【宮崎】デカ盛りの店を作る!〜宮崎ひなた横丁(中央通り)からデカ盛りで宮崎を元気に!

デカ盛り大好きなメタボなおじさん。東京の会社で働いていたのに、突然宮崎県で飲食店をオープンさせることになってしまった。 宮崎県宮崎市、有名なニシタチからちょっと離れた中央通り沿いの『宮崎ひなた横丁』で『宮崎デカ盛りの店』を運営しています。

【宮崎】デカ盛りの店を作る!〜宮崎ひなた横丁(中央通り)からデカ盛りで宮崎を元気に!

デカ盛り大好きなメタボなおじさん。東京の会社で働いていたのに、突然宮崎県で飲食店をオープンさせることになってしまった。 宮崎県宮崎市、有名なニシタチからちょっと離れた中央通り沿いの『宮崎ひなた横丁』で『宮崎デカ盛りの店』を運営しています。

    最近の記事

    『宮崎デカ盛りの店』のオープンにかかった費用を完全公開!

    『宮崎デカ盛りの店』は現在『宮崎ひなた横丁』というシェア型レストランで営業しています。 この「シェア型レストラン」は、飲食店開業のための初期費用を抑える事ができるのが最大のメリットです。 一般的に飲食店を開業するのにかかる初期費用は1,000万円とも2,000万円とも言われていますが、『宮崎デカ盛りの店』が開業するまでの実際にかかった費用を公開しようと思います。 ①全ての出店者が共通で払う必要があるもの ・初期費用   200,000円 ・営業許可申請  27,000円

    スキ
    6
      • 『宮崎デカ盛りの店』開店&店主の誕生祝いでいただいた作業靴が最強で驚いたのでちょっと聞いて!

        飲食業や清掃業など足元が滑りやすい職場の方にとっては「今更」な話ですが・・・ 「耐滑スリッポン」ていうらしい 私が店主を務める『宮崎デカ盛りの店』では、普段営業中に荷物が届く事ってないんですが、珍しく先日、営業中に荷物が何箱か届きまして。しかもそのうちの何箱か、濡れたのか落としたのかダンボールがスタボロになってたという。 営業中なのでお客様の目につく所にボロボロのダンボールを置いとく訳にもいかず、見えにくいスペースに全てのダンボールを運び込んだんです。 営業終わってから

        スキ
        11
        • 20日で飲食店オープンしました!『宮崎デカ盛りの店』〜ところで誕生日なのです〜

          おつかれさまです。 前回、メニュー開発したところで投稿が途切れていました。申し訳ありません。 実は10月17日(まさに前回の記事をアップした日)に宮崎に移動し、オープン準備。10月20日にレセプション、翌21日からプレオープン期間として営業していたのです。 やんわりとTik Tokも始めたりして。 何しろ飲食店で働いた経験が皆無なところからのスタートですから。 この10日間はお店の開店準備や閉店の際の締め作業などの勝手もわからず右往左往していました。 本当はもっとコンテ

          スキ
          6
          • シェアキッチン入居の手続きとは? あとマジで間に合うのか?

            今回の出店、幸いな事にお店を出す場所は決まっています。 メニュー開発を米山さんにお願いしつつ、同時進行で「宮崎ひなた横丁」への入居手続きを行います。 発表の際に手続きについてもひと盛り上がりしており、 RaaSチーム(横丁などシェアキッチン開発の担当部署)に対して、「正規の手続きで、ちゃんと審査して!」というコメントが飛んでいたり、 この企画自体が頓挫する可能性を示唆する人もいて、 社内企画だからと特別扱いはせず、ちゃんと手続きする。という方針が社内の統一見解みたいにな

            スキ
            6

            デカ盛りメニュー開発!さすがにプロに相談しよう。

            会社の締め会(月末日、しかも金曜日)での突然の「宮崎で飲食店を作って来て」という異動発表の直後、慌てて米山さんを訪ねました。 おいら:配信見てたと思うんですが、急遽飲食店を作る事になりました。メニュー開発に協力してください。 米山:見てましたけど、ガチでサプライズ発表だったの? おいら:内示は前にあったんですけどね。取締役(高梨さんと新堀さん)から『皆が応援してくれてプロジェクトが盛り上がるように、社内には上手に発表するから任せて!』って言われてたんですが・・・ 米山

            スキ
            10

            宮崎への異動の辞令・そこで発表するかね。

            9月30日、月末。 所属する株式会社favyでは、8期目の第1四半期を無事に迎え、業績の整理や第2四半期に会社がどんな方針で成長していくのか、などを共有する通称「締め会」が行われていました。 この締め会で、人事部長として新しい人事制度を発表する予定があり、おいらも配信に入っていたのです。 社長が担当する、第2四半期の説明がほぼ終わり、人事制度の発表をしようか、というタイミング。 社長の高梨と、人事チームのみの配信画面に、突然CTOの新堀さんが現れました。 高梨:「齋藤

            スキ
            15

            宮崎でお店を作る。コトの始まり。

            「20日で飲食店を作る」という無茶の始まりは、些細な事でした。 些細というか、ただの業務中のやり取りでした。 前提として、私はfavyという会社で人事部門と広報部門の責任者をしています。その前はメディア編集部の責任者をしてた事もあります。 発端は、10月のある日、所属するfavy社内でRaaS事業という、全国各地にシェアキッチン型の飲食店を展開する事業部のブランディングについて会話していた時のことでした。 社長:ーーで、広報としてはどうなの? RaaS事業のブランディン

            スキ
            17

            宮崎県宮崎市にデカ盛り専門店を開店します。

            はじめまして。 東京のIT系企業で人事部長をしている「デカ盛り大好きおじさん」です。 タイトルの通り、10月21日に宮崎市内で「デカ盛り」のお店をオープンします。 このnoteは、東京飲食業界と全く関係ない仕事をしていた私が、ひょんな事から宮崎で飲食店を作る事になってしまった(しかも20日間という超短期間で!)顛末をまとめています。 そもそも、20日程度で飲食店をオープンさせることなんてできるのか? 法律は?届け出は?準備は? 色々な疑問と共に、手続きや準備の様子を順に記

            スキ
            24