見出し画像

ロサンゼルス研修

この時点でなんとなく海外の会社は日本の会社とは違うのかな?と感じていましたが、そもそも海外の他の会社で働いたことがないので、あくまで私の1つの経験として書いています。一般化はできないと思います。

契約形態は社員のようなものではなく、その都度の契約スタッフのような感じです。船に乗ったその瞬間から、降りる瞬間までの6〜7ヶ月間の契約です。日本から船に乗るまでと、船から日本に帰るまでは自己責任です。

交通費は行きは自己負担、帰りは会社負担というシステムでした。

スーツケースを2つ持ってサンタモニカのユースホステルに到着します。ユースホステルの受付の若者とのチェックインのやりとりで自分の英語力に一抹の不安を覚えつつ部屋に向かいます。

部屋には2段ベッドが3つ、合計6人が宿泊できる部屋だったと思います。スーツケースを置く場所をかろうじて見つけ2段ベッドの上に腰を下ろしました。出かける時はスーツケースはどうすればいいのだろうかなどと考えましたが、持ち歩くのは無理なので貴重品だけ持ってあとは盗まれないことを祈る🤞という事なんだなとフワッと理解しました。

ちなみに日本の携帯電話は持って行きましたが、Wi-Fiがあるところでのみ機能する状態なので、ユースホステルから一歩外に出ればただの携帯電話型カメラです。
とりあえず初日は近場で買い物などをして終わったような気がします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです
鍼灸マッサージ師日本スポーツ協会公認アスレチックトレーナー鍼師として海外勤務4年の後、プロゴルファー、バレエダンサー、力士などのアスリートの治療、トレーニング指導と治療院をやってます。日本語、英語で治療とトレーニング指導ができます。ホームページ acuancho.jp