見出し画像

コラム23 通所介護でのリハの1場面

非常勤で関わっている通所介護事業所のことです。

私は不定期で月6回くらい出勤しています。

機能訓練に関する加算(通所介護事業所なのでリハビリテーションではなく、機能訓練という名称になります。)については、看護師さんがスタッフとして関わっています。

だから私の勤務の有無に関係なく機能訓練加算は算定できる状態が整っている事業所です。

看護師さんへのリハビリテーションに関するプログラムの指導や利用者さんの評価、リハビリテーションの実施などに関わっています。

管理者さんからの要請で、非常に短い時間でも構わないのでなるべく多くの利用者さんに関わってほしいとのことで、そのように動いています。

人によっては5分くらいしか関われないこともあります。

そんな中で、「自主トレとADL指導」を中心に関わっている利用者さんがいます。

こんな流れで関わっています

この続きをみるには

この続き: 1,540文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
2020年1月~12月までに掲載するコラム・動画・リアル研修会資料・webによるライブ講義すべてコミコミで5000円です。 コラムや動画を毎月配信します。「研修会」「書籍」とはひと味違う新しい学びの形を病院や生活期のリハビリテーションに関わっている多職種の方にお届けします

コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
7
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

こちらでもピックアップされています

2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
  • 61本
  • ¥5,000

コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の作業療法士が、病院リハと生活期リハで実践すべきことやリハビリテーションの考え方についてお伝えしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。