見出し画像

「親孝行のきっかけ」、はじめました。


突然ですが、親孝行できていますか?
データによると、十分な親孝行ができていると感じている人は約20%ほどだそうです。


「親孝行をしたい子」と「子のことを気にかけている親」のすれ違い

僕は遠く離れて暮らしている両親が大好きです。
「母の日、父の日や誕生日だけではなく、もっと親孝行をしなきゃなぁ。」
そんな風に漠然と思いながら、何もできずに毎日を過ごしていました。

逆に親はどんな親孝行がしてほしいのかな?
ふと気になって調べてみると、子が元気でいてくれる定期的に声を聞かせてくれることが、一番の親孝行のようでした。

とは言え、親に用も無いのに電話をするのも躊躇してしまうし、親と何を話していいかわからないし、そしてやっぱりちょっと照れくさいし、そして今忙しいし。

あれ、なんだこのすれ違い。
「親孝行をしたい子」と「子のことを気にかけている親」なのに、一番の親孝行にあたる、元気な声を聞かせることは難しい。両思いだけど恥ずかしくて告白できないみたいな歯痒い感じ(笑)。

それなら、定期的に連絡する理由や言い訳を作ればいいんじゃないかな。
そんな思いから「yuu(ユウ)」というサービスは生まれました。

「yuu」は、親と子の継続的な会話のきっかけを演出するだけ。
親子の想いを紡ぎ、親孝行の背中を押すサービス。
そしてその会話の中から、さらなる親孝行の糸口が見つかればいいな。

画像2

親孝行のきっかけサブスクリプションサービス」、はじめました。
冷やし中華が食べたくなるこの季節に。

画像1

「yuu」 https:yuu.gifts

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
親孝行のきっかけとして毎月1度定期的にお花をお届けするサブスクリプションサービス「yuu(ユウ)」。サービスへの想い、アップデート情報、運営の裏側など、いろいろ包み隠さずお話します。 https://yuu.gifts
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。