見出し画像

【これだけ!】保険業界×営業職を採用するために必要な4つのポイント/採用できるくんのノウハウ大公開

保険業界で営業職を採用するために必要なことについて、採用できるくんをお使いいただいた保険代理店様の事例をもとに書いていきます。
他の業界でもそうですが、保険業界の場合、特に「保険業界」について興味を持っていただけるようにアピールすることが大変重要です。

<保険業界で採用するために必要な4つのポイント>

・一般的な「保険」のイメージを壊す!
・営業スタイルの多様性を訴求する!
・特筆すべき研修制度、サポート体制を訴求する!
・評価制度、年収の高さをアピールする!

*イラスト=みみくも(@works_mimikumo)

一般的な「保険」のイメージを壊す!

保険業界のイメージとはどのようなものでしょうか?
Googleで検索するとこのようなキーワードが出てきます。

・保険営業 やめとけ
・保険営業に向いてる人
・保険営業 続く人
・保険営業 きつい
・保険営業 うざい

背景を掘っていくと…

・サラリーマンではなく個人事業主【労働基準法適用外だからブラックじゃない】
・ノルマはないけど売れないと生活できない
・手取りの基本給は26000円
・離職率90%以上
・営業経費が自腹
・短期解約は給料の返金義務がある【これが辛い】
・売れないと家族や友人にも営業が必要【友達なくすことアリ】
・売れないと帰れないし休めない【残業代や休日出勤手当なし】
・個人営業だと平日夜と土日が仕事【超忙しい】
・売れないと上司に詰められる【メンタルにくる】
・そもそも保険は売りにくいので大変
・売れなかったら転職が不利

などネガティブな理由やイメージが多い業界です。
そのため、まずこの「保険業界=ネガティブな業界」という構図を壊さなければなりません。

営業スタイルの多様性を訴求する!

次に、保険業会ならではの特徴を訴求していきます。
保険業界は他の業界と比較して、営業スタイルの自由度があります。
感情に訴えかけるタイプ、理論的に説明するタイプ、イケイケのタイプなどなど。

また営業手法も飛び込み・テレアポからセミナーでの集客、などなど企画とアイデアでどのように営業しても良い風土があります。
特に若手を採用したい場合は、「個性を発揮できる」「自分のスタイルを活かせる」などの訴求が効果的です。

特筆すべき研修制度、サポート体制を訴求する!

保険業界は研修制度が充実している印象があります。
会社での研修制度・サポート体制はもちろん、保険サービスを提供している会社もバックアップ体制がしっかりしています。
保険をはじめとする金融知識や経済の知識、営業に関するスキルなど、保険会社の研修なども充実しているケースが多くあります。(◯◯ヶ月は研修受講など)

時代や社会情勢によって、様々な保険サービスが生まれるので、勉強することが好きな方などには非常に響きます。
例えば「あなたの知識を増やすことで、お客様に提案できる選択肢が増えるので、結果的にお客様から選ばれる存在になります」などは有効な訴求内容です。

評価制度、年収の高さをアピールする!

生命保険・損害保険業界の平均年収は438万円と、金融・コンサルティング業界の中ではとりたてて高いわけではないものの、他業種と比べれば決して低いものではありません。
また、業界に勤める人の年収は、営業成績によって大きな格差があると予想されます。

保険業界のイメージでもありましたが、売れなければ年収は低いですが、逆に売れればかなり高い年収を稼ぐことができる業界です。
それは業界特有の評価制度があるからです。

「私でも大丈夫かな?」と不安視される方も多いですが、「特筆すべき研修制度、サポート体制を訴求する!」と合わせて不安を払拭を促したり、業界未経験から入社して活躍している社員の事例などを取り入れることが効果的です。

<まとめ>保険業界で採用するために必要な4つのポイント

・一般的な「保険」のイメージを壊す!
・営業スタイルの多様性を訴求する!
・特筆すべき研修制度、サポート体制を訴求する!
・評価制度、年収の高さをアピールする!

これら4つのポイントを押さえて、+@自社ならではの魅力を訴求することで採用ができます。
ぜひ試してみてください!

最後に、保険業界の採用で非常に効果的な職種名+キャッチコピーについてご紹介します…!

どのタイトル、キャッチコピーが効果が高いのか?ご興味があれば是非お問い合わせくださいませ。

<タイトル>
・企画営業職
・ソリューション営業
・コンサルティング営業

<キャッチコピー>
・未経験からチャレンジできる
・売り込まない(飛び込み・ノルマなし)
・地域密着型のアットホームな保険屋さん


今一度、採用における課題を洗い出してみてください!
採用でお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!