柊有花

「見えないものを形にし、誰かに何かを届ける」をモットーに、イラストや文章、選書など多岐にわたり活動。国内外での展示や石井ゆかりさん『星ダイアリー』や瀬尾まいこさん『優しい音楽』装画、紙雑貨のイラストなどを担当。 https://hiiragiyuka.tumblr.com

『花と言葉』のノベルティのこと

『花と言葉』が400冊完売し、みなさんへのお礼の気持ちをこめたノベルティを作ることにしました。 どういうものがいいだろうと考えていたら、昨年からずっと形にしようと…

スケッチのようにやわらかく描いた、とても楽しかった

生の絵具のきらめき

世界堂へ行って顔彩を買った。 藤紫、青草、沈香茶、牡丹、色の名前を頭のなかで読み上げるだけで心躍っている。 ここ何年間はずっとリキテックスというアクリル絵の具を…

乾いた心の栄養となるもの

6月の個展がなくなって、次の10月の個展のことを考えている。それ以外にもいくつか展示の予定が入っているので、エンジンをかけたいなあとすこし焦っているのだけど、心が…

大船駅のホームで始発を待つ、黒の上着に黒のネクタイを締め、白髪のひとは大きな桐の箱を抱えている、向かいのグリーン車には、行楽へ向かうひとたちが笑っている、ビールを開ける音はこんなにも違う響き、ひとの喜びと悲しみ、そのあいだを東海道線はどちらにも与せず淡々と繋いでいる

鳴らない音は風景のなかに含まれている

Twitterで、鳴っていない音が聞こえる、ということを書いた。それについて考えたり、ひとと話しているなかでだんだん自分の理解が進んできたように思うのでここに書いてお…