印刷のあれこれ/(株)山田写真製版所

富山県富山市の印刷屋さんです。 製版技術、印刷技術で培ってきた「色の再現性の技術」「色…

印刷のあれこれ/(株)山田写真製版所

富山県富山市の印刷屋さんです。 製版技術、印刷技術で培ってきた「色の再現性の技術」「色の知識」を強みに、さまざまな印刷物に携わっています。 印刷物を作ろうと思っている方に、ちょっと耳よりな情報を心掛けて更新していきます。

最近の記事

【印刷立会いレポ】湯浅啓様写真集『Notochrome』

4月のとある穏やかな日、写真集『Notochrome』の印刷立会いで龜鳴屋・勝井様、写真家・湯浅様、デザイナー・橋詰様がご来社。終始和やかな雰囲気の中、制作の裏話も交えお話を伺いました。 この写真集は能登の日常風景を撮影したもので、すべてモノクロでまとめられています。モノクロである意味や想い、タイトルに込めた願いがあとがきに綴られています。 『Notochrome』の構想は、今から遡ること6年前。2018年に開催された湯浅さんの同名の写真展を見た勝井さんが、これは是非写真

    • TOYAMA ART DIRECTORS CLUB 2024

      2024年4月13日(土)富山の一流デザインが集まる審査会TOYAMA ART DIRECTORS CLUB 2024が開催されました。毎年審査員を招き審査が行われます。今年は富田光浩氏、前田晃伸氏、窪田新氏。 富山県在住で作品をアートディレクションされたクリエイターなら、どなたでもご応募できます。当社からは4点応募したものの、今年は入選が叶わず残念な結果となりましたが、グランプリ高森崇史さんの「富山ますずし学校」をはじめ当社が印刷を担当した作品が数多く受賞され、富山のデザイ

      • これまでの歴史 Vol.1

        「写真製版」とは印刷に使う原版を作ることを指します。 テクノロジーがいかに進化しようとも、印刷するためには元となる版が必要で、この関係は今も昔も変わりません。 創業当初  1921年(大正10年)~1951年(昭和26年)ごろ 印刷業に携わってきた山田の歴史は深く、前身となる会社も含めると1897年(明治30年)まで歴史をさかのぼることが出来ます。お客様に「山田さんは印刷会社ですよね?社名に入っている製版所って何ですか?」と聞かれることがありますが、もともと製版会社として

        • 巣巣(すす)訪問

          書き手である私は初めて巣巣(すす)さんを訪問します。 巣巣さんは富山市立山町にある雑貨屋です。担当した原画のソルグラフが並ぶ展示が始まったので、そのご挨拶にお伺いさせて頂きました。 *「ソルグラフ」とは弊社のデジタルアートプリントサービスです。 富山市街地にある会社から山側に向かって車で30分ほど。冬越し田植え前の茅色の田園風景を横目に流しながら、途中でそれて細い道へ。スピードを落としてゆっくり進んでいくと、黒い塀の上に白い石が乗っているのに気づきました。 近づいてみると