見出し画像

頭の中の思考の棚卸し・心にスペースを開ける✴︎【書くということ】

eri

こんにちは✴︎ eriです^^
昨日から「作家を夢見る青年の話」という
人生の無数のルートの話を書いていたのですが🌼
イメージで表現したちょっと風変わりな内容で
まとめきれなかったので記事を寝かせることにしました
急遽、内容を差し替えです(笑)
書いていてすごく楽しかったので
そちらの記事もまた改めてUPしますね!

本日は
💐『頭の中の思考の棚卸し』
💐『心の中にスペースを開ける』

というテーマで
「書くこと」についてお話しします☆


❁⃘頭の中の棚卸し❁⃘

自分の内側のものを「書くこと」をされてる方
どれくらいいらっしゃいますか??
日記を書いたり、浮かんだワードをメモしてる
なんて声も聞きますね

この「書く」という作業がとってもいい!^^🌼

私自身も最近始めたばかりのこの『note』
時間を作って「書くこと」に向き合い始めたのですが
改めてことの大切さを実感しています
気付くことが盛り沢山!

『頭の中がぐるぐるしている』
『自分が何をしたいのかわからない』
『どうしたらいいのかわからない』

自分の感情や思考を整理したい時
私はよく好きなカフェで
「書き出す」ことをしてました☕️✍️✨

なんとなく紙を広げてただひたすら
書きたいことを書いていました
とっ散らかっていてもお構いなし
とにかく浮かんでくることを
どんどん書き出していきます

<その時の出来事、考えてたこと、自分の感情>

「こんなことがあった」
「あの人はこんなことを言った」
「私はこう思った」
「こんな気持ちになった」

すべて文字として可視化されていくと
客観的に一歩下がったところから
自分を眺めることができます
絡まっていた自分の思考は
全部そのまま目の前の紙におろすことができて
荷物をおろすように
身軽になっていきます

頭の中が一度空っぽになり
色んなことがどんどん整理されて
クリアになっていきます
そこで新たに見えてくるものがあったりします✴︎🌈
これが頭の中の思考の棚卸し作業です

<ヴィジョンの棚卸し>という
ちょっと心躍るものもあり
それもまた記事にしますね^^⭐️

画像1


❁⃘心の中にスペースを開ける❁⃘

『自分の気持ちがわからない』
『気持ちや感情が溢れそうになっている』

感情も同じです
心の中で膨らんでいる感情を
紙に書き出すことで
そこにはスペースが生まれます

「悲しい」と感情が文字に現れると
きちんと自分が持っていた感情を認識して
「あぁ、私は悲しかったんだ」と
受け取ることができます

自分では気付いていなかった感情が
浮き出てくることもあります
それは無意識の中にあった感情だったりして
自分の内部で暴れていることも多々あるんです

感情は自分に訴えていることがあります
自分の感情に気付くとは
自分の心の声を聞くことなので
それだけでも感情が癒されて昇華されていきます
ぼろぼろ涙が出ることもしばしば
自分で自分の感情に気付くって本当に大切です

紙に書き出すことで思考も感情も整理され
自分がどうしていきたいのかわかったり
気持ちに余裕が生まれたり
色んなことがクリアになっていきます

❁⃘「書く」ことは自分自身にアクセスするということ❁⃘

今日も素敵な1日を^^💐✨

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!