読み返したいnote

307

#中判フィルムに恋してる | pentax67

インスタグラムに、そんな感じのハッシュタグ ありそう。 Pentax67 + kodak portra400

逃避できる空間が、生活に溶け込んでいました

ベトナム・ハノイの夏はとても暑い。外に出ると日差しがヒリヒリジリジリと、私の肌を焼いてくる。そして湿気。私の汗なのか空気中に含まれる水分なのか。10分外を歩けば判別不可能になる。加えてスコールよ。バケツの水をひっくり返したような雨という表現をよく聞くけれど、あれよりすごいやつ。雷神…

親の苦手なことを、助けようと思えること。

子どもの通う保育園では、一年に一回は、一日おかあさん先生(or おとうさん先生)をするというプログラムがあります。 教室の外から見守るんじゃなく、実際に子どもたちのいる教室に入って、一緒に遊ぶのです。 基本的に一日あたりひとり(ひと世帯)でやることになっていて、今日の先生はこの人で…

プレゼントに予言もらった

大好きな人から、旅立ちに向けてプレゼントをもらった。 それは形をもつものではなく、「予言」だった。 にこにこしながら彼は言う。 「俺は未来が見えるよ」 まだ乾杯のビールしか飲んでないというのに、もう酔っ払ってしまったのだろうか。いぶかしがる私をまっすぐ見ながら、こう続ける。 「あ…

noteのお題企画に投稿された作品が収録された書籍『 #8月31日の夜に。(生きるのがつら…

noteが編集協力した『 #8月31日の夜に 。(生きるのがつらい10代のあなたへ)』が、8月24日(土)に毎日新聞出版から発売されます。 本書は、NHK「ハートネットTV」の呼びかけで、生きるのがつらい10代の皆さんが不安な気持ちを吐き出し、夏休み最後の夜の憂鬱な気分をわかちあうことを目的に始まった…

「誰になんて言われるとうれしいですか?」承認欲求を素直に正しくつかう方法

「人からなんて言われる(褒められる)とうれしいですか?」と何人かの友人に質問をしたら、あまりにそれぞれで、その人らしくて、とてもおもしろかった。 ある人は「かっこいい」と言われるのがいちばんうれしいと言い、ある人は「努力してるね」、ある人は「楽しそうだね」、ある人は「かわいいね」…

「格好いい」よりも「格好よくない」が愛される

昨日と同じ引用先になってしまったが、今回も佐藤ゆきこさんのラジオから。 たまたま自分の質問を取り上げてもらえた。 「キャラを作って好意を持たれるようになったが虚無感の襲われてしまう」 こんな悩みに答えてくださった。 ラジオを聞いてのつぶやきがこちら↓ 人によってキャラを変えてしまう…

オセロをひっくり返してくれる人

先週、友人と立ち飲み屋さんで飲んでいたら、隣にいた知らないおじさんたちに絡まれた。最後お店を出るときに「今日の記念に1枚写真を撮ろう!」と言われ、私と友人と、絡んできたおじさんたちと、はたまたそのおじさんたちと絡んでいたさらに隣の人たちと、なぜか写真を撮ることになった。 後日友人…

父への1行ラブレター。

8月8日は、父の誕生日。 いつも過ぎ去ったあとに、ふと思い出すくらいで、意識したことは残念ながら皆無に等しい。母に言われて、プレゼントを渡したことは数回だけ記憶にある。そんな冷めた娘なのだ。 なぜなら、ずっと父が嫌いだった。母に、あれしろこれしろ、メシはまだか?風呂はまだか?の絵…

あなたの「普通」は、相手にとって「普通じゃない」かもよ

誰かと話しているときにふと出てしまう、「普通は〇〇じゃない?」というセリフ。 相手が言ったことに対して、自分の考えと違っていたら、「普通は〜」「一般的には〜」と疑問をぶつけてしまう。 でもさ、普通って一体なんだろうね? 恥ずかしい話、社会人になりたての頃は正社員が当たり前だと思う…