Vol.6_『組織的活動』とはどーゆー事だ?!
見出し画像

Vol.6_『組織的活動』とはどーゆー事だ?!

國松禎紀

当社は長らく『個人商店』の集まりだ...と言われてきたようで、職人的人材の育成が難しくなってきている今、「みんなで協力して」、「チームワークで」、「一丸となって」という言葉が盛んに出てきていて、いわゆる『組織的活動』を行おうとしています。良い傾向...♡

でも、こういう動きって案外”声掛け”だけに終わってしまうことが多いような気がして、会社全体として具体的にどのように進めるか...と考えた時には、なかなか難しいテーマのように思います。

そこで今日は、この『組織的活動ってなんだ?』ということを考えながら、「組織的に活動できているかどうか」をチェックできるようにする『フレームワーク』を考えたいと思います。

※貼り付けた写真はドライブに行った先々で写したものですが、特に意味はなく、本文とはなんの関係もありません。

※これまでの記事はこちらからどうぞ。

画像1

1.組織的ってなんだ?

辞書を引くと、

共通の目的のために、
全体が一定の秩序をもって
組み立てられているさま。

これはなかなかいい説明!だと思う。

というわけで、これに従って『組織的』について理解し、私達の活動がどうなのかをチェックできるようにしていきたいと思います。

2.「共通の目的」とはどういうことか?

共通の目的を持つためには、まず目的が「明確」でなければなりません。

明確」というのは、はっきりと示されているということ。そしてその明確にしたものが本当に明確なのかという検証をすることも必要だと思います。上司は明確だと思っていても、部下はピンと来ていないなんてことはよくある話です。

次に、その目的は「共通」でなければなりません。共通というのは「ある単位の組織の中で認識が統一されている」ということ。つまり、チームのメンバーと「何のためにやっているのか?」「何を目指しているのか?」が共有できているか...ということですね。

また、「目的」という意味では、会社の経営戦略にどのようにつながっている活動なのかということも、とっても重要なことだと思います。

これらのことは、実際にはなかなか難しいことですが、一つのポイントとしてはやはりきちんと『言語化する』ということかと思います。

共通の目的のために」というのは、組織的活動をする前提とも言えることですので、『目的をどうやって明確にしていき、どうやってそれを共通のものにしていくのか』はとても大事なことだと思います。

画像2

3.「全体が一定の秩序」とはどういうことか?

これは「一定の(共通の)ルールに従って」ということだと思います。ルールと言うと「守らなくてはいけない」という「規則」的なことを思い浮かべますが、それにとどまらず、

・指示命令系統に沿った報連相がされている
・部門間の話し合いがされている
・責任者が責任をもってチームをまとめてコトを進めている
・権限の範囲内での活動になっている

こういった『お作法』的なものも含まれると思います。

要は、決められたルール、あるいは一般的なルールや常識に沿って仕事が進められているかということだと思います。

この点については、その活動に計画があり、それに沿って活動出来ているかということでチェックが可能なのではないかと思います。なぜなら、秩序が保たれていないと計画は立てられないし、計画通りにも進みませんので。

4.「組み立てられている」とはどういうことか?

まずは、その活動がきちんと遂行されるための役割分担ができているか?特定の人に偏っていないか?設定した役割は十分か?要は、組織内で適正に分担されているかどうかだと思います。

それからもう一つ。その活動自体のストーリーが成り立っているか?つまり、最終目標や目的の達成に繋がることを説明できるかどうか?

ただ単なる施策の羅列ではなく、「ストーリーとして語れる」ものでなければ「組み立てられている」とは言えないと思うのです。

その活動が効果的であることを根拠を持って説明できる、達成への道のりがロジカルに説明できる施策である、こういう状態が「組み立てられている」ということだと思います。

さらに言えば1つ目と2つ目を組み合わせて、人物までも登場させてストーリーを語って欲しい。

まずは◯◯さん中心で☓☓のスキルを生かして▲▲を構築し、次のステップでは◯◯が中心となり※※の経験を生かした◆◆を実施して、云々...。こういう活動を通して利益率を◯◯%から▲▲%にするという成果を出していく。

こんなふうに語られたら、グッと実現可能な施策のように思えてくるのではないでしょうか?

画像4

5.フレームワークを設定しよう!

ここまでを踏まえて、チェックのための"フレームワーク"を設定したいと思います。

例えば「組織的に活動できているかどうか」をチェックする時に、大抵の人は、漠然とチェックしようとすると思います。そして「たまたま」その時に気づいたことを指摘する。これではそこが修正されても違う不具合に気づく。またそれを修正しても、また違うところに気づく。つまり”もぐらたたき”が始まるのです。

なので、様々な活動について、それが組織的かどうかを次の3つの視点でチェックする。そう、『いつでも常にこの3つの視点でチェックする』それがフレームワーク思考。便利ですね~!(でも使いこなすのは難しい...💧)

名付けて『POCチェック!!』(そんなおおげさな...)

組織的活動

6.おまけ(フレームワークの重要性)

経営者はこういった独自のフレームワークを持たないと、その時々で判断がぶれたり、活動によって温度差が出たり、時間が異様にかかったりすると思います。

フレームワーク思考で物事を進めることで、

同じレベルで施策が計画される。
同じ進め方で施策が展開される。
同じ物差しで施策が評価される。

こういう状態になれば、とても効果的な活動が期待できるし、効果がない施策もあぶり出しやすいです。無駄がなく効率的になります。

そこまでいかなくても、例えば社長が今回のPOCチェックを繰り返し使っているうちに…

「社長はいつも目的をはっきりしろって言う」
「社長は計画、計画ってうるさいよなぁ」
「社長にまた『根拠を示せ』って言われるよ」
「社長はやたら経営戦略との繋がりを気にする」

各社員がこういう意識になったら、それだけでもすごい効果だと思います。

しかし、こういった独自のフレームワークは、トライ&エラーにより確立されるので、何度もフレームを見直し、何年もかけて納得の行く検証が出来るものに仕上げていくことが必要で、そして、繰り返し繰り返し幹部に社員に伝えていき、実践させることが必要だと思います。

そのフレームワークが、その会社の独自のノウハウとなり、風土・文化になり、競争力の源泉となる。

最後に偉そうに言います!笑笑

借りてきたフレームワークでは競争に勝てない。経営者自身の強い思いが入ったフレームワークを持て!

画像6

7.まとめ

組織的ってどういうことか...?
自分の頭の中を整理する意味でも考えてみました。

書き出してみると、「当たり前じゃん!」というようなことがたくさんあるけれど、その”当たり前”が出来てないなぁ...と反省しました。

皆さんのところは、”組織的活動”について、どのように工夫されていますか?当社は少々古いタイプの組織ですし、新しい会社や自然と一体感を持って運営されている会社は「んん?」と思われるかも知れません。

が、職人的気質で個人商店的運営をされてきた中小企業にとっては、とってもとっても難しいテーマなので、色々と勉強しながら会社経営に生かしていきたいと思います。

本日はここまで。

画像7



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
國松禎紀
多種多様な6つの企業で、約30年に亘り人事・総務を経験。組織運営やマネジメントなどに関する持論の展開と、最近始めたキャリアコンサルタントの勉強をリアルタイムで記録していこうかと。週末の愛車ロードスターでのソロドライブ紀行もゆるゆると綴っていきます。