見出し画像

コラム18 PT・OT・STが地域で働くことについていろいろ考えていること

ブログにもよく書いていることですが、病院や診療所などの医療の領域ではなく、地域や生活期という、介護保険の領域でセラピストが働く意味や意義ってあるのかなってことを少し書いてみる。

介護保険領域でパッと思い浮かぶのは、リハ職が多めに在籍している、もしくはリハ職が立ち上げた訪問看護ステーションじゃないかと思う。

だけど今回のコラムでは、リハ職が圧倒的に少数派の現場である、老健や通所系事業所や、普通の訪問看護ステーションなどに勤務することについていろいろ書いてみる

わたしは、病院で7年老健で7年、リハ職が立ち上げたステーションで10年、以降リハ1人の訪問看護ステーションや、通所介護や通所リハなどで掛け持ち勤務しながら働いている作業療法士です。

アイデンティティってありますか?

この続きをみるには

この続き: 2,972文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
2020年1月~12月までに掲載するコラム・動画・リアル研修会資料・webによるライブ講義すべてコミコミで5000円です。 コラムや動画を毎月配信します。「研修会」「書籍」とはひと味違う新しい学びの形を病院や生活期のリハビリテーションに関わっている多職種の方にお届けします

コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
8
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

こちらでもピックアップされています

2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
  • 43本
  • ¥5,000

コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の作業療法士が、病院リハと生活期リハで実践すべきことやリハビリテーションの考え方についてお伝えしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。