。人生を棚卸しして自身の価値観を言語化する独自のライフデザインメソッド【ライフログ】をコロナ禍にオンライン講座で提供し、20〜30代女性を中心に1年で延べ1000人以上が体験。その後ライフログスクールを主宰。2021年には初書籍「人生肯定」をクラウドファンディングにて出版。趣味は、振り返りと一人旅。

◉経歴(ライフストーリー)

見づらいですが、、、フリップ形式で生まれから今日までのライフストーリーを簡単に。

スクリーンショット 2022-01-27 22.24.04
スクリーンショット 2022-01-27 22.20.51
スクリーンショット 2022-01-27 22.19.20
スクリーンショット 2022-01-24 21.55.52

「好き」「得意」「在り方」この3つを軸に、『人生を祝うことを通じて、世界の体温をあげる』というパーパスを掲げて、フリーランスとして活動したり、仲間たちといくつかの事業を立ち上げたりしています。

◉KEYWORD1:新しい時代の「祝い」の可能性を追求しています

自分の結婚式をきっかけに、29歳でウェディング業界へ。オーダーメイドウェディングブランド CRAZY WEDDINGで、創業者の山川咲をはじめとする仲間たちと「新しいウェディング文化を作るんだ!」と奮闘した5年間が私のコアです。

「高い買い物」と言われてしまう結婚式が、「投資」ではなく「消費」である今を変えていきたい。モノの価値が大きく変わり、物質的豊かさではなく精神的豊かさを人々が求める今だからこそ、結婚式のカタチも当たり前も、大きく変わる必要がある。「結婚式」とそれにまつわるたくさんの当たり前を変革していく、ということに並々ならぬ想いがあります。

そして「結婚式」の本質と真剣に向き合ってきたからこそ、「結婚式」に限らず、「祝い」には無限の可能性があるということに気づきました。CRAZYで法人向けのお祝い事業を立ち上げ、その後、私なりの「人生を祝う」という可能性を追求するために2020年に独立。

「人生を祝う」はハレの日だけではなく、ケの日にも存在してる。もっというと、生きるとか死ぬとか、私はどこに向かっているのか?とか。そういう「人生」を見つめ、機微を味わうこと自体が、「祝い」の本質なのではないかと思っています。

だから、私にとっては父の看取りもお葬式も「人生を祝う」でした。

日常の中に意識的にお祝いを増やせたら、世の中は、人生は、もっと豊かになると信じて、あらゆるきっかけづくりに日々取り組んでいます。

◉KEYWORD2:純度と温度を宿す。「感情」を扱う場づくり、体験設計が得意です

「あなたが自然とやってしまうことを3つ挙げてみて」という質問に、

①人生のストーリーを聞くこと
②感情を汲むこと
③場や人に火を灯すこと

と答えました。目に見えないうえに数字で測れない、あえてわかりづらい表現をしますが、私自身のバリュー(特徴)は、「純度」と「温度」を宿すことだと思っています。

だからどんな案件でも、どんな役割でも「感情」を大切に扱います。目の前にいる人の、そこに存在する感情に対して敏感だと思います。だからこそできる企画プロデュース、体験設計、空間演出、リーダーシップが得意です。

◉KEYWORD3:「ふうふ」「多様なパートナーシップ」について発信・企画プロデュースしています

私自身は国際結婚。そしてちょっと変わったふうふ関係だと思います。私になりの「結婚」への考え方と、5年目に行った「結婚更新」についてはこちらのnoteを。

そして、行政・地方自治体からの「ふうふ」「パートナーシップ」にまつわるお仕事もお受けしています。

2020年には、佐賀県庁 いいふうふの日 特別企画展「佐賀に生きる、わたしの日常」をプロデュースさせていただきました。

「夫婦」を「ふうふ」と書いているのにも理由があって、多様なパートナーシップに関する考え方がもっと広がってほしいなと思っています。

2022年には、東京都主催の婚活オンラインイベントにて、ライフデザインの観点から考える「結婚・婚活」についてお話しさせていただきました。

画像8

◉KEYWORD4:仕事も人生も欲ばって生きる。結婚更新、卵子凍結、移住を経験しています

女性誌やキャリアにまつわる特集、最近ではフェムテック関連のイベントまで。私自身のライフデザイン・キャリアにまつわる経験については、包み隠さず全てオープンにお話しています。特に卵子凍結についてはまだまだ知られていなかったり、リアルエピソードを語る人もそれほど多くないので、何かお役に立てることがあればいつでもご連絡ください!

◉KEYWORD5:独自のライフデザインメソッド「ライフログ」と「振り返り」にまつわるノウハウをサービスとしてお届けしています

「ライフログ」とは、過去の棚卸しと感情の可視化から、自身の価値観を言語化していくツールです。

進学、就職、結婚、転職。。。あらゆる人生の分岐点で、何より大切なのは「自分を知る」こと。過去を棚卸しすれば、現在を受け入れ、未来を想像できる。"ライフデザイン"やキャリアチェンジに伴う"自己内省"に取り組みたい方は、ぜひこちらのnote読んでみてください!(ライフログスクールは年3回開催しています。)

そして私の趣味・特技は、「振り返り」です。

振り返りは、流れていく時間を意思をもって止めて、これまでの出来事に意味付ける行為だと思っています。

「大切だとは分かっているけど、面倒くさい」「反省会になってしまうから苦手」そういった振り返りに対する抵抗感や苦手意識を克服してもらえるようなワークショップを開催しています。「自分へのご褒美」としての振り返りが新しいアタリマエになるように。詳しくはこちらのマガジンをどうぞ💛

あと、人生の節目は勝手に訪れるものじゃなくて、自らデザインするものだと思っています。

35歳という節目の迎え方、自らの誕生日プロデュースの裏側はこちらのnoteにまとめました!そろそろ人生の節目タイミングの方は、是非参考までに!

◉KEYWORD6:「自己肯定」に変わる、「人生肯定」という考え方を本にしました

最後になりますが、2021年に本を出版しました。最近よく聞く「自己肯定感」というワード。自己肯定感を高めるためのいろんなハウツーが語られているけど、「人生肯定」という考え方を、一人でも多くの人に知ってもらえたらと思っています。

「人生肯定」とは、未来のために今をすり減らして生きるのではなく、
もう十分に頑張ってきた自分を愛して、今を生きるという考え方。

2021年にはこの考え方に賛同してくれたたくさんの方のご支援で、クラウドファンディングで出版をさせていただきました。

画像7

この本は、クラファンでご支援下さった方に向けて限定冊数での出版だったので、もう今から買っていただくことはできないんですが、出版から1年の節目にnoteで毎月一章ずつ全文公開をしています。

▼ぜひnoteマガジンからご覧ください。


画像8

ということで、想像以上にボリュームが。。。汗

最後までお付き合い頂いた方々、ありがとうございます。よかったらついでに、右下のハートマーク押していただけると励みになります。











この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー
結婚式や企業の節目など、人生に光をあてたお祝い機会のプロデュース | 過去の棚卸しと感情の可視化をするライフデザインメソッド #ライフログスクール 代表 | オンラインサロンONDO 主宰 | 初著書 #人生肯定 を出版 ▶︎https://lit.link/akinaorr