安達裕哉

ビジネスメディアBooks&Apps管理人の安達です。 定期購読マガジンでは、メディア運営、メディアマーケティング、制作過程の裏側を詳細にお伝えします。 企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差についても。

【50】「記事はPREP法で書け」などという輩を信じてはいけない。

ビジネス文書を書く技法で、最も知られているものの一つに、「PREP法」がある。 PREP法とは文書を P(Point)=結論 R(Reason)=理由 E(Example)=具体例 P(Point)…

【49】webからリードを取りたい人が知っておくべき、各種メディアプラットフォームの特性について

クライアントから、webの各種メディアの使い方についての質問をいただくことがあります。 例えば、 ・個人でもwebサイトを運営したほうが良いか ・コーポレートサイトだけ…

【48】「知的能力の高さ」は「語彙の豊富さ」と大きな関係がある

今回はライターにとっての「語彙」の重要性と、ライターやるならちゃんと本を読みましょう、という話をします。 語彙力 ≒ 知的能力 語彙の話をすると、「辞書引いて調…

【47】ライターはなぜ「Google検索」を使うべきではないのか。

結論から言うと、Google検索にはすでに「お行儀が良くて」「エビデンスがあり」「正しい意見」しか出てこないからだ。 そんな意見はライターにとっては「毒にも薬にもなら…

【46】わかりやすい文のつくりかた

改めて言うまでもないが、「わかりやすい文のつくりかた」は、大半の作文技術の中核となっている。 例えば、このマガジンではおなじみの「日本語の作文技術」では、作文技…

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

世の中には「浅い記事」があります。 読者からすればなにか腑に落ちない。違和感がある。賛同しにくい。 「へー。」で終わり、感情が動かない。それが「浅い記事」です。 …