松下ゆき

noteではたらく会社員デザイナー。福岡⇄東京。ハロプロが好き。

人生で初めての日記。

松下ゆき

noteではたらく会社員デザイナー。福岡⇄東京。ハロプロが好き。

メンバーシップに加入する

人生で初めての日記。

  • 先日の話。

    ¥100 / 月

    人生で初めての日記。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 過去分の日記すべて
    • 生活とそのときの思考

マガジン

  • #デザイン 記事まとめ

    • 6,137本

    デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

  • note PMチームで働くひとびと

    • 50本

    note PMチームの日々のできごとや、考えていることについて書き綴ります。

  • note デザイナーマガジン

    • 79本

    noteのデザイナーが考えるデザインについて書き綴ります。

  • 松下の読みもの記事

    松下の書いたコラムやエッセイっぽい記事をまとめています。

  • イラストの記録

    • 6本

    イラストに関する自分のnoteまとめ

  • 先日の話。

    ¥100 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 過去分の日記すべて
    • 生活とそのときの思考
    • #デザイン 記事まとめ

      • 6,137本
    • note PMチームで働くひとびと

      • 50本
    • note デザイナーマガジン

      • 79本
    • 松下の読みもの記事

最近の記事

組織拡大で、noteのデザインチームが新しく挑戦するようになったこと

noteのデザイナーの松下です。 昨年末で、入社して3年がたちました。早いものです。 以前も、noteのデザインチームがどういった業務に向き合っているかについて書いたのですが、 この記事からおよそ2年を経て、さらにnoteは拡大しましたし、社員数も35名程度だったのが、150名超(!)にまで増えました。 さらに、そんな中。働き方も、リモートワークが中心になり、私を含め、遠方から働く社員も増えました。 環境が変わると、新しい課題が生まれます。そして必要とされる「デザイン」

スキ
81
    • チームの視座をあげる「施策のドキュメント化」のススメ

      noteのデザイナー(ときどきPM)の松下です。 どんなプロダクトであれ、行った施策の概要・結果の記録化はしていることが多いと思います。 この手のドキュメントはそれぞれの開発チームのスタイルがありますが、この記事ではnoteの、私が所属するチームで使っている「施策ドキュメント」のテンプレをご紹介します。 私としては、この「施策のドキュメント化」を導入してメリットしかなかった…! 運用じたいは、始めたのは今年にはいってから。その経緯・目的と、具体的なフォーマットについて書

      スキ
      60
      • デザイナーとPMの役割の違いと重なりを整理してみた。

        noteのデザイナーの松下です。最近、プロダクトマネージャーの領域にも挑戦しています。 noteのデザインチームがとらえる「デザイン」の幅は広く、どの段階から設計に入り、アウトプットは何かまで、とても柔軟です。 アウトプットはUIやグラフィックだったり、広報的な記事だったり、ときには運用ワークフローそのものだったりします。 そういった意味では、自然と、noteのデザイナーはプロダクトマネージャーの領域ともグラデーションになっていました。 これまでPM的役割はデザイナーや

        スキ
        333
        • かつて「話し方がキツい、威圧的」と言われた自分が今コミュニケーションで気をつけていること

          noteのデザイナーの松下です。PM業務を行うこともあり、基本的に、複数の職種がいるチームで仕事をしています。 チームでものを作る以上、避けるべくもないのがコミュニケーションです。 先日、同僚に「相手の話を聞く忍耐があるね」「物腰が柔らかいね」と言ってもらえたことがあり、「自分もちょっとは成長したんだな…」と遠い目になりました。かつてはマジでそんなことなかったからです。なんならキツい態度で、「こいつイヤな奴だな」ってムーブをかましてしまっていたと思います。 そこで、自分で

          スキ
          545

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • #デザイン 記事まとめ

          • 6,137本

          デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

        • note PMチームで働くひとびと

          • 50本

          note PMチームの日々のできごとや、考えていることについて書き綴ります。

        • note デザイナーマガジン

          • 79本

          noteのデザイナーが考えるデザインについて書き綴ります。

        • 松下の読みもの記事

          • 6本

          松下の書いたコラムやエッセイっぽい記事をまとめています。

        • イラストの記録

          • 6本

          イラストに関する自分のnoteまとめ

        • 松下のお仕事記事

          • 7本

          松下が書いたお仕事系の記事をまとめています。

        • #デザイン 記事まとめ

          • 6,137本

          デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

        • note PMチームで働くひとびと

          • 50本

          note PMチームの日々のできごとや、考えていることについて書き綴ります。

        • note デザイナーマガジン

          • 79本

          noteのデザイナーが考えるデザインについて書き綴ります。

        • 松下の読みもの記事

          • 6本

          松下の書いたコラムやエッセイっぽい記事をまとめています。

        • イラストの記録

          • 6本

          イラストに関する自分のnoteまとめ

        • 松下のお仕事記事

          • 7本

          松下が書いたお仕事系の記事をまとめています。

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 8/14 生きる偏差値が低くたっていいのよ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 6/18 納豆がかわいそうでしょうが!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 6/6 「ダイエットは森で 私はタタラ場で暮らそう」と本当は言いたい

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 5/8 その者、肉の衣(ころも)をまといて

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 3/6 トシゾーとカッパとピアノ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 8/14 生きる偏差値が低くたっていいのよ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 6/18 納豆がかわいそうでしょうが!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 6/6 「ダイエットは森で 私はタタラ場で暮らそう」と本当は言いたい

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 5/8 その者、肉の衣(ころも)をまといて

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 3/6 トシゾーとカッパとピアノ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 神聖かまってちゃんの記事、いまだに読んでくれる人がいてうれしいです。https://note.com/yuki_doro/n/n54aac49f7bfb 当時は進撃の巨人のEDをかまってちゃんが担当してたのですけれど、今期のアニメ最終章ではなんとOPに躍り出ている。やったぜ!https://natalie.mu/music/news/407687

            スキ
            10
            • 5/14 理解しあえない

              これは、先日の話。サークルに投稿している日記のサンプルです。日記帳がわりにサークルを使ってみてます。 ========== ホコリがついていたのでコロコロを使おうと思ったらはがし方がビリビリの状態になっていた。ヒガシノのしわざである。 すべて均一にはがすのではなくある程度はがれた段階でむしりとろうとすると端っこの細いところだけはがすサイクルが変わってしまって歪つな切れ目になるのだ。わかるだろうか?伝われ。 ヒガシノはラップもよくこういう状態にする。 私はそうなってると

              スキ
              42
              • 「オンライン採用イベント デザイン編」資料と動画のご紹介

                noteのデザイナーの松下です。 先月、note主催のオンライン採用イベント、#大人の社会科見学のデザイン編が開催されました! 登壇者も、参加者も、全員リモートの採用イベントです。 各社のデザインチームを招き、チームのカルチャーや実態をお話していただきました。 noteからは、CXOの深津さんと、私がモデレータとして参加しました。 イベント主旨外出や接触が制限されるいま。採用活動も奪われてしまった機会のひとつです。 noteのミッションは「だれもが創作をはじめ、続けら

                スキ
                28
                • noteの規模が拡張してからの、チームとデザイナー像の変化

                  noteのデザイナーの松下です。 昨年はnoteのDAUが倍増するなど、サービスにとって変化が大きい年でした。 以前も、noteのデザインチームとそのサービスへの関わり方について記事を書きましたが、そこからおよそ一年が経過して、デザインチームの動き方も変化がありました。(メンバーも増えました!) もはや、デザインチームというよりも組織自体に大きい変化が起きています。 この短期間でこの変化幅…このライブ感はなかなか味わえるものではなく、エキサイティングな日々を過ごさせても

                  スキ
                  179
                  • リモートワークでの自己管理とコミュニケーションのコツ

                    noteのデザイナーの松下です。 感染症が広まり、リモートワークを推奨する企業も増えてきました。noteでもお題企画「#リモートオフィス」が開催中です。 私も、リモートで仕事をする人間のはしくれとして、ちょっとしたコツを共有します。 リモートワークについては、組織の受け入れ体制自体や、そもそも業務として可能かどうか…などいろいろな論点がありますが、ここでは、「オフィス以外で仕事をする場合の心構えやコツ」を書いていきます。 自己紹介IT系インハウスデザイナーです。not

                    スキ
                    111
                    • 私は神聖かまってちゃん側の人間だった。

                      劔樹人さんが神聖かまってちゃんからのちばぎんの脱退についてnoteを書いていた。 この件について、slackでシェアしては憂いたり回顧したりぶつぶつ独り言を言っていた。そうしたら、同僚に言われた。 神聖かまってちゃんそんなに好きだったの? そう、好きである。 ハロプロなどについてはファンであることを公言していたのだが、神聖かまってちゃんについては、かなり個人的な思い入れによるところが大きく、いままであまり発言してこなかった。 あまりに個人的な思い入れなので、誰かと共感

                      スキ
                      285
                      • noteのデザイナー体制とカイゼンチームでの取り組み

                        ピースオブケイクのデザイナー、松下です。 昨年の11月から入社し、気づけば入社して5ヶ月がたちました。 (そしてnoteも5周年を迎えました!5つながり🎉) どんなチームでどんなことをしてきたのかを書いていきます。 デザイナーの体制現在、ピースオブケイク のデザイナーは4名います。 全員が中途入社です。 それぞれ経歴と得意領域が違います。 スタートアップではやることは無限に発生するので、特化したプロフェッショナルより先に、ジェネラリストが必要になるケースが多いです。 得

                        スキ
                        169
                        • テラスハウスの「ヤラセ」問題とオンステージ力について

                          2019年になった。 正月に気づいたことがある。テラスハウスは作業用BGMに最適だ。 みなさまは年末大掃除はされただろうか。 私は根がゴリラなので特に何もせずウホウホと過ごし、気づいたら年が明けていた側である。そこで、正月の有り余る悠久の時間(とき)の中で気まぐれに断捨離をちまちま進めつつ、テラハを流し続けていた。 テラハは音声だけでもだいたいのゴタゴタが認識できるというのがグッドポイントだ。なにせゴリラなので断捨離は始めた瞬間に飽き始める。そんな時に耳にテラハの事件勃発

                          スキ
                          62
                          • フレディ・マーキュリーの壮絶な「ファンにさせ力」について

                            ピースオブケイクに入社してしばしば考えるようになったことがある。 クリエイターにとって「ファン」は必要不可欠な存在だ。ファンが作品を追いかけてくれること自体が制作モチベーションを折らさずに保ってくれるし、作品を求め、ときにお金をおとしてくれるのもファンだ。 「いち読者」を「ファン」に変える力をもつのはどんなクリエイターだろう? 一つの答えがこれである。 フレディ・マーキュリーの人生を描いた映画ボヘミアン・ラプソディが絶賛上映中だ。 私も観て、フレディの「ファンにしちゃう

                            スキ
                            146
                            • オタクには遊泳魚タイプと深海魚タイプがいる

                              私は一般的にいうと「オタク」寄りの人間だと思う。 ところが現職のピースオブケイク社は、noteやcakesを運営しているだけあってか、社員の「オタク」度平均値が高いのである(「趣味人」「サブカル」などいろいろな言い方はあるだろうがいったん「オタク」で統一する)。 ツーカーで作家カレー沢薫氏の良さを理解してくれたり、ハロプロ話を共感してくれたりするオタリテラシーの高さはこれまでの交友関係と比較すると僥倖ともいえる事態である。 そのくらい基本ステータス値が「オタ」にふれた人材

                              スキ
                              106
                              • 自己紹介

                                こんにちは。松下ゆきです。 インタラクション・体験のデザインが専門で、プロジェクトマネージャー業にも足をつっこんでいます。 2018年11月よりピースオブケイクにデザイナーとして入社しました。 もともと絵・漫画・エッセイ作品をnoteで読むのが趣味なので、自分でも練習しているところです。 略歴2011年 IMG SRC入社。デザイナーとしてweb/APPのクライアントワーク中心に携わる。2014年Yahoo! JAPAN入社。女性向けメディアTRILLの立ち上げから運用ま

                                スキ
                                46
                                • 同棲のメリット

                                  スキ
                                  305