アカシック・カフェ―全知と珈琲の案内人―

22
ノート

アカシック・カフェ ―全知と珈琲の番人―

「もうアカっちゃいなよー!」
「でも、あたし的にはエージ信じたいし」

常連の女子高生のいつもの恋バナ。しかし、どうも雲行きが怪しい。シュウカがアカシックレコードを提案したのだ。一方ハヅホは曖昧な返事。そりゃそうだ。『世界の真実』によって浮気が確定したら目も当てられない。

十数年前、人類はついにアカシックレコードに接続した。が、蒸気機関やインターネットのように社会が激変することはなかった。一般市

もっとみる
毎度ありがとうございます。
19

アカシック・カフェ 【1-1 ビター・ルール】

マガジンはこちら

広いとは言いがたい店内。だけど、細やかに手入れした空間。ブラウンを基本に整った温かみある喫茶店。俺の店だ。
今、つい数分前まで女子高生が気安くも深刻なガールズトークを繰り広げていたとは思えない静寂に包まれていた。

「運良かったですね、お客さん。丁度誰もいない」
「……はぁ」

コーヒーを準備しながら、軽い単語を繋いで話しかける。けど、表情は真剣だ。むしろ、シリアスになりすぎる

もっとみる
ウィーピピー!(よろこびのかけごえ)
12

アカシック・カフェ 【1-2 シュガー・ルーム】

マガジンはこちら



バックヤードから、隠し部屋へ。隠し通路には伊万里様も驚いた様子だったけど、いざ部屋に入り椅子に座れば、彼女の強張りは一分前の比ではない。
無機質な空間。表の喫茶店の調度に合わせて、それなりの彩りはあるけど、そんなことでは和やらげ切れない。隠し部屋に連れ込まれて怯えるなという方が無理だろう。

「ごめんなさいね。仮にも『天文台』ってご注文されたのに、こんなんで」
「いえ、ダ

もっとみる
ヤッタゼ!
8

アカシック・カフェ 【1-3 ハッピー・ルーイン】

マガジンはこちら



「常川辰真。私の兄のような人で、弟のような人で……恋人です」

チリチリと目元が軽く痺れる感覚。伊万里様。に、重なるように小さな女の子。テーブルがデスク……学習机になる。並んで、もうひとつ。やんちゃそうな男の子。机の上には教科書。

「五年前の今日、私たちは待ち合わせをしていました。地元の駅の、彫刻のところ」

行ったことも見たこともない土地。ちらりと見えた、初めて読む

もっとみる
ウィーピピー!(よろこびのかけごえ)
8

アカシック・カフェ【1-4 ベター・ルート】

マガジンはこちら



二週間後、同じ時間に訪れた伊万里様は、何の偶然か、五年前のあの日と同じ服を着ていた。
……偶然なワケがないけれど、触れないことにした。決意したこと、それが大事であって、俺がどうこう言うべきじゃない。

「準備が出来ましたので、ご都合の合う日にご来店ください」

俺の案内の重みに触発され、五年ぶりに袖を通したそれは手入れも万全で、着用はしなくとも大切にされていたことが、全知

もっとみる
ごちそうさまです!
9

アカシック・カフェ【1-epilogue】

マガジンはこちら



しゃんと背筋を伸ばし、涙を拭った伊万里様を見送った俺に、背後から常連の女子高生たちが声をかけてきた。

「やっちー、今から?」
「おう、休憩終わり」
「ラッキー!私スコーンとカフェラテ!」

文字通り姦しい先陣を切るのはシュウカ。いつも通りのご注文、なんだけど……いつもよりうるせぇ。声と身振りの大きさで五感のキンキン具合が二冠王だ。

「はいはい。ハヅホは?」
「……あた

もっとみる
あたり もう一本
11

アカシック・カフェ【二つの扉】

マガジンはこちら

□ □ □

その瞬間、表情は、はっきりと変わった。あからさまに変わった。ここまで変われば、どこまで朴念仁だろうと一目でわかるだろう……。表情を作るのが苦手な俺にとっては、いっそ羨ましいくらいにはっきりと、彼は落胆した。

「……あくまで過去、ですか」
「……えぇ。過去の真実。未来予知はできません」

あまりの顔色の変わり具合に、思わず説明を止めて数秒。他に誰もいない店内に、ぽ

もっとみる
ヤッタゼ!
6

アカシック・カフェ【2-1 ノックして、もしもし】

マガジンはこちら

□ □ □

テーブルを囲むのは、三つのカップと俺を含む三人の男女。いわゆる契約前説明の途中で、相談者は思い違いに直面してしまった。『アカシックスが接続するのはあくまで過去のみ』という、厳然たる限界に。

ここまではっきりと顔色と声色が変わる人はなかなか珍しいが、この失望自体はそこまでレアケースではない。アカシックレコードはあくまで過去。どんな超精度だろうが、派生能力持ちだろう

もっとみる
ヤッタゼ!
9

アカシック・カフェ【2-2 閉じた大屋根・開く本音】

これまでのお話はこちら

□ □ □

すっかり冷めていたであろうコーヒーを、淹れ直しを固辞した彼は一口飲む。ゆっくりと嚥下して、問い直す。語気は幾らか軽く、永愛の残酷すぎた一刀で、逆に重苦しい緊張の糸は斬られたらしい。

「……つまり、です。『もしこっちの道を選んだら』って、そういうのを見たいんですよ」
「申し訳ないけど、そういうのはアカシックスの――アカシックレコードの範疇の外側です。アカシッ

もっとみる
ヤッタゼ!
7

アカシック・カフェ【2-3 翠の扉・枯れるエバーグリーン】

これまでのお話はこちら

□ □ □

今回の相談者、浮田様は音楽が趣味の、ごく普通のバーの常連だった。けれど、数ヵ月前を境に段々と無理な飲み方が増え、見かねた矢車の旦那がここを紹介した……らしい。過去を確認はしてないけど、この気の落ち込み様は嘘ではないだろう。
ともかく、そんな浮田様は長い指を組んで語る。視線はケースにも手にも落ちず、俺たちに向いている。

「……こいつは、宇佐野は、本当に小さな

もっとみる
あたり もう一本
6