日本の文化について勉強しています。

スペインに行くまでの間、時間があるので
サッカーとスペイン語だけでなく、世界史や日本の歴史・文化など、様々なことを祖父母から学んでいます。

最近はよく授業の一環として、お茶を点てています。

武士達は茶の間に入る時、刀などを全て置き、戦から少し離れて話す場として茶の間を利用したそうです。
こういった歴史を知ったうえでお茶を飲んでいると、遠い昔の人々と繋がっているような気がしてきます。

茶室には狭いものだと、二畳程の茶室もあるそうです。
二畳程の空間に大人が2,3人以上入るのですから、隣の人の肩が当たるほどです。
ですが、これは"茶"の文化を創り出した千利休の狙いなのです。
その狙いは客と亭主の親睦を深めるということもありますが、裏には隣の人の呼吸や考えている事が分かるほど狭い空間で話をする事で、相手の本心を探るという狙いがあったそうです。
豊臣秀吉のフィクサーだったと言われる千利休らしいアイデアだなと思いました。

最近は仕事や育児に疲れた主婦などが家に亭主を呼び、畳でできた机の上でお茶を楽しむ、という新しいかたちがあるそうです。
本来、お茶を飲む前に和菓子を少し食べますが、主婦たちはマカロンを食べていました。
お茶に合うのは和菓子に決まっていますが、時代に合わせてかたちも変化していくのは面白いな、と感じました。

余計な事を何も考えずに点て、飲むのでリフレッシュになります!
皆さんもやってみて下さい!

Polcaは6/17で終わりになります。
応援してくれる方は是非、よろしくお願いします。
↓Polca URL
https://polca.jp/projects/cI3SoYODc07

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

56
高橋 悠真 16歳です。高校には通わず、今年の3月にプロサッカー選手を目指してスペインでの生活をスタートします。本田圭佑選手のツイッターの企画で選んでいただき、お話することができました。応援してくれると嬉しいです!noteは継続していこうと思うので、是非読んで下さい!

コメント2件

高橋さん、はじめまして!赤松と申します。本田圭佑さんの企画で高橋さんのことを知りました。
スペインでのサッカー、応援しています!そして日本文化について勉強した上で海外に行かれるんですね!
ぜひ外から日本はどう見えるのか、純粋な高橋さんの想いを聞いてみたいので、note更新楽しみにしています!
私も負けないように最大限努力します!
FCオーパスワンというジュニアサッカークラブを運営している山崎と申します。
本日、高橋悠真君のおかげでnoteやポルカを知りました!支援〆切という事で残念でしたが、何か応援の気持ちを形にしたいと思いコメントさせて頂きます。

バルセロナで頑張っている日本人の方は多くいますが、僕が良くして頂いている佐藤社長という方を紹介します。

http://amanecer2013.com/index.html

元Jリーガーの方でバルセロナを中心に選手や日本から来るチームのサポートをやっている方です。
現地密着、地元協会ともつうつうなので頼りになるかと思います!
僕のチーム名と名前を伝え、お金は無いがサポートして欲しい!と高橋君の想いをぶつけてくれたら力になってくれるはずです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。