文学系奇術師蓬生 / Hosho

静岡のプロマジシャン、ライター。仕事のこと以外に読書、エンタメについて書いていきます。…

文学系奇術師蓬生 / Hosho

静岡のプロマジシャン、ライター。仕事のこと以外に読書、エンタメについて書いていきます。 WEB→http://www.yomogician.com YouTube→ https://www.youtube.com/channel/UCSXPB3skMIlx-c0mqsTkZYg

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【紹介】カミュ『異邦人』【もっとも影響を受けた一冊】

「それはともかくとして、一体被告は誰なんです。被告だというのは重大なことです。それで私にも若干いいたいことがあります」 (カミュ著・窪田啓作訳『異邦人』新潮文庫より抜粋) 人生でもっとも影響を受けた小説  私はある種の祈りを持ってこの小説を読み返します。今日こそはムルソーが報われますように。刑務所から出て、穏やかな人生を送れますように。マリイと結ばれますように。彼が望むと望まざるとにかかわらず、暑い太陽が彼を照らし続けますように——残念ならが、毎回結果は同じです。なぜなら彼

    • 2022.12.18 芸の神様こんにちは

      昨日は深夜に帰宅。横になったら一瞬で夢の中だった。9時ごろに目が覚めて布団の中でうだうだする。昨日マジックショーで使った食パンのあまりを食べて腹を満たす。食パンを使うマジックショーでよかったぜ。 夜は某所クリスマス会にゲスト出演する。アンコールまでかかって、かなりサービスしてしまう。喜んでいただけたようで幸いです。片付けて帰ろうとした時に、「すごく楽しかったです」と参加者の方からこっそり声をかけられる。オンの時は「お世辞でしょ」と受け流してしまうだろうが、オフの時は油断して

      • 2022.12.17 温かい君たちへ

        午前中は手品教室の講師として二時間ほど講座をやる。リクエストがあったのでロープマジックを教えたのだが、生徒さんたち大苦戦。こんな複雑で難しい手品を過去の自分はどうやってマスターしたのだろうと不思議に思う。たった数分の手品だが、一日で教えるのは諦めて宿題にする。みなさん頑張ってください。 夕方は御殿場のサンノトコロカフェでマジックショーだった(松坂の鈴鳴舎さん&伊勢のまいさんプレゼンツ。いつもお世話になっております)。今年の6月から始まって4回目になる。次回は来年の3月を予定

        • 2022.12.14~16 文字は残るから。

          祝ったり食べたりした。もやっとしたこともあるが、ここに記すほどではない。きっと忘れてしまうから。わざわざ文字にして苦痛を刻まなくていい。26の時に負った傷は癒えていない。何度も何度も何度も執拗に文字にしてしまったからだ。僕は耳で聞いただけだと大抵のことはすぐに忘れてしまう。人の名前も、地名も、おもしろい雑学も。でも、文字にして目で記憶するとなかなか忘れない。ちょっと特殊な言葉の羅列も、文字にしてしまえば大抵覚えられる。たとえば、「くるんてーぷぷらまはーなこーんあもーんらったな

        • 固定された記事

        【紹介】カミュ『異邦人』【もっとも影響を受けた一冊】

        マガジン

        • 日記
          40本
        • 文学と手品
          2本
        • 読書
          27本
        • 【マジシャン向け】レクチャーノート
          1本
        • 仕事
          18本
        • 文学系マジシャン
          19本

        記事

          2022.12.13 頭スッキリ

          美容院に行く。いつもの美容師Nさんにカットとシャンプーだけお願いする。 蓬生さんは髪の伸びるのが早いですね、とNさんから指摘される。生まれて三十数年、一度も髪の伸びる早さについて考えたことがなかった。盲点だ。通常は一ヶ月に1センチ程度らしいが、僕は一ヶ月に1.5センチくらい伸びるらしい。毛根が元気なんですね、と言われる。一応褒め言葉として受け取っておく。 夏も髪の伸びるのが早くなりますよ、と言われ二度目のへー。その美容師さんはネイルをしに行った時にネイリストから、夏なので

          2022.12.13 頭スッキリ

          2012.12.12 地方創生事業失敗のすべて

          東洋経済オンラインを読み漁っている。地方創生事業失敗事例へのコメントが辛辣で飽きない。 なんというか、もっともすぎて。

          2012.12.12 地方創生事業失敗のすべて

          2022.12.11 コピーの賞に応募してみた件

          第13回SCCしずおかコピー大賞 の表彰式に招待される。僕の書いたコピーが最終選考に残ったというのだ。応募数3,600の中から残れたのは素直に嬉しかった。 去年応募した際は箸にも棒にも掛からなかったが、この一年、コピーの本を読んだり、プロコピーライターの方から直接教えてもらったりして、ぼちぼち勉強していた。 そして今日。2回目で最終選考ならまあまあの出来ではないだろうか。 5つのお題から10作品が選考対象となり、協賛企業がその中から一つずつ作品に賞を与える。さらにすべて

          2022.12.11 コピーの賞に応募してみた件

          2022.12.10 ドローン妄想とコート新調

          ドローン規制の緩和というニュースを見る。都市部上空でも自動操縦であればドローンを飛ばせるようになるらしい。すでに離島へ荷物を運んだり、畑に農薬を散布するような目的でドローンが使われているのは耳にしていたが、「とうとう来たか」という印象。知らんけど。 ただ、僕が見たのはまったく別のビジョン。 ——2072年に起きたカスタトロフィにより崩壊した日本の首都、トーキョー。かつての賑わいは見る影もなく、瓦解したビル群は放置され、住所を持たない人々の楽園と化していた。 旧新宿高島屋

          2022.12.10 ドローン妄想とコート新調

          2022.12.9 あーーあ

          忘年会があった。あるはずだった。「陰性証明書をご持参ください」の部分を見落としていたので、キャンセルさせてもらった。非常に申し訳ないことをした。仕事じゃなかっただけマシだけど、久々の飲み会だと思って楽しみにしていたのに。 「ごめんなさい」の連絡をした後、買い物のために車に乗る。iPhoneを車のジャックに刺すとクリープハイプの「あ」が流れた。あいうえお順で自動再生されるため、この曲が必ず最初に流れる。いつもならすぐに別のプレイリストに変えてしまうのだが、今日はなんとなく最後

          2022.12.8 「ちょっと時間が空いたから」に憧れる

          午前中、ちょっとしたお芝居を見に行く。大勢が一体となって披露するお芝居というもの悪くない。昼間はイベントの資料をつくり(今日締め切りだった、やべえやべえ)、文章をひたすら書く。夜は商工会議所の集会に参加し、高校生向けの講和や来年のイベントについて話しあう。 密な一日だった。「スケジュールメモリー」とでも言おうか、僕が一日に処理できる約束は3つまでだ。それ以上あるとゲンナリして、処理速度がぐっと落ちる。もちろん仕事である限りはいくらでもやるけど、自分からは予約や約束を入れられ

          2022.12.8 「ちょっと時間が空いたから」に憧れる

          2022.12.7 座り仕事とインチキ治療

          一日中文章を書いていた。なかなか狙った雰囲気が出なくて苦戦する。量が多く、ぼんやりしているとゴールを見失いそうになるので、一気に突っ走る。集中には音楽もドリンクも不要。ひたすらにパソコンの画面と向き合う。 ただ、座り仕事は体に悪いとも聞いたことがある。調べてみると、たしかに「1時間座ると20分寿命が縮む」とか「死亡リスクが1.2倍になる」とかいった記述が見つかった。 むむ、単位が一律じゃないぞ。ソースはどこだ? そもそもなんで座っていると体に悪いんだ? 気になる、気になる

          2022.12.7 座り仕事とインチキ治療

          2022.12.6 シソとシソンヌ

          自分のことを他人の口から語られるのが苦手だ。たとえば、Aさんに話したことが僕の知らないところでBさんにも伝わっていたりするとゾッとする。それは俺の口から話させてくれよ、となる。お前はどこまで知っているんだ、とビビる。僕がYouTubeやTwitterでパブリックに発信したことならいいけど。 人には少なからず裏表があって、Aさんには話せてもBさんには知られたくないことってのも当然のようにあるわけだ。Aさんのことを信用して話したのに「なぜ?」となる。Aさんの評価はガタ落ちだ。も

          2022.12.6 シソとシソンヌ

          2022.12.5 自由とピュピュピュピュピュピューン

          某企業様からマジック体験(企業研修?)のご依頼をいただいた。形式が新しかったこともあり感覚が掴めず、企画内容と見積書の作成に手こずる。僕は要領が悪いので、自由度が高いほどピュピュピュピュピュピューンな気持ちになってしまう(fromぼのぼの)。 ピュピュピュピュピュピューンすると壁の一点を見つめたまま手が止まる。ただ、僕はまだ「マジック」という土台がはっきりしているから企画を立てやすい。僕がマジシャンではなく、「何をやってもいい人」だったら、お手上げだ。たったこれだけの自由で

          2022.12.5 自由とピュピュピュピュピュピューン

          2022.12.4 マジックショーとチョココロネ

          朝から沼津へ。子供会でマジックショーだ。直前でめちゃくちゃトイレに行きたくなったが、手品をしているうちに尿意が消える。子どもたちのリアクションがよかったからだろうか。別れ際にサプライズで手紙をもらう。「マジックショー楽しかったです。ありがとう」と書いてある。驚かすのには慣れているのに、驚かされるのはいつまでも慣れない。リアクションが下手くそだ。顔は歪だが、心はありがとうに満ちているんだよ。そんなリアクション。伝わったかな。 帰り道、コンビニでチョココロネを買う。車の中で食べ

          2022.12.4 マジックショーとチョココロネ

          2022.12.3 記憶のダークマター

          本日ワンツースリーの日、つまり奇術の日。僕の日。なのに奇術をしない一日だった。トランプにすら触っていない。本も読んでいない。何をして過ごしたのか、悪事を隠蔽したい政治家ばりに記憶にゴザイマセン。 気が付いたら夜になっていた。21時ごろに横になったら眠くなってきて、次の日朝早いからこのまま寝てしまおう、あ、まだ歯を磨いていない、お風呂にも入っていない、でも、もう、だめ、だ、と薄れゆく意識の中で考えていたことしか覚えていない。翌日朝4時に目覚め、歯を磨き、シャワーを浴びた。昨日

          2022.12.3 記憶のダークマター

          2022.12.2 推し活の季節

          世間はワールドカップで盛り上がっている。ワールドカップもオリンピックも見ない。スポーツは嫌いじゃないけど、僕の体はスポーツを見て楽しめる構造にはなっていなかった。 12月は感動より笑いだ。もうすぐM-1の決勝戦がある。YouTubeで予選を見て準備をする。一押しは真空ジェシカ。東京ホテイソン、かもめんたる(欲を言えばコントが見たい)、金属バット、さすらいラビーあたりも応援している。瞬間最大風速的な意味で言えば、セルライトスパの準々決勝ネタがよかった。 本当はお笑いで競って

          2022.12.2 推し活の季節