山下洋平

ローカルテレビ局で報道記者をしています。ノンフィクションが大好き。書評やジャーナリズム論、コンテンツ論を綴っていきます。著書『あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇』http://amzn.asia/d/bRcws95

【映画感想】はりぼて 〜これぞ映像ドキュメンタリーの力!

富山のチューリップテレビが制作したドキュメンタリー映画「はりぼて」を見てきました。 調査報道によって、富山市議会議員の政務活動費の不正が次々に明るみに出て、議員…

【番組感想】ETV特集「7人の小さき探究者~変わりゆく世界の真ん中で~」

2月27日の夕方、会議中にスマホに流れ込んできたニュース速報を見て、目を疑った。 「安倍総理が全国の小中高校に臨時休校を要請」 共働き世帯は誰が子どもの面倒を見る…

【書評】エンド・オブ・ライフ~「死」を見つめ「生」が輝く

佐々涼子さんの『エンド・オブ・ライフ』(集英社インターナショナル)を読了。 在宅での「終末期医療」がテーマ。 読みながら、何度もボロボロ泣いた… 作品中に、いくつ…

『牙』刊行記念イベント 三浦英之さんからの叱咤激励

間違いなく今年上半期ナンバー1のノンフィクション『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』の刊行記念イベントに行ってきました! 著者の三浦英之さんと、ジャーナリ…

【書評】『マイパブリックとグランドレベル』能動性を引き出す場を

「欲しいモノがない」と嘆く世代が出てきている。 それに抗うように、モノを欲しがってもらうためのあらゆる情報が押し寄せてくる。でももう限界だと思う。わたしたちは、…

【書評】『本を贈る』 プロたちがつなぐバトンの先には…

「本」が好きです。もちろん「読書」が好き、でもあるのですが、この2つはイコールではありません。 「本を読む」という行為のほかにも、本を知る、本を調べる、本屋さん…