見出し画像

豪華客船クルーの生活

さて、よく豪華客船で働いていたというと「世界一周したの?」と聞かれます。
世界一周をしている船というのは実はそんなにありません。特に大きな豪華客船は世界一周しない船がほとんどです。なので私も世界一周の船に乗ったことはありません。

大体の航程は1週間か2週間で完結するものが多いです。

クルーズの初日→embarkation day
一日中海の上を移動する日→sea day
どこかの港による日→port day

と呼び、私の最初に乗った船は下記のような航程でした

Embarkation day
Sea day
Port day
Port day
Port day
Port day
Sea day
Disembarkation day / embarkation day

といった1週間です。
1週間に一度2500人の乗客が乗っては降りを繰り返します。今までに乗った船で1番乗客が多い船は4200人の乗客が3日に一回入れ替わるという航程でした。

ビジネス的に言えば、潜在的なお客さんが毎週何千人単位で乗ってくるのは凄いことですが、すぐにいなくなってしまうという特異な環境です。

1番忙しいのはsea day とembarkation day ですかね。

今回ははsea day について書いてみます。

時間については記憶が曖昧なところがありますので、多少間違ってるかもしれないです。

8:00 ミーティング
10:00 セミナー
14:00 セミナー
19:00 ミーティング

上記の時間以外が治療に当たっている時間になります。治療室は2部屋あり、同時に2人の治療を行なっていましたので、忙しいと本当にスケジュールがヤバイ状態になります。

まあ忙しくなるのはまだ先の話ですが(笑)

今は英語で仕事し始めたところで自分の事で忙しい状態です。

患者さんがいない時は人目に付くところに立って前を通過する人に鍼治療の説明をして治療を受けてもらえないか営業するという日々で精いっぱいです。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです
1
鍼灸マッサージ師日本スポーツ協会公認アスレチックトレーナー鍼師として海外勤務4年の後、プロゴルファー、バレエダンサー、力士などのアスリートの治療、トレーニング指導と治療院をやってます。日本語、英語で治療とトレーニング指導ができます。ホームページ acuancho.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。