短い旅行記 2015

7
記事

公演概要:  AAPA『短い旅行記』2015 (北千住/日の出町団地スタジオver.)

日本で米寿を迎えた祖父は、0歳から12歳までシンガポールで暮らした日本人少年のひとり。その祖父の思い出から、海を挟み、世代を挟んで、異なる「わたし」が重なる『短い旅行記』を書いていく…。

2013年に横浜・黄金町の元特殊飲食店舗、2014年に旧松戸宿周辺の元ラブホテルを会場として、場所に残されたものを使い、創作・上演を重ねてきたAAPA『短い旅行記』。
2015年は、1月に土浦の劇団「百景社」の

もっとみる

上本竜平 (Uemoto Ryuhei)

東京都八王子市出身。2003年、慶應義塾大学総合政策学部(文化政策)卒。
2004年に「仮設劇場になる海の家」を企画した『茅ヶ崎戯曲』を契機にAAPAを立ち上げ、様々な場所で日常と舞台を地続きに見せる仮設空間を企画。

2007年より、周囲の環境をあらためて意識する場としてダンス作品を創作。「大野一雄フェスティバル2009」「踊りに行くぜ!!Ⅱ vol.1」「Asia Pacific Impro

もっとみる

永井美里 (Nagai Minori)

神奈川県横浜市出身。
6歳よりバレエを始める。2003年に英国ミドルセックス大学ダンス学部に入学し、コンテンポラリーダンスを学ぶ。在学中にスキナー・リリーシング、コンタクト・インプロビゼーションの影響を受け、からだの探求を軸に、ダンサー/振付家として活動を始める。

2006年に卒業し帰国後、劇場外での公演に取り組むAAPAの活動に参加し、様々な場所で踊る経験を積む。力をぬくことで生まれる柔らかさ

もっとみる

出演: 佐々木隼人 (Hayato Christian Sasaki)

1989年生まれ。獨協大学在学中にジャグリングを始め、「かけあわせること」をテーマにしたジャグリングサークル「カクタス」を立ち上げる。ジャグリング、ダンス、演劇などを取り入れた舞台を目指し、フラメンコとジャグリングを融合させた演目などの創作に取り組む。

2014年より、日の出町団地スタジオの企画に参加し、「モノ」と「からだ」への関心を高めていく。2015年、AAPA「短い旅行記」に出演。

出演: 石神夏希(Ishigami Natsuki)

1980年生まれ。1999年より演劇集団「ペピン結構設計」を中心に劇作家として活動。2002年『東京の米』にて第2回かながわ戯曲賞最優秀賞受賞。2004年、同作品にて東京国際芸術祭リージョナルシアターシリーズ出場。2005年、World Interplay2005(オーストラリア)参加。

近年はテナントビル、住宅、商店街などでの演劇上演、地域を軸にしたアートプロジェクトの企画や滞在制作を行う。ま

もっとみる

演奏: 西川裕一(Nishikawa Yuichi)

Sylian Rue として作曲、演奏活動をおこなう。作品には、二十歳で病に冒されながら深い自己対話のなかで作られたアルバム「Smokey Valley」や、身体表現のための音楽「Circulation」などがある。また国際交流基金主催でダンサーと公演を行うなど、舞台芸術での活動も数多く行っている。

【WEB】 http://www.sylianrue.com

美術: 渡邊のり子 (Watanabe Noriko)

筑波大学在学中より、およそ5cm四方の箱の中に金物や雑誌の切り抜き等といった小物を配置・構成し、箱の中に独自の場を作りあげるといった作品を制作し続けている。2011年3月の卒業制作展では、芸術専門学群長賞受賞。また制作を続ける傍ら、卒業後は劇団「百景社」にも所属し、舞台美術にも携わっている。

【webサイト】 http://n-watanabe.tumblr.com/