Yuka Masuda

noteはもう更新しません、今後は https://yukamasuda.com/ で書いていきます〜

Yuka Masuda

noteはもう更新しません、今後は https://yukamasuda.com/ で書いていきます〜

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    英語 vs 私の4年間。

    最近ついに親友の真里が本気で英語の勉強を始めた。よく苦しんでいて、泣き言がLINEで送られてくるのだけど、4年前の私みたいだなぁと思う。励ますために話せなかった頃からこれまでの道のりを振り返ってみたら、色々思い出してどうしようもなくなったので、全部書き出すことにした。英語の勉強法などではなく、私の英語との闘いの記録である。 21歳 4年前、私は当時働いていた職場でインターンしていたOくんと夜のカフェでご飯を食べながらだらだらしていた。「2〜3年後は何をしようかなぁ」と将来

      • アメリカ製ジュニア花札とデザイナーLouie Mantiaの話

        Louie Mantiaというアメリカ人デザイナーがいる。Appleや初期のSquareで働いてきた超才能あるデザイナーで、もしあなたが彼の名前を知らなくても、彼のデザインをどこかで目にしたことがあると思う。 例えばiTunesのアイコン。それまで描かれていたCD(!)が消えたiTunes 10のアイコンをデザインしたのがLouieで、今となっては違和感がないけれど、2010年当時はめちゃめちゃ評判が悪かった。 もっと最近のものだと、これまた超すごいデザイナーのAlexa

        • パリのコーヒー屋さん、Dreamin Manのこと

          パリの11区にDreamin Manという小さなコーヒー屋さんがある。ゆーいちろーさんがコーヒーを淹れ、ゆいさんがお菓子を焼いているこのお店、本当に大好きで特別な場所なのだ。 二人とも昔はマレにあるBoot Cafeという有名なカフェにいて、完璧主義者の日本人バリスタが淹れるラテがめちゃめちゃ美味しいと、彼氏が週末によく通っていた。ゆーいちろーさんはなんかこうオラオラした雰囲気があって、小心者で人見知りの私には非常に話しかけづらく、あの頃は一緒に行っても話すことはなかった。

          • 日記 2020/06/19 - 2020/06/22

            06/19 金曜日 ここ最近とにかく起きられない。standupがある10時ちょっと前になんとかギリギリ起きて、standupに出て、そのあと犬の散歩に行く。Work From Home万歳である。ここ最近ストレスで身体が重かったけれど、月曜日に特に意味もなく休みを取ったので、今週末は三連休と思うだけで気持ちがめちゃめちゃに軽い。 今日の夜から南仏での自転車旅行へと旅立つ彼氏は、ものすごい勢いで仕事をした後、ものすごい勢いで旅行の準備をして、四日間も毎日一人で犬の散歩するの

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日記
            Yuka Masuda
          • 今日の英単語
            Yuka Masuda
          • 買い物日記
            Yuka Masuda

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            今頑張れないのはあなたが怠け者だからじゃないよの話

            『この状況でも集中して学び続ける人と、サボって何もしない人との間で大きな差がつく』という趣旨のツイートをうっかり見てしまい、私がいるコミュニティの価値観と違い過ぎて唖然としたんだけど、こういうマッチョな考えに触れて「勉強できない集中できない自分は怠け者だ」と落ち込んでしまう人が少しでも減りますようにと思って書きます。今あなたが何もしていないように思えても、それは怠けているわけじゃない。 Techの業界には(たぶんさらに特にベイエリアには)、人を「勝ち組」と「負け組」に分けた

            コロナ隔離生活日記 2020/03/13 ~ 03/27

            3/13 金曜日 フランスの学校は全て休校になることが発表され、それを受けて弊社もオフィスをクローズしないけど、リモートワークを強く推奨のアナウンスが出る。同僚は「家だと集中できないから毎日会社に来る、みんなも飽きたらおいでよ」と言い、「でもリスクがあるから来るべきじゃない、全員リモートで働くべきだ」と別の同僚が言い、みんな黙る。まだどう反応していいのかよくわからない。とりあえず来週zoomで会おうね〜とお別れして会社を出る。 週末に選挙があるから外出禁止令を出していない

            今日の英単語: quarantine

            quarantine: (伝染病予防のために)隔離する、検疫する なんと5年ぶりの今日の英単語である。書く気になったのもquarantineのおかげ。 5年前に学んだ英単語を見ていて、まじかよこれ知らなかったの?って愕然としたけど、そうだったあの頃は本当に毎日知らない単語ばっかりで、自分の英語に自信がなくて、積極的に人と関わることが出来なかったことを思い出した。 まあそんなこんなで、quarantine生活である。リモートで働くのは初めてじゃないのに、本当にびっくりする

            日記 2020/02/29

            昨日は仕事終わりにオフィスで飲んでいたら、10代の頃パラパラパラダイスというゲームにハマっていた同僚が、パラパラめっちゃ踊りたいと言い出したので、大画面で動画を流して全力で踊った、謎の金曜日だった。同僚三人でパラパラ部を結成し、来週からパラパラを練習する、三人だし全員Perfume好きなのでPerfumeも練習するつもりである。ここはパリで私以外のメンバーはフランス人で、こんな楽しいことある?? もう一人のメンバーはダンスダンスレボリューションが大好きで、私も子供の頃にめっ

            31歳になりました。

            31歳になりました。もう3ヶ月くらい前だけど。誕生日おめでとうだった。 24歳の時から書いている誕生日を祝う日記、28歳のときに書くのが遅れて、書こう書こうと思っていたら雨宮まみさんが亡くなって、そのショックで忘れてしまった年以外はずっと書いている。 30歳は色んなことがあった。 アパートを買った。私の移動する人生が終わったことを示すような、象徴的な出来事だったなと思う。外国でアパートを買うの怖くない?と何度か聞かれたけど、不思議と怖くなかった。おめでとう!と祝福されて

            ゼロ・ウェイストの町上勝と、東輝実のこと。

            私が「てるみん」と呼んでいる東輝実に会ったのは10年前、大学4年生の頃だった。当時働いていた会社がシェアオフィスに入居していて、てるみんはそこにあった小さなカフェでインターンをしていた。同い年だったからなのか私達は仲良くなり、仕事の合間に阿波番茶を買いに行って、てるみんとちょっとお喋りして帰るのが、ストレスの多い職場で私の何よりの癒しだった。 その後に職場を逃げ出して辞めて、てるみんともお別れを言わずそれっきりになってしまったのだけど、数年後にFacebookで繋がって、会

            海外就職を考えているエンジニアにはちょっと役立つかもしれないこと色々。

            女性エンジニアを増やすために何か出来ることをしたいと思っていて、まず日本で何かやってみようかなと思って去年こんなツイートをし、合計8人の女性とお話しました。地方や海外にいるのでスカイプ等で話せませんかというメッセージも結構もらったんですが、今回は全員お断りしたので、その代わりになるかはわからないけれど、ちょっとは参考になったらいいなと思って主に話した内容をまとめました。はじめに書いておくと絶対にアメリカで働きたいみたいな人には全然参考にならないです!!! ビザ海外で働きたい

            パリのセキュリティスタートアップSqreenに転職します!

            キャリアチェンジして未経験からフロントエンドエンジニアになり約2年、次はセキュリティ管理プラットフォームSqreenで働きます🎉フランスは退職するとき3ヶ月前通知が基本なので、入社するのは2月とまだ先ですが、色々と思い出に残る採用プロセスだったので文章に残しておきたいと思います(ほぼ全てを記録しているのでめっちゃ長い)。 Sqreenとは?SqreenはAppleのREDチーム、あらゆるプロダクトを脆弱性がないか社内から攻撃して調べたり、よりセキュアにするための手法を提案し

            日記 2019/10/26

            両親が念願のマイホームを買ったのは私が大学を卒業してからで、それまではずっと賃貸のアパートで暮らしていた。子供の頃は部屋を可愛くデコレーションしたいのに、壁に穴を開ける事を許されず何もやりたいことができなくて、かといって制限のある中で頑張るほどのクリエイティビティは私になく、畳の部屋だし本当にイケてないと思っていた。持ち家になり好きなように部屋を改造できるようになった頃には、家はただ寝る場所になっていて、地元に友達はいないから誰も遊びにこないし、必要なものを適当に配置しただけ

            日記 2019/5/22

            ちょっと猫背で、ひょろっとしてて、大体の人には静かだと思われるだろうけど仲良い人にはよく喋って明るくて、繊細で不器用そうで、でもとにかく優しい良い子だった。 朝早くに目が覚めて、あぁあの子は自殺しちゃったんだと思って、また涙が止まらなくなった。彼の名前を口にするとき、これからはずっと過去形なのだと、未来の話になることはないのだと、そう思うと悲しくて泣いてしまう。 消えたいと思うことは何度もあっても、自殺を考えたことはなくて、苦しみよりも、死んでしまう恐怖の方がずっと大きく

            仕事上の不満は素直に話し合えば解決できることも結構あるのではないかという話

            同僚の態度が好きではなく一人で不満を抱えていたときに、それに気付いていた前職のマネージャーに言われたことを、最近やっと実践できるようになってきた。 今のマネージャーは普通に話している分には良い人なんだけど、言い方がキツいことが多々あり、なるべくマネージャーには質問せず、同僚にばかり質問するようになっていた。悪気はないとわかっている、お互い英語は第二言語だし、はっきりと物を言う国出身だからというのもあるだろうし。いつもひどい言い方をするわけじゃない、でもたまにだったとしても辛

            2018年思い出に残った味、場所、本、その他色々

            2018年もたくさんお金を使って、たくさん良い味、場所、本との出会いがありました。その中でも特に記憶に残っているものについて書き残しておこうと思います。おすすめ大好き! Restaurant Kabi おじや このちっとも写真映えしないおじやに泣かされた。故郷から離れて暮らす寂しさを全部抱きしめてくれる味。美味しすぎてばくばく食べたい気持ちと美味しすぎて食べ終わりたくない気持ちの間で壮絶に揺れる。季節ごとにメニューは変わっていくけど、これは定番として今の所いつもあるらしい