地方と東京をつなぐ yenta
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

地方と東京をつなぐ yenta

yenta 公式 note では、「 yenta がつくりだす偶発的な出会い」と題して、ユーザーインタビュー記事を公開しています。

今回の記事では、これまでのユーザーインタビュー記事の中から、地方を拠点にしている方、もしくは地方から上京された方の yenta 事例をまとめました。
地方にいながらビジネスの中心地である東京との接点を得ようとした時、上京して新たな人との関係性が必要になった時、皆さんはどのようにつながりを構築しようとしますか?

yenta を通じて、未来の顧客や人生の先輩との出会いでご自身のビジネスが拡大した事例や、多様な人との関わりを持つことでご自身の成長につながった事例などをご紹介します。

まずは、多様な出会いと成長の機会を生む yenta についてご紹介します。

yenta について

yenta は、人工知能を活用したビジネスパーソン向けのマッチングアプリです。株式会社アトラエが開発・運営をしています。

毎日昼の 12 時に人工知能がおすすめする 10 人のプロフィールが届き、「興味あり」「興味なし」とスワイプするだけで、お互いに興味を持ったビジネスパーソン同士がマッチングし、メッセージのやりとりを経てランチタイムなどを活用し情報交換等の交流をすることができるアプリです。機械学習の仕組みにより、yenta を使えば使うほど、より会いたくなるような 10 人がおすすめされます。

2016 年にサービスをローンチしてから、累計マッチング数は 300 万件、ユーザーの在籍起業数は 2 万社を突破。首都圏限定だった yenta は、おかげさまで 2020 年のリニューアルから日本全国対応になるなど、成長し続けています。

実際に yenta を通じて、共に起業する仲間が見つかったり、事業提携が生まれたり、自社の採用が決まったりと、yentaを通じて多くの価値が生まれています。「ビジネスを加速させる出会い」というコンセプトの元、世界のビジネスを加速させるハブになるようなアプリケーションを目指しています。


地方の方に yenta が活用された事例

yenta は多様なビジネスパーソンに利用されています。ローンチ当初は首都圏限定だった yenta ですが、地方の方にもお使いいただき、今では日本全国版をリリースするほどに成長しました。過去のユーザーインタビューを振り返ると、地方在住の方が東京とつながる、もしくは地方から上京された時に人をつなげるなど、活動拠点が東京ではなくても多様な人と出会える価値が浮かび上がりました。

2 つのテーマに合わせて、ユーザーインタビュー記事を要約し、ご紹介いたします。リンクから各インタビュー記事に遷移できますので、気になったストーリーがありましたら、ぜひ詳細もお読みいただければと思います。

地方にいながら yenta

山形にいながら yenta。自分をアップデートできた後藤さん

就職活動中にアトラエに興味をお持ちいただいたことがきっかけで、 yenta を知って試そうと思われた後藤さん。 普段お会いできないような人とお会いして知見を共有しあうことに好意をお持ちいただきましたが、使い始めた時は相手に提供できることがあるか不安になり、会いたい意思表示をするまで少し時間がかかったそうです。

勇気を出して、メッセージを送り、やりとりを続けるうちに実際にお会いできるようになりました。その時はまだ山形の大学に通われていた後藤さんは、東京にいらした時に数名ずつお会いされていました。お会いしていく中で、yenta ユーザーは対話を楽しんでいる方が多く、自分自身で何が提供できるかを意識することは重要ではないと、思われたそうです。

yenta ユーザーとの会話は互いに興味を持ったことを深掘りする形式が多く、自分と異なる観点を持つ人と話すことで、お互いがアップデートされる感覚があるとお話しいただきました。


福岡にいながら yenta。距離があっても仲良くなれる パラレルワーカーの高橋さん

人と会って話をするのが元々好きな高橋さんは、 一期一会一の出会いにワクワクしたい欲求から yenta を使い始められました。様々な方とマッチングしてお話できるのは、子供の頃に公園で知らない子とも一緒に遊ぶ体験に近い感覚をお持ちだそうです。

福岡県在住の高橋さんはコロナ禍以前からオンライン通話で東京の方とお会いされていて、「地方の人とつながりが持てて嬉しい」と言われることが多く、地方と東京はつながっていないんだと感じたそうです。オンラインでお会いした方が出張の際に高橋さんを訪問されて一緒に食事をするなど、仲良くなった出来事もお話いただきました。

高橋さんは偶発的な出会いを大事にされており、目的を絞ると自分が知っている範囲の中でしか行動できない。偶発的な出会いは世界を広げてくれると語っていただきました 。


宮城にいながら yenta。東北の関係人口を増やしたい飯田さん

人の数だけ自分の知らない世界や人生があり、様々な人の生き様に触れたいという強い好奇心から yenta をお使いいただいた飯田さん。飯田さんは転勤をきっかけに生活拠点を仙台へ移し、社外活動も精力的に行われています。

yenta をお使いいただいて、前述の高橋さん同様、東京と地方のつながりや東北への関心が薄いことを実感。今後も人との出会いやご自身の活動を強化し、東北への関係人口を増やしたいと、熱量を込めて語る飯田さん。飯田さんの東北への熱い想いの源には、人との出会いやつながりの大切さがありました。

人の流動性が低く発想が固まりがちになってしまうなど、地方活動ならではの課題に対して、有用性を発揮する yenta についてお話をお聞きしました。

地方から yenta

札幌から東京へ。ご自身のつながりだけでなく、部下の成長にも yenta は役立つと考えられたオフィスナビ平野さん

2017 年に転勤していた札幌から東京へ戻られた平野さん。入社 5 年目のベテラン営業マンとして、問い合わせ対応に頼らず、独自の方法で成績を上げる必要がありました。地方営業で経験した、人とのつながりの中で仕事を得る方法を東京でも活かそうと、yenta をお使いいただきました 。

地方では有力なコミュニティの影響力が強く、つながりを作ることができれば、自然と社会が拡がる環境でした。一方、東京はコミュニティが無数にあるなど規模が大きく、つながりを作り深めることは容易ではないと平野さんは感じられていたそうです。

yenta を通じてお会いされた方とは、信頼関係が作りやすく話しやすいと感じていただいた他、個人の成長につながり、延いては会社の成長になると考えられた平野さん。営業マンとして、自分を売り込む力、考える力を養ってほしいと思い、yenta を部下にも紹介されたそうです。事例記事では上司が部下に勧める yenta として、部下の三根さんにもご登場いただ、上司と部下の視点から yenta について語っていただきました。


海外と京都から東京へ。創業メンバーから友達まで、つながりのほとんどは yenta ユーザー Living Tech 千葉さんと北野さん

”暮らしを自由に” というビジョンのもと、月単位で部屋を借りることができるスマホアプリ NOW ROOM を運営する北野さんと千葉さん。北野さんは京都から東京へ上京された時のつながり作りとして、千葉さんは海外からの帰国時にこれまでの人間関係がリセットされてしまったことから、 yenta を使い始められました。

北野さんは yenta を通じて出会った方を創業メンバーにお誘いしたり、 NOW ROOM を拡める活動やご自身の友人作りに yenta をお使いいただいてるそうです。今持たれているつながりはほぼ yenta で出会った方々とお話いただきました。

千葉さんは、yenta を「知らない世界があることを知ることができる」「似たような価値観・感覚を持つ人達と効率的に会える」ツールと評価いただきました。今はよりビジネスを拡大させるために、業界関係者や決裁権をお持ちの方とお会いされているそうです。

 ---

いかがでしたか?

場所が離れていても、これまでとは違う環境に足を踏み出した時も、きっと yenta がお役に立てるはずです。ぜひ皆さんの「会いたいニーズ」に yenta をご利用ください!

また皆さんの yenta での出来事を募集しております。#yenta で 共有してください。

ビジネスがより加速する出会いを、yenta で。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マッチング数400万件を突破した、ビジネス版マッチングアプリ「Yenta」のチームブログです。 Yenta開発秘話、これからのビジョン、近況報告や開発チームの日常まで、幅広くこのブログで発信をしていきたいと思います。