Blood - Execution =始まりの鮮血=
見出し画像

Blood - Execution =始まりの鮮血=

『純血というのは生まれた地から離れない、優秀な者達の中で育つんだ。
  混血はその逆、地から離れた能力のない奴がさらに下等なのと交わって獣
  になった奴。なんていえばいいか……そう、雑種。犬と同じ価値のない
  奴等なんだよ。』

この工場で何度も見た奴の笑顔は、昔とは違っていた。

2025年、突如世界規模で謎の病原体によるパンデミックが起こり、世界の首都は壊滅した。
感染すると首の円周状に皮下出血が初めに確認され、首を中心に徐々に出血範囲が拡がり、全身に行き渡ると皮膚が剥がれ、血の塊になり死んでいくのだ。
しかし、ある田舎の地域で、生存例がでる事になる。
全ての始まりだった。

「なら雑種に心臓刳り貫かれるテメェは、さらに価値がねぇって事だな。」俺はそう吐き捨て、自分の首に手をかける。


『純血制御』《血脈認証開始、Jawohl》
                       「混血解放」【血脈認証開始、OK】


二つの血溜まりが噴き上がり、《紅》と【黒】の鎧が相対した。


【to be continued……】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「おもしろき こともなく世を おもしろく」は高杉晋作の句だけどこれを言う人は高杉晋作以外は面白くない説