「静かな蔓延」。2021.4.17.
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「静かな蔓延」。2021.4.17.

 午前9時前に家を出て、駅まで歩く。
 雨の予報が出ていて、夕方以降は激しい雨になると知り、迷って、今は降っていないから、折りたたみカサにする。

 家を出てから、すぐ、スポーツウェアに身を包んだ5〜6人の女子学生が向こうから歩いてくる。
 コンビニの駐車場から、いわゆる「ママチャリ」を、とても勢いよく発車させている女性がいる。
 美容院の前は、開店準備でホウキではいている女性がいる。
 ゆるいスロープのある病院の玄関の前に、年配の男性が一人だけ扉に向き合うように待っている。
 1000円カットの前には、一人だけ立っている。
 その前の中華料理店の前に、スタッフが大きめのテーブルを出している。
 牛丼屋には、今日は、お客が一人いるのが見える。
 
 駅に近づいたら、電車が来たらしく、あちこちから走ってくる人が目立つ。
 改札の前の電光掲示板で、人身事故により遅れている私鉄があることを知らせている。

同じ言葉

 その他に、国土交通省からのお知らせが流れる。

 不要不急の外出を控えてください。
 可能な限り、マスクをして、会話を控えてください。

 もう1年間、ずっと同じような言葉を見続けてきた。

 電車が来る。
 特に空いているわけでもないが、ラッシュまでにはいかない。それでも、人と人との「ソーシャルディスタンス」をとれるわけでもない。もう、そういう「距離」について、気にしている人がいるようには見えない。

 静かなまま、電車は進み、駅で止まると人が乗り込んできて、だんだん人口密度が高くなってくる。

 窓は、何ヵ所か、開いている。


 電車を降りて、次の電車に乗り換えようと歩き始める。
 他の人たちが走り始めて、自分もつられて走ってしまい、電車が来ているのは分かったけれど、流れから少し外れて、アルコールで除菌する。その動きをするのは、一人だけだったが、階段を降りたら、いつもよりも一本早い電車に間に合いそうだった。

 久しぶりに、少し走り込むように電車に乗った。
 
 発車しても、マスクをした人たちは、自分も含めて黙っていて、今日は人の話し声も聞こえなくて、外の景色は雨が降っているような、まだ降っていない感じの灰色の空が広がっている。

 車内に女性の声で、国土交通省からの感染防止のアナウンスが流れる。
 この言葉も、何度聞いただろう。
 今も、注意深く耳を傾けている人は、いるのだろうか。

 静かなまま、電車は進む。

蔓延とワクチンと聖火ランナー

 印象としては、あわただしい1週間だった。

 月曜日には、松山英樹がマスターズで優勝した。

 緊急事態宣言が解除され、その後に「まん防」と言われる危機感を高めない名前がアナウンスされ、その適用が広がっていった、と思うけれど、これ以上、何を変えられるのかわからないし、緊張感をさらに高めるのは無理だと感じていた。

 そして、相変わらず、感染予防効果について、きちんと測定も分析もないまま、飲食店の午後8時までの時短だけが言われている。


 ゴールデンウィークの話題が出るようになり、去年の連休も「ステイホーム」と言われ続けていたのを思い出す。

 もう、いつまで続くか分からない。

 始まったワクチン接種も、順調には程遠いようだけど、その遅れていることへの報道も少ないので、より不安になる。それなのに聖火ランナーは走っている。

穏やかな電車

 用事が終わって、午後4時過ぎに、また電車に乗る。

 ドアの上の小さな画面にニュースが流れている。

 子供の性被害防止。
 COCOA 知識不足でテストできず。
 ブルーカット 子供への影響
 鯉のぼり?

   これだけ感染が広がっているのに、電車内に流れるニュースの中には、直接的なコロナ感染に関するニュースはなかった。

 今日は雨の予報で、これから先に、強い雨が降るらしいのだけど、まだ、今は小雨だった。電車の中に、もう緊張感はなく、ある人にとっては、コロナ感染は、あまり関係なくなっているのかもしれない、と思ってしまった。

 穏やかで静かな車内に感じる。

コロナはただの風邪という主張

 この前、テレビのドキュメンタリーで、アメリカの話をしていた。特にトランプ支持者はマスクをしなかったり、新型コロナ自体が、嘘ではないか、マスコミが作り出したものだと信じている人が、今も結構いるらしいと知る。

 そのこと自体が、どこか信じられないけれど、日本でも、コロナはただの風邪と、どうやら本気で言っているような人もいたし、そこまで行かなくても、今も、コロナに関して、その感染防止に、それほど本気になれない人が、実は一定数いるのではないだろうか。だから、感染が広がるのかもしれない。

 そんなことも思ったけれど、電車の中をみると、みんながマスクをしているから、アメリカとはやっぱり違うのかもしれない、などと思う。

プリンアラモード

 とても静かな土曜日のままだ。

 電車を乗り換える。

 他の人たちと、距離を取ろうとして、立ったまま、電車の発車を待つ。
 
 すぐそばの若い女性は、大きなお腹を大事そうに柔らかく触っている。
 隣の若い男性が話しかける。
 二人で静かに笑っている。
 次の駅で、並ぶように降りていった。


 今日は、雨が降らなかったら、ここから、さらに出かけようと思ったのだけど、今はそうでもなくても、これから強く降るらしいから、行こうと考えていた予定をやめて、帰ることを、駅の公衆電話で妻と相談して、決めていた。

 がっかりした分、妻と話をして、プリンアラモードを買っていくから、帰ってから、一緒に、おやつを食べようと約束をした。




他にもいろいろと書いています↓。よろしかったら、読んでいただければ、うれしいです)。


#コロナ禍日記   #コロナ禍   #新型コロナウイルス

#緊急事態宣言   #まん延防止措置   #感染拡大予防

#マスク   #ソーシャルディスタンス   #飲食店

#コロナはただの風邪という主張   #聖火ランナー

#オリンピック中止   #オリンピック延期





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やっぱり、うれしいです。ありがとうございます。
社会人になって、3回目の大きな変化を迎え、いろいろなことを伝えたい、と思うようになりました。2020年3月14日投稿開始。ジャンルごとに、マガジンにまとめる予定です。2020年8月から、一部、有料化を開始しました。東京都在住。