見出し画像

書籍「あなたの不安を解消する方法がここに書いてあります。」 #全文公開チャレンジ 第8回

こんばんは。ニッポン放送・アナウンサーの吉田尚記です。

#ふあかい 全文公開の第8回は、いよいよ「メソッド1」のラストです。ぜひ最後までご覧ください。

予約はこちらから

メソッド1  「不安」の正体を明らかにしよう

手っ取り早くセルフエスティームを上げるには

 不安を感じたら、具体的に対処する。次の不安がわいてきたら、また具体的に対処する。するといつの間にかセルフエスティームが上がって、そもそも不安自体をあまり感じなくなる。
 これが、ぼくがこれまで考えてきた不安を退治するための正攻法です。

 ただ、不安がある人は、ある意味で幸運です。不安を出発点にして行動することができるからです。
 実は、不安を感じているというのは、最高の没頭を手に入れるために、ラッキーな状態なんです。人間、自分が価値があると思っているものに対してしか、不安を感じませんから、自分が価値を感じるものがわかった、ということ。勉強ができなくて不安、という人は勉強に価値を感じています。勉強がどうでもいいと思っていたら、いくら勉強ができなくても不安にならないはずです。あとは、勇気を出すだけです。
 一方で、「退屈だけど、不安は感じていないよ」という人がいたとすると、それはおそらく、本当に価値を感じるものを自分から求めに行っていないのです。
 退屈を甘んじて受ける多くの大人は、受け身のままです。ただそれでは、セルフエスティームは高まっていかない。
 そこで受け身ではなく、積極的にセルフエスティームを上げる方法としておすすめしたいのが、「知らない人に自分から話しかける」ことです。話しかける=コミュニケーション。ここでコミュニケーションの話に戻ってきましたね。
 しかも相手は知らない人。めちゃめちゃハードル高くないでしょうか? 知らない人に話しかけると、予想外の答えや反応が返ってくる。どうしたらいいんだろう。そう、不安がわいてきます。知らない人たちが、未知の価値あることを知っている、と思うから不安。知らない人たちへの敬意があるからこそ、不安なんです。

 手っ取り早く不安を作り上げて、それに対処する機会を自ら作る、というのが、このミッションの意義です。
 知らない人に話しかけるだけなので、いつでも、どこでも挑戦できる。仮にうまくいかなくても、知らない人だから、これまでの日常生活にはノーダメージ。その経験は、会話をする能力につながります。そのときセルフエスティームも勝手に上がる。不安が消えていく。これ以上うってつけのことはありません。

 先日、うちの娘のパソコンのACアダプターが壊れてしまったことがありました。
 本人がどうすればいいかわからないようだったので、「メーカーのカスタマーサポートに電話すれば何か教えてくれるよ」とヒントを出してみたんですね。でも、しばらくは何もしない。カスタマーサポート、つまり知らない大人に電話をするなんて、そりゃあ不安ですよね。ちなみにほとんどの人が個人用の携帯を持っている今、オフィスに電話したことがない、なんて人がいても、不思議はありません。
 なんて言うべきなのか、相手に怒られたらどうしよう、とか、いろいろ悩んでいる様子がみてとれました。
「あ、こりゃやらないかな」「ちょっとハードル高かったかな」と思ったんですが、2~3日したら電話をかけている。「あの~、すみません……」って。意外に行動力があるな、と思っていたら、ちゃんとやり取りしていて、ACアダプターを無償交換してもらっていました。「どうだった?」と聞いてみたら、「おもしろいおじさんと話しちゃった」とケロッとしています。
 やってみたら何てことはないんです。
 事前に相手を想像することは大切だけど、相手がどう出るのかは想像力だけでは限界があります。完全に事前に想定するなんてことは不可能なので、やる、と決めて電話をかけだしてしまえば、もう対処するしかなくなる。
 案ずるより、産むが易しです。

 この状況を、自発的に生み出してみましょうか。
 ひとりで服を買いにファッションビルへ行ってみる。これはどうでしょうか?
 なんでファッションビルかというと、これはぼく自身が十代のとき、めちゃくちゃ苦手なシチュエーションだったからです。洋服のことはさっぱりわからないし、そもそも「服を買いに行く服がない」、オシャレな場所に場違いな格好で行って、バカにされたらどうしよう、と不安で仕方がない。店員さんに何をどう聞けばいいかもわからない。
 今だったら、そこで、あえて店員さんに話しかけてみます。なんでもいいんです。
「すみません、今の季節って、何かおすすめってありますか?」
「今日、予算これだけなんですけど、見繕ってもらえませんか?」
「いい感じの服をお願いします!」
 これでもう合格。今思えば簡単なことなのですが、当時のぼくはこういう第一声すらままなりませんでした。
 あとは、そりゃ、手頃な似合う服を手に入れられれば、それに越したことはないですけど、それは二の次。思い切って声をかけたあとにどんなに大恥をかこうが、まったく好みじゃない変な服を買わされようが、全然気にする必要なし。死なずに家に帰ってごはんが食べられたら、それでいいんです。
 どうです? ハードルを「死なない」に設定するとしたら、コミュニケーションって、案外簡単な気がしてきませんか。
 これを繰り返していけば、お店ではどんな風に振る舞うとスムーズにいくのか、コミュニケーションの作法が経験として否応なしに身についてくる。
 さらにコツをちょっとだけ押さえておけば、上達はもっと早いはずですよね。そのコツについては次章、メソッド2で。

もくじ

はじめに
メソッド1
「不安」の正体を明らかにしよう

 -不安はどこからわいてくる?
 -不安は社会の原動力

 -不安の先には、死しかない
 -コミュニケーションからの完全な断絶が、死

 -「不安」はまったく役に立たないもの?
 -不安への対症療法は、「これからどうするか」

 -とりあえず、具体的にやってみる
 -具体化って超大事

 -「なんか大丈夫」感=セルフエスティーム
 -考えるよりも、行動しよう

 -人生で一番役に立たないプライドの話
 -手っ取り早くセルフエスティームを上げるには
 -COLUMN① パソコンは生産の道具、スマホは消費の道具
メソッド2
知らない人に話しかけてみよう
 -「モテたい!」は、叶うのか?
 -コミュ力は才能じゃない
 -知らない人に話しかけるために必要な持ち物
 -コミュニケーションとは、協力型のゲームだ
 -聞いたらダメ、やったらアウトってなんだろう?
 -人に好かれる方法はない
 -彼氏・彼女がほしい! だったら知らない人に話しかけよう
 -実践編① コミュニケーションに最も必要なのは「質問力」
 -実践編② 質問はWhyよりも、Who・When・Where・What・Howが有効
 -実践編③ 会話のきっかけ「木戸にたちかけし衣食住」
 -実践編④ 会話を「えっ!」でトラップする
 -実践編⑤ 間違った情報でもぶつけてOK
 -実践編⑥ 自分の気持ちを表現する=説明力
 -実践編⑦ あいさつをしよう、時間を守ろう
 -実践編⑧ 大きな声が出せていれば、なんか大丈夫
 -COLUMN② 「集中力」は「無視力」
メソッド3
“深刻ごっこ”禁止
 -悩みは自分に何をもたらす?
 -「みんな悩んで大きくなった」はウソ
 -深刻さとはエンタメである
 -決断だけが、人を成長させる
 -承認を目的とすることはできない
 -きみが不機嫌になるのはなぜ?
 -実践編① バンザイして悩んでみよう
 -実践編② 悩みから「暗くなる」をとっぱらってみる
 -実践編③ 適度に“深刻ごっこ”を楽しむ
 -実践編④ 悩むの禁止
 -実践編⑤ やりきることを目的にする
 -実践編⑥ 他人に期待しない
 -実践編⑦ 愛嬌最強説
 -COLUMN③ 引き出しを増やす方法
メソッド4
「面白そう!」さえあれば、人生は大丈夫
 -「夢を持て」って言うけれど
 -100個やって、どれか1個ハマればラッキー
 -今しかできないことをやろう
 -〇〇をやりたいのか、〇〇家になりたいのか
 -楽しむってなんだろう?
 -完全な自由はないけど、どの不自由にとらわれるかを選ぶ自由はある
 -結論。不安を解消する方法=知らない人に話しかける
おわりに

というわけで、今日はここまで。続きはまた明日!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれただけでありがたいのに!
33
ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記ですー。

こちらでもピックアップされています

吉田尚記 #ふあかい #全文公開チャレンジ まとめ
吉田尚記 #ふあかい #全文公開チャレンジ まとめ
  • 40本

書籍『あなたの不安を解消する方法がここに書いてあります。』#全文公開チャレンジのまとめです

コメント (1)
よっぴーが人の懐に入る聞き方が上手い理由、納得できた気がします。
MCする姿みて「話の振り方、持って生き方が上手いなぁ」と思っていたので。
同じ感覚かはわかりませんが、
自分の場合、あえてコミュニケーションを取るような状態をONにしたとき、
①見ず知らずの人でも話しかけるの意外と苦にならない
②興味をもって相手の話を聞ける
③疑問を素直に相手にぶつけられる
という好循環になってる感じがあります。話してて面白さを感じれる状態というか…。
このコメントなんかも、「私のことなんて絶対知らないのにいきなり長めのコメントつけられて嫌がられるかもなぁ」とか考えたりもするのですが、
ここまでの『ふあかい』の内容を読む限り、その可能性低そうに感じたので初コメしてみました。ではでは(^^)/~~
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。