見出し画像

Pinterest と Instagram の違いって?

Pinterest Japan Creator Conference 2018 に行ってみた #1

はじめに
2018年9月29日に開催され、参加させていただいた Pinterestのクリエイターカンファレンスについて、しばらく何回かに分けて自分的まとめを投稿していきます。
また、この文章はMediumで公開した文章の再掲載です。

pinterestはよくinstagramと比較されるそう。
クリエイターカンファレンスでお聞きした、pinterestとinstagramの違いは次のような事でした。

instagramは、過去のこと。
pinterestは、未来のこと。
instagramは、共有・拡散・承認欲求。
pinterestは、自分のため、情報整理、アイディア集め。

pinterestは写真を扱っていることからinstagramとよく比較されるそうですが、そもそもpinterestはSNSではない、とのこと。

pinterestは「ビジュアル ディスカバリー エンジン」という位置づけのWebサービスであって、instagramに対抗心を燃やしているというよりも、なんならgoogle 画像検索に対抗してるような気がします。

実際、カンファレンスでお話をしたクリエイターさんとは、pinterestアカウントを交換しつつも、twitterやinstagramのアカウントも教えてもらって、会話は完全にpinterest以外のSNSでしています。

それぞれの利用シーンも全然違っていて、instagramは美味しいものや、いわゆるインスタ映えなモノ・コトを記録して、過去の出来事を投稿し、共有するために使われています。

一方pinterestの一番わかりやすい使い方でいうと、どっか旅行に行きたい時、行ってみたいところの写真を行きたいところボード(仮)にピンして旅行の計画を練る、みたいな感じ。
今まで意識してなかったけど、確かに使うタイミング全然違うね。

そう考えると、私的pinterestとinstagramの違いは、

instagramは、完成系のアウトプット
pinterestは、考えるプロセス

instagramは過去、pinterestは未来という表現でもいいんだけど、instagramは確かに過去なんだけど、pinterestの未来って言い方があんまりしっくりきていない。

未来予想図ってほどでもないし、コレを何が何でも達成するための目標です!って掲げるためのモノでもない。

どちらかというと「あーでもない・こーでもない」と考えながら、いいなと思う画像をピンしまくるというのがリアルな使い方なので、未来と言えば未来なんだけど、やらないって結論もあるわけで、「例えばこういうのどうだろう?」と考えてる時に活躍してくれて、実際のチャレンジは全く別のところで行われるし、考えがまとまったり方向性が決まると、pinterestの出番はほぼなくなる。

もっと砕けた表現をすると、instagramは「こんなのできましたけど」のアウトプット、pinterestは「あれもいいな・これもいいな」のインプットって感じですね。

なので「instagramやってるからpinterestはやらないって」って思ってる方、全然別物なのでちょっと使ってみてはいかがでしょうか?(ステマではありません、笑)

* * *

果たしてまとめになっているのか怪しいところですが、せっかくカンファレンスに招待していただいたので、できるだけ伺ったことや感じたことを書き留めたいと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おもしろい!と思ってもらえたら嬉しいです。 サポートいただけたら更新頻度を上げていきます☺︎

あなたに素敵なことがありますように!
5
WEBエンジニアの仕事をしているeikoです。 noteは読む専門だったけど、ちょっとずつ投稿してみようと思います。お試し中なのでおて柔らかに!笑。