見出し画像

それでも、いつの日か #9

*わたし(娘)の視点や気持ちを綴っています。

画像1

再会の1時間前は緊張で何も手につきませんでした。家の中を歩き回っていると、ピンポーン…!

鳴って欲しかったのに、欲しくないような、あべこべの気持ちを抱えて、玄関へ向かいました。

この続きをみるには

この続き: 1,388文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

父と共同制作したコミックエッセイ。2019年5月、父と10年以上ぶりに再会したのをきっかけに、わたしが生まれてから再会するまでを赤裸々に綴…

または、記事単体で購入する

それでも、いつの日か #9

yuricamera / 寺島由里佳

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます🐼 いただきましたサポートは動物園への撮影行脚中のおやつや、森永ラムネを購入させていただきます🐱 動物写真を愛でたい時はこちらへ🐻 https://www.instagram.com/yuricamera/?hl=ja

ありがとうございます😻キリンの鳴き声はモー!
30
文鳥と夫をこよなく愛するアニメ声の写真家。全国の動物園の動物を撮るのがライフワーク。森永ラムネがあればご機嫌。

こちらでもピックアップされています

それでも、いつの日か
それでも、いつの日か
  • 9本
  • ¥500

父と共同制作したコミックエッセイ。2019年5月、父と10年以上ぶりに再会したのをきっかけに、わたしが生まれてから再会するまでを赤裸々に綴った作品。センシティブな内容でもあるので、8月から有料マガジンにしました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。