見出し画像

変化に柔軟に生きる『死ぬこと以外かすり傷』

こんにちは、石川由弥子(ゆみこ)です。

出版業界では、過去にも敏腕編集者っていたと思うんです。でもあまり自分の名前を出して勝負している人がそこまでいなかったんじゃないかなあと私は思います。箕輪さんが世に出てきてから、編集者が「縁の下の力持ち」から著者と肩を並べる「プレーヤー」になってきたような気がしてます。(あくまで私の見解です)

今日は、自らの名前でオンラインサロンをやられていたり、ヒットも飛ばし続けていたり、とにかく努力一本で結果を作られてきた箕輪厚介さんの『死ぬこと以外かすり傷』をご紹介いたします。

『死ぬこと以外かすり傷』の作品詳細

NewsPicks Book編集長 箕輪厚介の初の著書。ベストセラー連発!

わずか1年で100万部突破!天才編集者の革命的仕事術がここに明かされる!堀江貴文『多動力』、落合陽一『日本再興戦略』、佐藤航陽『お金2.0』、前田裕二『人生の勝算』など、最前線で戦う起業家の著書を次々にベストセラーにしてきたその「剛腕」の秘密。

幻冬舎に身を置きながらも月給の20倍もの収益を副業で稼ぎだす方法。オンラインサロン「箕輪編集室」を主宰し1300名を集め、さまざまなイベントやプロモーションで「熱狂」を生み出していく手法。本書では新時代の哲学を体現する箕輪氏の「働き方」を、32の項目として立てて紹介する。

「箕輪君は今一番早い。1週間単位で成長している。多動力を使えば成り上がれることを彼は証明した」堀江貴文 
「熱量の高いバカなテンションを潰す世界にしてはいけない。この本はリスクを取るバカを増やしてくれる」落合陽一 

【著者からのメッセージ】生き方、働き方、商売の仕方。今後5年で、すべてのルールが変わる。今までのやり方を捨て、変化に対応できる者だけが勝つ。無知こそ武器だ。バカになって飛べ!こっちの世界に来て、革命を起こそう。  

『死ぬこと以外かすり傷』のおすすめポイント

会社員として働きながらも、その会社員の枠から飛び出して、活動されている箕輪さん。情報化社会において、市場の流れを読み、最前線で起きていることにアンテナを張っているからこそ、時代に適応した働き方をされているのだと思います。私の魂が震えた、箕輪さんの名言をご紹介します。

1. 自分に何万円の値札を貼るか?

自分の値札を意識しないものは、一生飼われた豚のままだ。飢えたオオカミになれ。

ぎくっとしました。。今、会社という盾を外して、石川由弥子という名前だけで勝負しようとした時、一体自分にいくらつけるのか。社会人として色々経験してきましたが、会社を外れた自分の価値はいかほどなのか。今の自分の市場価値を俯瞰すること、自分のどこを伸ばせば価値は上がるのか、今勝負できるところはどこなのか、自分の値段をつける要素を増やし、まずやってみることが大事だと思いました。

2. 意識くらい高く持て

スマホによって世間が分断された。分断された世の中だからこそ、情報を浴び、知を獲得しろ。
知っていると知らないの間にはとてつもなく太い川が流れている

ある意味、スマホから取れる情報って「自分が取りたい情報」だなと思います。テレビが情報源だった時は大きな世界の流れがなんとなく入ってきましたが、今は自ら積極的に情報を取りに行かないと知らないまま流されてしまうということを実感しています。最先端の情報を知ることは、自分を守ることにもなる。情報にアンテナをはります!

3. 今やれよ!

人の何十倍も努力しろと言うけれど、人間はみな平等に24時間しか持っていない。不眠不休で働いたとしても、時間で考えるとせいぜい人の2倍しか努力はできない。では、どこで差がつくか。それは「昨日までできなかったことをできるようにする」ということを日々積み重ねることだ。

間違いなーーーい!幻冬舎の見城さんも同じことをおっしゃっていましたね。結局は日々の積み重ねをしていくことが、大きな結果につながっていく。それが真理なのです。

4. 何か一つでトップになれ

トップに居続ける人は地味なことを誰よりもやり続けている。「これだけ血の滲むような圧倒的努力をしていたらそりゃ成功するに決まってるわ。」
変わり続けることをやめない。人は変わることをやめたときに腐る

地道なことをやり続ける、圧倒的な努力。それこそが、自分の結果を大きく変えていくのだと思います。時代の変化に柔軟に対応しつつ、やるべきことを粛々とやり続けること!結局のところ、成功している人は同じことを大切にしているのです。

画像1

コツコツ柔軟に変化していく

流行の早い今の時代で結果を作っていくには、世の中に合わせていく柔軟性とコツコツと自力を作り続けていくことが必要不可欠だなと感じます。
特に、会社員として働いていればよかった時代と違って、今は自分の力が試される時代に変化していっています。同じ働き方をし続けることはリスクにもなり得るのではないでしょうか。

とはいえ、やるべきことをやり続けて力をつけていくという仕事の基本は変わりません。変化の早いこの世の中を柔軟に生きていきましょう!

ではまた〜

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをくれてありがとうございます◎
大切なことは本から学んだ*本と映画、物語があるものをこよなく愛する書店員|千葉出身|東京在住|本|小説|ビジネス書|マンガ|映画|夢はブックカフェを開くこと