完璧なディストピアの作り方
見出し画像

完璧なディストピアの作り方

 地上を舐め尽す警報音に追われ、僕は廃棄場の底にいた。

 〈オルダ〉の多脚刺肢に貫かれ、イトーは満足げに笑って逝った。漂白と脱臭を塗り重ねた今の地上でそれは貴重な感情だった。

「人間性が大切なんだ」

 彼の言葉を思い出す。 

 ネオサイタマに夢中になってニュースピークに憧れた大学時代。僕とイトーが冗談半分で立ち上げた「焚書愛好会」の活動は、SNSで拡散されあっと言う間に広まった。RPの参加者は増え、やがて地球人口と等しくなった。スーパーで買った卵からひよこが孵り、鶏に育つような奇跡。だが満足にはまだ早い。地上451階から見下ろす光景は僕たちの愛する作品そのもので、しかし大切なものに欠いていた。

「人間性が大切なんだ」

 イトーはそう言った。全員が諦めたならそれはユートピアでしかない。踏み潰される人間性があってこそ、この遊園地は完成するのだと。

「レジスタンスを立ち上げよう。このディストピアを完璧なものにするために」

【続く】

ダイハードテイルズ作品購読用及び忍殺感想用アカウントとして作成しましたが現時点では色々です。