Taka

鍼灸マッサージ師日本スポーツ協会公認アスレチックトレーナー鍼師として海外勤務4年の後、プロゴルファー、バレエダンサー、力士などのアスリートの治療、トレーニング指導と治療院をやってます。日本語、英語で治療とトレーニング指導ができます。ホームページ acuancho.jp

Taka

鍼灸マッサージ師日本スポーツ協会公認アスレチックトレーナー鍼師として海外勤務4年の後、プロゴルファー、バレエダンサー、力士などのアスリートの治療、トレーニング指導と治療院をやってます。日本語、英語で治療とトレーニング指導ができます。ホームページ acuancho.jp

    最近の記事

    テキサス到着

    行きはANAで羽田からヒューストンまで直行便で行きました。到着した空港は写真の通りガラガラです。 いつもならかなり時間がかかる入国手続きも、入国する人が少ないことでかなりスムーズ。ただ、入国者が少なすぎてイミグレーションオフィサーの数が少ない。 まあ何とか上手く通ることができました。我々の乗っていた便は全米女子オープンゴルフに参加する選手と関係者が多く乗っていました。 今回は大会参加者とその関係者はアメリカのゴルフ協会USGAからの招待状があったため隔離期間も免除でした。

      • コロナ禍にアメリカ出張

        こんな時期ですが、サポートしているプロゴルファーの全米女子オープンゴルフトーナメント出場をサポートするため、今アメリカはテキサスに来てます。 こんな機会もなかなかないので今の海外渡航について備忘録。 まず渡米に際してPCRの陰性証明が必要。品川にあるクリニックのトラベル科で陰性証明をとりました。唾液でとるタイプのテストでUSGAから指定されたReal time reverse transcription PCR というものを受けました。 ここで一つのトラブル。私が陰性証明

        • 初めての渡航の時の荷物

          画像は悪いですが、初めてカーニバルレジェンドに乗るときの荷物の写真が出てきました。すべて新品で何から何までそろえていった時の荷物の写真です。 こんな感じの量で、これにバックパックを背負っていたようです。 豪華客船で合計4年間働いたのですが、だんだんと旅慣れてくると持っていくものを足していく事ではなく引いていく事を考えるようになります。大体のものは現地で調達できますから、わざわざ物価の高い日本で山ほど買い込んでいかなくてもいいというわけです。なかなか手に入らなかったものは日

          • 船員のC1Dビザの話

            久しぶりにパスポートの更新をしました。10年前に更新した10年パスポートを2016年に本籍変更のため申請に来て以来なので、4年ぶりにきました。 コロナの影響でしょうが、ガラガラのガラでした。一瞬で申請完了です。とても丁寧でわかりやすく簡潔な案内で気持ちが良かったです。 そんなことをしていたら、豪華客船のクルーになる時にアメリカ大使館で船員のビザを申請したことを思い出しましたね。 船に乗る時、降りる時はC1Dビザという、CAや船員が使うビザをパスポートに貼って出入国するわけ

            豪華客船クルーの生活

            さて、よく豪華客船で働いていたというと「世界一周したの?」と聞かれます。 世界一周をしている船というのは実はそんなにありません。特に大きな豪華客船は世界一周しない船がほとんどです。なので私も世界一周の船に乗ったことはありません。 大体の航程は1週間か2週間で完結するものが多いです。 クルーズの初日→embarkation day 一日中海の上を移動する日→sea day どこかの港による日→port day と呼び、私の最初に乗った船は下記のような航程でした Emb

            勤務初日後編

            スパツアーが始まりました。少人数のグループで乗客がどんどん来ます。大体がアメリカ人です。家族や友達のグループで乗ってきます。私の乗っているカーニバルクルーズは「Fun cruise 」とか「Party cruise 」と呼ばれていて比較的安価でクルーズに乗れる為、乗客の年齢層は低めで、乗った瞬間からお酒を飲みだす乗客が多いような船でした。 そんなテンションのあがったアメリカ人がどんどんの乗ってきます。もちろん乗客は英語しかしゃべりません、ネイティブの速度でいろいろ質問された

            鍼治療

            鍼治療と聞くと、痛い、怖いというイメージがあるかと思います。 鍼治療で痛みが出ることはありますが、大きく分けて2種類の痛みがあります。 1.鍼を刺した時にチクッと痛い 2.治療中にズーーンと響くような独特の痛み です。これらは少し意味が違います。 1.は良い痛みではなく、純粋に鍼が刺さって痛い状態。 2.は治療による効果がでるサイン というように捉えていただければ良いかと思います。 鍼治療が好きな方はこの2の感覚が好きな方、もしくは受けているうちにその感覚がかゆ

            勤務初日

            さて、ついにスパに行く時間となりました。 ユニフォームを着てスパに向かいます。ユニフォームに決まりはなく色の指定があるパンツと、革靴、白衣を着ろという指示でした。 私のキャビンは3階でスパはたしか20階くらいにあったと思います。私の乗った船は全部で5隻ですが、そのすべてでスパは最上階に近い階の船の最前部にありました。前にも書いたように船の中は迷路です。慣れてしまえばどうという事はないのですがこの日は2時間前に乗船したばかり、しかも豪華客船に乗るのは生れてはじめてです。スパ

            治療院を紹介します。

            治療院紹介 田園都市線用賀駅から徒歩6分のところにあります、鍼灸マッサージ治療院です。5年ちょっと前に開業して現在コロナ禍の中で何とか営業しています。用賀近辺にお住まいの方を中心に、いろいろな方の治療に携わらせていただいています。患者さんからの紹介でアスリートの治療やパーソナルトレーニングも担当しています。 鍼治療、お灸、指圧、あん摩、オイルマッサージを組み合わせながら患者さんにあったオーダーメイドの治療を行います。 どんな人が来ても同じことをするという街中のチェーンの

            エンバケーションデイ

            エンバケーションデイとはクルーズの初日で、乗客が乗船する日の事です。我々クルーにとって一番忙しい日といってもよいと思います。また、私の働くスパにとっても一番重要な一日と言えるでしょう。やることが沢山あります。 マネージャーのステファニーに教えられて、自分のキャビンに入ってまずはスーツケースの中身の整理から始めます。数時間後にはスパに行かなくてはいけないのでユニフォームを出しておきます。それからそのほかの洋服などを棚に整理し、シャワーを浴びました。船室はとても狭く、地下室のよ

            乗船&ステファニーagain

            やっと乗りますよ、船に。 昨夜突然終わりを告げた研修の最後にもらったeチケットの情報通りにロサンゼルス空港に行き、タンパ行きに飛行機に乗ります。持ち物は満載です。タンパに着きました。 雨です。土砂降りの雨です。 スーツケースにバックパックにもう一つの小さいスーツケース、右手と左手はどうやら埋まってます。 雨です。土砂降りの。 傘はそもそもあまりささない方ですが、今回はさせないです。困りました。これはかなり困りました。状況を整理すると。 右手→スーツケースガラガラ

            研修終了???

            そんなこんなで研修初日が終わりました。 絶望しながらまた宿まで帰りました。そのあとの記憶はあんまりありません。たぶんご飯食べて寝ただけだと思います。当時タバコを吸っていましたが、喫煙量が激増していた事は覚えています。ユースホステルの中庭のようなところでチェーンスモークしてました。 気が重い状態で研修2日目に突入。 ここでは英語でのプレゼンテーションの練習?発表が行われました。どのくらい練習してきたのかチェックされる感じです。 半端じゃなくできなかったです(笑) もうほん

            英語学習について

            今回のブログに関してはあくまで私の主観と経験からくる意見ですので、どう思われるかわかりませんが英語の学習に関する事を書いていきます。 最初に抑えておきたい事は私の英語経験です。 1980年生まれです。大学まで出ているので、中学校から大学まで何かしらの英語教育は学校でうけています、特別なものではありません。留学経験なし。つまり、大卒の一般的な教育を受けてきた39歳の男という事です。 英語学習にはいろいろな段階があると思いますが、私が今どのレベルの英語力があるかを自己分析す

            ステファニー(研修初日)

            研修初日はバスに乗りヨーサン大学に行ったのですが、バスの中がアジア人と黒人とヒスパニックのみでした。英語があんまり聞こえなくて、ここは本当にアメリカ?って感じでした。そういう地域なんでしょう、たぶん。 そんな感じでバスに揺られ目的地に到着しました。前日に下見もしてますので着くまではスムーズ。 時間より早く着き他の研修受講者と思しき人たちと何となく同じ場所に集まっていました、場所が大学なので普通に学生がいます。 なんか分からないけど人のいる教室に入って座ったら、普通の授業

            ロサンゼルス研修2

            サンタモニカ滞在中は、すこしの観光もしました。サンタモニカピア〜ベニスビーチをユースホステルで知り合った韓国人と歩いて観光しました。 ユースホステルにはいろいろ何から来た若者がメインだと思いますが、割と年齢層の低い人たちがたくさんいます。確か日本人も何人かいて、話したところ近くの語学学校に留学していると言っていました。 日本を出るときに一つ決めたことがありました、それは「なるべく日本人と喋らないこと」。 喋っちゃいました(笑) でもそこでズルズル行かないように心を入れ

            ロサンゼルス研修

            この時点でなんとなく海外の会社は日本の会社とは違うのかな?と感じていましたが、そもそも海外の他の会社で働いたことがないので、あくまで私の1つの経験として書いています。一般化はできないと思います。 契約形態は社員のようなものではなく、その都度の契約スタッフのような感じです。船に乗ったその瞬間から、降りる瞬間までの6〜7ヶ月間の契約です。日本から船に乗るまでと、船から日本に帰るまでは自己責任です。 交通費は行きは自己負担、帰りは会社負担というシステムでした。 スーツケースを