矢樹 純

【小説家/漫画原作者】小説最新作『残星を抱く』、『Mother Murder』、第73回日本推理作家協会賞短編部門受賞作収録『夫の骨』発売中。/漫画『バカレイドッグス』シリーズ、ドラマ化作品『あいの結婚相談所』、『怪談ルゥプ』発売中。

矢樹 純

【小説家/漫画原作者】小説最新作『残星を抱く』、『Mother Murder』、第73回日本推理作家協会賞短編部門受賞作収録『夫の骨』発売中。/漫画『バカレイドッグス』シリーズ、ドラマ化作品『あいの結婚相談所』、『怪談ルゥプ』発売中。

    マガジン

    • 生きていくためにやるべきこと

      作品を書いて、これからも生きていくためには、今のままのやり方ではいけないと気づきました。「不人気作家なので単行本が売れない」→「連載打ち切り」→「どうにか次の企画を通して新連載を起ち上げる」→「結局単行本が売れない」のループから抜け出す方法を考えていきます。

    • 『或る集落の●』 「べらの社」試し読み

      Kindleストア等で発売中のホラー短編数『或る集落の●(あるしゅうらくのまる)』収録の「べらの社」試し読みページです。

    • どうにもならないけど、どうにかなりたい

      どうにもならない一面を抱えながら、どうにかなりたいと願って生きてきました。創作と関係のない話もありますが、楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。

    • 『夫の骨』ができるまで

      4/12発売のミステリー短編集『夫の骨』(祥伝社文庫)について書いていきます。

    • 『がらくた少女と人喰い煙突』を読んでもらうためにできること

      2017年9月に発売された長編ミステリー『がらくた少女と人喰い煙突』(河出文庫)を少しでも多くの方に読んでもらうために、この作品の出版をめぐる紆余曲折を、ノンフィクション小説として書いていきます。

      • 生きていくためにやるべきこと

      • 『或る集落の●』 「べらの社」試し読み

      • どうにもならないけど、どうにかなりたい

      • 『夫の骨』ができるまで

      • 『がらくた少女と人喰い煙突』を読んでもらうためにできること

    最近の記事

    固定された記事

    『ほねがらみ』の一部内容と自作「べらの社」との類似について

     自分にとって、大切なお知らせです。  何度かこのnoteでも書かせていただきましたが、自分は2012年に小説家としてデビューしたもののデビュー作が売れず、なかなか次の本が出せない時期がありました。  その数年間は漫画原作の仕事をしながら、長編や短編のミステリー、ホラー作品を編集者の方に読んでいただいたり、賞に応募したりと、再デビューのために小説を書き続けていました。  この時期に書いた作品は、「今は出せるあてはないけれど、いつか必ず形にしよう」と思いを込めて書いた大切な作

    スキ
    99
      • 小説家デビュー10周年を迎えました

        本日、矢樹純は小説家デビュー10周年を迎えました。 力不足のために、その10年の半分近くは仕事の依頼のない状況でしたが、現在はありがたいことに、割とコンスタントに作品を世に出す機会をいただけています。 先月発売された5年ぶりの長編ミステリー『残星を抱く』に続き、今月はデビュー以来初めてアンソロジーに短篇を選出していただいた『現代の小説2022 短篇ベストコレクション』が発売されます。 自分が今、こうして小説を書き、読んでいただけるのは、まずは自分と出版社さんとを繋げてくださ

        スキ
        65
        • 『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』電子版発売

          本日、矢樹純のデビュー作である『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』の電子版が、電子書籍専門の出版社であるアドレナライズより発売されました。 Amazonの他、楽天ブックスやブックウォーカーなど各ストアでダウンロード可能です。 いじめを娯楽とする因習の残る、青森県のP集落――。その集落のかごめ山と呼ばれる山の中にある縁切り寺を訪れた主人公の《矢樹純》が、心理カウンセラーを名乗る《桜木静流》とともに、首なし死体や足跡のない雪の上の焼死体など、不可解な状況で起きた連続殺

          スキ
          10
          • 長編ミステリー『残星を抱く』発売

            5年ぶりとなる矢樹純の長編ミステリー『残星を抱く』(祥伝社)が本日発売となりました。 早いところでは昨日のうちに入荷したりと多少差があるようですが、Amazonなどのネット書店でもご注文いただけます。ぜひ皆さま、よろしくお願いいたします。 こちらの長編の企画が持ち上がったのは2019年、4月に『夫の骨』を祥伝社文庫から出していただいたあとの打ち上げの席でした。 まだ6月のことで、『夫の骨』は書評で取り上げていただいたりと、それまでの作品に比べれば評価していただけたものの、

            スキ
            14

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 生きていくためにやるべきこと
            矢樹 純
          • 『或る集落の●』 「べらの社」試し読み
            矢樹 純
          • どうにもならないけど、どうにかなりたい
            矢樹 純
          • 『夫の骨』ができるまで
            矢樹 純
          • 『がらくた少女と人喰い煙突』を読んでもらうためにできること
            矢樹 純

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【期間限定】『マザー・マーダー』購入特典キャンペーン

            このたび、発売中の初単行本『マザー・マーダー』(光文社)を読んでくださった方に期間限定の購入特典として掌編「ろくでなしの消失」を読んでいただけるキャンペーンが始まりました。 こちらのリンク先で応募方法をご案内しています。 「ろくでなしの消失」は連作短編集『マザー・マーダー』に収録された五編の短編の中でも特に一部の方に人気の高い第三話「崖っぷちの涙」の登場人物が活躍するお話で、自分が毎週金曜日に配信している無料メールマガジン《やぎのおたより》の200通目記念として書かせていた

            スキ
            11

            「書くこと」と「テレパシー」

            スティーヴン・キングの『書くことについて』は自分にとって聖典のような本で、気持ち悪いくらいに線を引いて付箋を貼り、仕事を始める前や、仕事中に書くのがつらくなってきた時などに何度も読み返している。 スティーヴン・キングはこの本の中で、書くこととは、「ずばりテレパシーである」と述べている。そしてテレパシーの実演をしてくれる。次に引用するので、この記事を読んでいる方にもぜひスティーヴン・キングのテレパシーを受け取ってほしい。 「さて、ご覧あれ。ここに赤い布をかけたテーブルがある

            スキ
            13

            謹賀新年

            明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年は小説では1月から光文社の電子ミステリー雑誌『ジャーロ』にて連作短編『Mother Murder マザー・マーダー』の連載がスタート。 2月に掌編「天神がえり」を声優の徳井青空さんに朗読していただいた『STORY LIVE』配信。 7月に『小説新潮』にホラー短編「魂疫(たまえやみ)」掲載。9月に『Mother Murder』最終話となる第5話が掲載されたのち、単行本準備と連載準備を経て12月に『

            スキ
            14

            『マザー・マーダー』本日発売です

            本日、矢樹純の初の単行本となるミステリ連作短編集『マザー・マーダー』が光文社から発売されます。 こちらは光文社の電子ミステリー雑誌『ジャーロ』で2021年1月から隔月連載させていただいた全5編をまとめたものです。 1話目は迷惑な隣人に追い詰められていく若い母親のお話。2話目は疎遠になっていた娘から離婚した元夫のことで助けを求められる中年女性のお話と、それぞれが独立した短編ミステリーでありながら、全てのお話に《ある母子》が絡んできます。そして最終話まで読んだ時に、これらの物

            スキ
            22

            初期短編集『やぎのふしぎ』発売

            漫画:加藤山羊/原作:矢樹純の初期作品の短編集『やぎのふしぎ』が電子書籍として本日各ストアにて発売されました。 収録作品は自分がギャグ漫画からストーリー漫画に転向して初めて投稿し、スピリッツ賞の奨励賞をもらった「天使の穴」と、同じ頃に営業用に書いた「ジロー君刑事」、そして受賞後にスピリッツの増刊誌に掲載された「ランニングドリーマーズ」の読み切り3本です。 こちらの記事の中盤くらいの、【ギャグ漫画でデビューしたものの人気が取れずクビ】→【ストーリー漫画で投稿からやり直し】→

            スキ
            11

            調子が悪い人のための働き方改革

            このところ、ずっと調子が悪い。 コロナ禍で会いたい人に会えず、行きたい場所に行けず、趣味の柔道も出来なくなった。学校行事や部活の試合は中止になり、ストレスを抱えた思春期の子供達に気をつかいながら、自身も目一杯ストレスを溜めている。 そんなギリギリの生活を続けてきた5月の中頃に、仕事関係でとんでもなくストレスのかかるトラブルに見舞われた。一応の決着はついたものの、受けたダメージは修復できていない。断続的に気持ちが沈み、喉の詰まる感じがしたり、髪の毛がやたら抜けたりと、今も心と

            スキ
            23

            どうしよう。頭が悪い。

            タイトルを読んだだけでも伝わると思うが、頭が悪くて悩んでいる。 先月発売された書評家の若林踏さんの『新世代ミステリ作家探訪』に、自分もインタビューを収録してもらった。それを読んで思ったのは、他の作家さんに比べて自分があまりにものを考えていない、ということだ。 何も考えていないわけではないと思う。ただ「考えたことを言葉にする」という経験をあまりしてこなかったので、何を考えていたか覚えていないし、人から聞かれても説明できないことが多い。 そもそも、深く物事を考えるということ自

            スキ
            20

            できるだけ長く、遠くへ

            作家としてデビューしたものの、その一作目が売れなかったために最初の出版元では二作目が出せなかった、という話は何度か書いた。 二作目が出せないと決まった時、驚くことに、自分はまったく悲観していなかった。 それは自分がデビューした時点で、漫画原作者として何年か仕事を続けていたためだ。 自分のいた漫画の業界では、デビューして単行本を出したなどの実績があれば、それを名刺代わりに出版社に企画を持ち込みして、企画が通れば仕事をさせてもらえた。自分は文芸の業界でも、それは変わらないと思っ

            スキ
            67

            知ってもらうのが一番難しい

            先日、自分が好きな漫画家さんの新しい作品が出ているのを知って、さっそく買って読んだ。めちゃめちゃ面白かった。 その漫画家さんの作品は、前作も前々作も読んでいて大好きなのだが、自分はこの新しい作品を、漫画アプリのバナー広告で知った。 すでに2巻まで出ているのに、連載が始まっていることも知らなかった。 来週、第3巻が発売となる『バカレイドッグス Loser』は、ヤングマガジンで連載していたものの単行本が売れず打ち切りとなった旧シリーズ『バカレイドッグス』が、電子コミックで人気が

            スキ
            25

            学校に行きたくない

            友達のいなかった自分は、学校に行くのが嫌いだった。 しかし自分が子供の頃は今と違って、教師も親も、学校に来ない子供には厳しかった。特に自分はよりによって父親が教師という家庭環境だったので、理由もなしに学校を休むことは許されていなかった。 その上、よりによって母親が看護師という家庭環境であったため、一番簡単に学校を休む《仮病》という方法が使えなかった。 体温計を擦って発熱を工作しても「熱があるようには見えない」と額に手を当てられて一発でばれてしまい、その失敗を踏まえて次は体

            スキ
            10

            売れない作家ができるまで

            そもそも、自分は漫画原作者を目指した時、『ガロ』で描くような作家になりたいと思っていた。 『ガロ』という漫画雑誌に出会ったのは、確か高校生の頃だったと思う。 青森市内の本屋さんに一冊だけ置いてあったその雑誌をたまたま手に取り、「こんなジャンルの漫画があったのか!」と衝撃を受けた。 ヤンキー漫画と柔道漫画ばかりを読んでいた自分にとって、山野一先生や逆柱いみり先生、古屋兎丸先生(まだ読者コーナーに投稿されていた頃かもしれない)の漫画は、「ああ、自分はずっとこういう漫画が読みたか

            スキ
            37

            売れるためにできることは一つだけ

            最近、とてもよく働いている。 昨年『夫の骨』が出版され、色々な方に読んでいただけたことで、小説の仕事が増えてきた。 加えて、コミックDAYSでの週刊連載『バカレイドッグス Loser』とGANMA!での隔週連載『怪談ルゥプ』という2本の連載を抱えている。 この《生きていくためにやるべきこと》というマガジンは、主に「何をやっても売れない」と弱音を吐くために(それと作家として作品を書いて生きていくには何をしたら良いか考えるために)始めたのだが、もしかして自分は、以前よりましな

            スキ
            28