yumi/看護師カメラマン

写真とスポーツが好きな新米看護師。病院で写真展をしています #アスリートの笑顔展 / 看護師の働き方を模索中 #医路とりどり#医の中の蛙大海に出る/twitter:@ym_cheesecake

yumi/看護師カメラマン

写真とスポーツが好きな新米看護師。病院で写真展をしています #アスリートの笑顔展 / 看護師の働き方を模索中 #医路とりどり#医の中の蛙大海に出る/twitter:@ym_cheesecake

    最近の記事

    • 固定された記事

    ”医”の中の蛙、大海に出てみたら。

    こんにちは!看護学生カメラマンのyumiです。 小学生の頃からずっと目指してきた看護師という進路に疑問を持ち、「”医”の中の蛙、大海に出る」作戦を始めてから1年以上が経ちました。 どんな時間だったのかを振り返り、作戦の結果をまとめてみたいと思います。 「作戦の目的 ①自分は本当に看護に向いていないのか ②どういうことなら「自分に合っている」と思えるのか ③医療以外にはどんな世界があるのか の3つを知る、考える。 (目次)①結論を先に言うと! ②こういう結論に至ったこの

      • かけがえのない時間をあなたと。

        病院でよく聞く言葉。 「自分(や家族)がこんな風になるとは思わなかった。」 「もっとやりたい事に挑戦すればよかった。」 「もっと家族にありがとうを言えばよかった。」 まだ間に合います。これを読んでくださっているあなたは。 だって命があるから、生きているから。 今からでも大丈夫。 全部を叶えるのは、難しいかもしれない。 でも、願いが全部叶わないわけじゃない。 あなたが叶えたい事は、何ですか? ◇ ある晴れた日のこと、結婚式が開かれました。 「コロナ渦で結婚式が

        • 2021年にしたい7つのこと

          こんにちは!看護師カメラマンのyumiです。 新年が始まるときに「今年こそは新年の目標を書こう!」と思ったものの、早15日が経過。早い早い、すでに2021年の24分の1が終わってしまいました...(追記:記事が完成する頃には1月終了が目前でした(笑)) あれ、でもそれって1日に換算してみると、今は朝の1時を過ぎた頃という事でしょうか。そう思うと、まだまだこれからでも、1日(→1年)は自分次第でどうにもなりそうですね! これをしたら楽しそうだなぁという、やりたい事を書き出

          • 【オンライン写真展】アスリートの笑顔展 in note

            こんにちは!看護師カメラマンのyumiです。 (この春から看護師になりました!) 今回のnoteでは、写真展をします! 1月から大学病院で開催している《アスリートの笑顔展》をオンライン用にリメイクしたものです。 目次 0.  アスリートの笑顔展とは 1.  男子バレーボール部 2.  女子バレーボール部  3.  女子ハンドボール部 4.  男子ハンドボール部 5.  硬式野球部 6. ADの取り組み 7. 私が応援したいスポーツ 0.  アスリートの笑顔展とは「看護学

            アスリートの笑顔展 @病院

            こんにちは!看護学生カメラマンのyumiです。 看護師国家試験の勉強がピンチ、、、と思いつつ、心を込めて準備してきたものがあります。それが、「アスリートの笑顔展」です! 「今回なぜ病院で展示をするのか」 写真展の背景について書きたいと思います。 ー病院でのモヤモヤー・病気や怪我そのもの以外のことによるストレス 皆さんは「病院」という言葉からどんなことをイメージしますか? 「まっ白な壁」 「注射が痛い」 「無機質な空間」 「待ち時間が長い割に診察は一瞬」 「看護師さん

            ディズニーのような病院づくり

            こんばんは!看護学生カメラマンのyumiです。 実は以前、このような投稿をほかのSNSでしました。 次のnote投稿はこの話から繋がっているのでnoteにも残しておきます! ーーーーーーーーーー 曇り空がずっと続いていたので、綺麗な青空が嬉しいです! 映画「天気の子」も話題になっていますね〜 皆さんいかがお過ごしですか? 私は先日、大学生活最後の病院実習を無事終えました。 10年以上前から看護師を目指し続けてきたので、 白衣を着て実際に病院の現場に出させてもらえるのは憧

            "日本一のカメラマン"

            こんばんは!看護学生カメラマンのyumiです。 看護学生カメラマンとして、「人にそっと寄り添い、想いをぎゅっとカタチに」をモットーに活動しています。 2019年の中で、印象に残ったことの一つは”日本一のカメラマン”にならせてもらったこと!今回はその背景を書きたいと思います。 11月中旬、 宮城県の仙台に6日間行ってきました。 筑波大学男子ハンドボール部がインカレ(学生の全国大会)に出場するにあたって、撮影を依頼してくれたのです。 インカレ数ヶ月前にこの依頼を頂いた時

            バイタルを撮る。

             こんばんは!看護学生カメラマンのyumiです。   一眼でもスマホでも、写真を撮る人は多いと思います。  みなさんはどんな写真を撮りますか?   私は「人」の写真を撮るのがすごく好きです!  看護で、体温や血圧、脈拍などの測定をすることを「バイタル(バイタルサイン)を採る」といいます。 バイタルサインは生命兆候のことで、その人の「今」の状態を知るための大切な指標です。  写真でも「バイタルを撮る」ことを意識しています。撮影自体を楽しんでもらうのは勿論ですが、  その

            ”医”の中の蛙、大海に出る!

            こんにちは、看護学生カメラマンのyumiです! 最近「yumiは何をしてるの?」と聞かれることが多いので、今やってることの記録&発信を兼ねて、noteを書くことにしました。 ~まずは自己紹介~ 名前:yumi 職業:学生(看護) 好きなもの:写真、旅行、映画、スポーツ、チーズケーキ、さつまいも ~”医”の中の蛙、大海に出る~ 看護学生ですって言うと、 「じゃあ将来は看護師?」 「進路決まってていいなぁ~」 「国家資格だし安泰だね」 という反応が多いかな。 ちょっと