YONEKURA YUSUKE

大学を卒業後、青年海外協力隊(カンボジア:体育)に参加。帰国して、専門学校(柔道整復師)に入学するも、1ヶ月で退学し、吐噶喇列島宝島へ。人口100人の離島で介護事業所の立ち上げ、運営に携わる。2019年4月に、家族でベトナムへプチ移住。2019年8月、単身でベトナムへ。

宝島へ移住し、島民になり、人に向き合い続けた10年を振り返って

年内に締めくくりたくて、後半は足早になったけど、この振り返りの時間が、これまでの僕の宝島での暮らしを、これからの糧にする時間だったと思う。リアクションしづらい内…

介護を通して、生を学ぶ 〜島民への感謝〜

私たちは3月、約10年関わってきた宝島の介護事業から撤退し、次の事業者に引き継ぐ。主な理由は、島民や行政との方向性の違いと、人材確保の難しさが挙げられる。 管理者…

宝島での最後の時間を噛みしめながら過ごした話

2019年の年の瀬。島を離れる決断からの時間、移住してきてからの9年を振り返ってきた。色々なことを感じ考えて、暮らしてきた。時を忘れさせる島は、きっちり忘れられない…

島に息づくお互いさま 〜老い方と支え方〜

8月、宝島は少し活気づく。お盆に帰省する出身者の中には、いつかは帰ってきたいという思いを持っている方もいる。また夏休み中の学生や社会人、家族連れが、秘境と言われ…

島を離れることへの葛藤と決意

2018年の初夏。僕は島を離れる決意をする。 僕のこの島での役割は終えていたのだろうと、振り返る。当時、黒岩さんに下記の内容を伝えている。 黒岩さんに伝えたこと こ…

田んぼが異世代交流の場所になった話

宝島で日々の暮らしを営む中で、移住当初から、島の伝統を残したいという声を聞いてきた。旧暦のこよみで行われる、昔ながらの政も残っていた。米づくりも政にとっても大事…